近すぎて気づかないコト

近すぎて気づかないコト

 

私の家の近所には
とっても美味しいケーキ屋さんがあって。

 

お茶会のときや
どなたかへのお土産には
こちらのケーキやお菓子をお出しすると
みなさん、本当に喜んでくださる。

 

カフェスペースもあって
美味しい珈琲や紅茶とともに
そのケーキが頂けるので

 

お友達とお茶することもあるくらい
相当通っているのだけれど。

 

パフェがあることを初めて知った…(@_@)

 

 

私がオーダーしたのは
フルーツパフェ。

 

パフェなんて久しく食べてなかったから
ちょっとテンションあがったよね(笑)

 

生クリームを一口。
食べた瞬間に幸せが広がる。

 

フルーツも一つひとつがとってもジューシーで甘い。
バニラアイスも苺アイスもカシスジェラートも
みんな味が濃ゆい。

 

実に私好み♪

 

そっか。
ここはケーキ屋さんだから
すべての素材が美味しいんだ!!

 

と、今更ながらに気づく。

 

近くにこんな美味しいパフェが食べられる場所があったなんて…。
これは通っちゃうかも!
…ってか通ってるか(笑)

 

こんな風に
近くにあるのに全く知らなかったことって
案外あるのかもしれない。

 

そう考えると
身近にありすぎて
見逃していること、結構あるかも。

 

もしかしたら
あなたの身近にも
素敵な場所やモノ、人が
沢山あるかもしれないし

 

すでに知っている人でも
知らなかった部分が
沢山あるのかもしれない。

 

興味を持って
ものごとをみてみよう。

 

すると、意外に素敵なモノ・コトが
発見できるよ^^

 

 

 

 

 

すべては振動している

すべては振動している

 

中学の理科の授業の時、
先生が質問した。

 

「水は100度になると水蒸気になって気化する。
しかし、テーブルの上にこぼれた水が翌日には乾いているのはなぜか?」

 

???

どう考えても100度にはなっていないのに
液体が消えてなくなるのはなぜなのだろう?

 

生活していると普通に体験していることだけれども
あらためて聞かれるとその理由がわからなかった。

 

その時にはじめて
目にはみえないけれども小さな小さな粒が絶えず振動していることを知った。

 

それは私達人間も同じで
止まっているように見えて
絶えず振動しているのだということも。

 

月日は過ぎ、
様々な体験・経験を重ねていく中で
シンギングボウルに出会った。

 

倍音、というのもその時に初めて知ったが
シンギングボウルの倍音には人を癒やす力があるという。

 

音として聴くだけでなく
その振動を体感すると
かなり自分のカラダの隅々までその振動が伝わっていくのがわかる。

 

↑実は結構重い。
バランスがとれたら、外側から鳴らしてもらう。

 

外側に響く音よりも
内側に響いている音、振動のほうが長く感じる。
(外側には聞こえていないが内側ではずっと聞こえている。)

 

シンギングボウルによって
特に響く場所が違うが、
今回のはかなり脳をマッサージされたような感覚になった。

 

それでいて
手足の先までポカポカとしてくるから不思議だ。(もちろん、個人差あり。)

 

ちなみにかぶっているのは
仏足が彫られているシンギングボウル。

 

 

このシンギングボウルは
実際にヒマラヤ仏教の僧侶が使っていたもの。

 

ネパールに赴き、
現地で買い付けしている
ヒマラヤ仏教宝具を取り扱っている友人がいて

色々なことを教わっている。

 

こちらの両界曼荼羅は
二重に貼った金箔に
金泥で描いていったもの。

 

↑ 左:胎蔵界曼荼羅 右:金剛界曼荼羅

 

 

以下に細かいか
比較になるよう、小指の爪をおいてみた。

 

沢山の如来や菩薩、観音が描かれているが
すべてお顔が違うのもすごい!

 

本当に細かい模様まで描かれているのだが
常に振動している私達の体をもってしても
その細かさ、繊細な表現ができることに敬服する。

 

すべてのものが
止まることなく振動している。

 

そう考えると
止まっていることは自然ではない。
つまり不自然なのかもしれない。

 

そういえば、
人間も動物。

 

動く物、なのだ。

 

 

 

 

 

 

頼まれてもいないのに

頼まれてもいないのに

 

頼まれてもいないのに
ましてや仕事でもないのに
ついつい、やってしまうことってありませんか?

 

私の場合、人と話している時に
自分の持っている知識とか情報を
ついつい話したくなっちゃうのです。

 

と、いうよりも

 

会話していると勝手に引き出しが空いてしまうので
それを伝える必要があるのかな、
そのために今日会っているのかな、なんて
客観的に見ている自分もいるのですが…

 

最近、話すぎだよと言われたことがありまして^^;

 

 

まぁ確かに
その人にとって必要ないのかもしれないし
欲していないのかもしれないので
ありがた迷惑なのかもしれないですが…。

 

ただ、
話している時に意識していることは

 

受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい、という
聞き手の自由を奪わない、ということです。

 

ある意味、期待を手放しているのですね。

 

人は聴きたいこと、必要なことは
自然と受け取ってくれるだろう、と。

 

なので
会話の中での私のルールは2つ。

 

・その人に必要だと思われる情報は惜しみなく伝える。
・話の内容を受け取るか受け取らないのかは相手に委ねる。

 

それから

 

・なるべく話は短めに

 

これを新たに入れようかなと(笑)

 

 

セミナーやコンサルなど、仕事の時は別として。

 

お茶している時などは
相手も話したいのだ、ということを頭に入れておこう。

 

聴くだけの時間って結構苦痛なんだよね。
→ 経験者談(笑)

 

 

 

 

 

礼と禮 〜レイという漢字〜

礼と禮  〜レイという漢字〜

 

毎週火曜日は早朝から経営者の学びの会に
参加している。

 

令和に入って初めてのセミナーだったが
令和のレイとも被る、レイという漢字3文字について
実に興味深いことを教わった。

 

講師の方は武学というものを学んでいるそうで
”礼”がとても大切なのだ、ということを体感覚で教わった。
*ここでの礼はお辞儀のこと。

 

普段、何気なくしている”礼”だが
適当にやるのと、しっかり意識してやるのでは
まるでエネルギーが違うのだ。

 

武学では”禮”と書くそうだ。

 

 


しっかりレイをすると


レイ=ゼロ=空
自分の中にある色々なものをゼロ化(クリアリング)して空になり


幽霊のように見えない何か=エネルギー
自分と他とが同期(一体化)する。

 

日本語の持つ音は
様々な意味をなすけれども
このように”礼”一つとっても
かなり奥深い意味があることがわかった。

 

礼に始まり、礼に終わる。

 

これは私が剣道部だった頃
最初に教わったことだった。

 

礼を”禮”にまで昇華していくと
色々なことがまたわかってくるのかもしれない。

 

ちなみに”禮”は十八段階あり、
今回教わったのは正体禮法。

 

この”禮”をすることでかなりエネルギーが整い
ニュートラル化することができ、
さらには見えない領域にアクセスすることができるらしい。

 

まずはこの”禮”を意識的にしていこう。
どんな変化が訪れるのか楽しみである。

 

 

 

 

 

出店イベント終了!

出店イベント終了!

 

GWの最終日。

私はイベントに出店者として参加してきた。

 

イベントは【運気アップフェスタ】

場所は前橋市芸術文化れんが蔵。
もともとは酒蔵蔵だったものを文化財として残してあるものだ。

 

中はこんな感じで
思ったよりも広いスペースだった。

 

 

私はおそらく群馬でも初の出店かと思われる
ゼリツィン®エリクサーを使っての
セッションをさせていただいた。

 

 

ゼリツィンは宝石と花の波動がたっぷりと詰め込まれた
ドイツ生まれの医療セラピー。

波動は目に見えないけれど
ボトルに転写された宝石と花の波動は
体感できるから、面白い。

 

今回も沢山の方に
波動調整をさせていただき
そのパワフルな変化を体感していただきました^^

 

今日は立夏でもあり、
自然界のエネルギー的にも
かなりサポートがあったんじゃないかな。

 

 

今回はゼリツィン保有者の
のりちゃんを誘っての参加だったので
なおさら楽しかった^^

 

私達の出店の話をきいて
多くの友人達が応援にきてくれて。

 

それだけでも今日は1日HAPPYだったな^^

 

沢山の出店者さんがいて
中には数年ぶり?の懐かしい友人達にも会えたことも
嬉しかった^^

 

空き時間をみて
他の出店者さんのブースにも行き
私自身もちゃっかり楽しんできましたヨ♪

 

 

 

そろそろ、終了時刻になり
会場にまったりした時間が流れていたその時、

 

「虹が出てるよ!」

 

小学生の男の子が教えてくれて
大人も子どももみーんな外に出て
令和最初の虹を眺めた。

 

大きくて
美しい弧を描いた見事な虹だった。

 

運気アップフェスタにふさわしく
天がみんなのこれからを祝福されたんだな^^

 

ありがたく、受け取ろう♪

 

 

 

 

そうそう、
このドイツ生まれの医療セラピーでもあり
波動療法でもあるゼリツィン®エリクサー。

 

これが当日から使えるようになる
ベーシックセミナーを開催します。

日程は
5月26日(日)13:00〜16:00
5月28日(火)13:00〜16:00

ゼリツィン®ベーシックセミナー案内.key

 

その前に体験&体感したい方は
体験会にご参加くださいネ。

<体験会>
5月16日(木)10時〜12時
5月18日(土)10時〜12時
場所:前橋市内

 

 

 

 

 

 

カラダが教えてくれるもの

カラダが教えてくれるもの

 

車を降りる時
ピキッと嫌な感じがした。

 

その途端、
懐かしいともいうべきか
知っている痛みが腰に走る。

 

まるで小さな雷が
落ちたかのような感覚。

 

そう、久しぶりに
ぎっくり腰になったのだ。

 

若い頃から何度もぎっくり腰は経験してきていて
その時の原因は大抵、体の使いすぎだと思っていたが

 

今となっては
自分の何が不具合を起こしていたのか、がわかるようになってきた。

 

原因は複数あり
一番の理由を特定することはできないが
今回もいくつか心当たりがあり。

 

カラダとココロは
密接に繋がっているはずなのに

 

思考が先走って
カラダとの対話を忘れてしまう時がある。

 

そんな時
カラダが不具合を起こして
気づかせてくれるのだ。

 

カラダのサインを見過ごすな。

 

そう言われた気がした。

 

理由もなく
カラダは不具合をおこさない。

 

何かを教えてくれようとしていることに気づこう。

 

カラダは身体。
身体は神体。

 

大切に扱おう。

 

 

 

 

 

サーカスの象になっていないか?

サーカスの象になっていないか?

 

サーカスの象は小さい頃、足に縄を縛り付けられ、
その縄は太い杭で頑丈にくくりつけられている。

 

どんなに逃げようとしてもその杭は外れず、痛い思いをして結局逃げられない。
そんな風に縛り付けられているうちに象はいつしか逃げることを諦めてしまう。

 

時が経ち、大きく成長して、力強くなった象。
今はどのくらいの大きさの杭に縛り付けられているだろうか?

 

 

答えは小さい頃と同じ大きさの杭。
今の象の大きさや力強さならば、簡単に引き抜ける状態なのに
なぜ、逃げないのか。

 

 

それは小さい頃に学習してしまったからだ。
あるいは諦めてしまったからだ。

 

「自分には無理。できない。
昔できなかった。だから今もできないはず。そしてこれからも…。」

 

小さい頃にできなかったことが
大人になってもできないってこと、私達にもあるのではないか。

 

でも事実は?
案外、サーカスの象と同じことなのかもしれない。

 

客観的にみたら
誰もがこの杭を抜けるよ、と知っている。

 

自分以外は。

 

諦める前に
もう一度問い直してみよう。

 

本当にできないのだろうか?
それって本当?

 

答えは
やってみればわかる。

 

案外、自分のことをみくびっている人は
多いかもしれない。

 

 

何かを諦めそうになった時
できっこない、って思っちゃった時

 

こう問いかけてみよう。

 

そんなもんじゃないだろ?って。

 

 

 

 

 

過去と現在、未来を繋ぐ

過去と現在、未来を繋ぐ

 

仕事をなんとなく続けてる。

これじゃない仕事でもいいかも。

今の仕事は好きでもないし、嫌いでもない。

他にもっと自分に適した仕事があるんじゃないか。

 

でもだからといって

今すぐこれをやりたい!というものはない。

今すぐに辞めたい!という気持ちでもない。

いつか、いつか

自分にぴったりな仕事が見つかるはず・・・

 

こんな風に思っている人って
案外多いんじゃないかなって思います。

 

好きでワクワクするものを仕事にしよう!という風潮がある昨今。

そりゃ、好きで自分がワクワクするものが仕事になったら最高ですよね。

 

でも、案外
今やっている仕事が好きなのかもしれないですよ。

 

個人コンサルをしていると
様々な”きっかけ”をお聴きすることが多いのですが

 

その時に出てくるワードやストーリーには
想いがたっぷりと詰まっていて
少ないワードの中にも沢山の情報量が入っているのですね。

 

それをじっくり紐解いていくと
御本人も忘れていたものが呼び覚まされて

 

なんとなく続けていた感満載の今の仕事が
実は自分が体現したかった世界を表現できる場所なのだ、と気づいたり

幼少の時に感じていた親への想いが
突然フラッシュバックしてきて
あの頃に手伝いたかったことを今自分がやっていることに気づいたりして

 

その仕事に対して
本当にやりたいことは何なのか。
お客様に提供したいことは何だったのか、が明確になった時に

 

一気に視界が広がる感覚となるのですよね。

 

そこからは

自分の仕事は何を提供するのか
どうお役に立てるのか
その仕事を通してどんな世界が展開されていくのか
職場はどうなっていくのか
業界はどうなっていくのか
世界は・・・

 

ご自身がしているお仕事が
こんなにも影響を与えられる素晴らしいものなのだ、と気づいた時に

身体と心に
エネルギーが満ち溢れてくる感覚になって。

 

過去から現在、未来へと
気づけば一本の道に繋がっていて

 

たった一人の”わたし”から放った雫が
まるで水面上の波紋のように
どんどんしあわせが広がっていくイメージができていきました。

 

 

 

長年、続けているには理由があります。

 

気づいていないだけで
それはもしかしたらご自分のMISSIONに通じる志事なのかもしれません。

 

 

個人コンサル OPEN THE DOOR では
生き方・在り方の次元上昇と
ライフステージをアップするお手伝いをしています。

二人三脚で
じっくりと一緒に向き合っていきたいので
月に3名のみ、募集します。

ご興味ある方は
まずは体験セッションをどうぞ。

 

 

 

 

 

もどかしいほど…

もどかしいほど…

 

言葉は世界を切り取り
そして他者に自分の世界を伝えるツール。

 

だけども
なかなか自分の内側にあるものを
表現するのが難しいんだよね。

 

内にあるもやもやした状態のものを
言葉にした瞬間、それが明確に輪郭を成す。

 

まるで認識するから存在する量子の世界とおんなじだ。

 

 

ごくたまにだけど

そうだ!この事を言いたかったんだ!!

と、自分の発した言葉を自分で聞きながら
すごく納得することがある。

 

逆に
言葉にした瞬間に
いや、ちがう。微妙に違うんだよなーと
自分で気づくこともある。

 

他者に自分の内側を話す時は
そういう、ちょっとした心の襞の部分が
うまく表現できなくて
コミュニケーションがうまくとれない時がある。

 

伝えたいことが伝わらない。

 

そもそも
生きている世界が違うのだから
言葉の辞書もそれぞれ違う。

 

通じない、というのがデフォルトなのかもしれない。

 

でもそのもどかしさが
人間関係を繋ぎとめているのかも。

 

エスパーみたいに
すべてが通じないからこそ
伝える努力をするんだよ、ね。

 

 

 

 

 

 

令和スタート!

令和スタート!

 

新しい時代が始まりました。
令和、おめでとうございます。

 

昨日は元号大晦日だとすると
本日は元号初日。

 

いわゆる初詣をしてきました。

 

昨夜のうちに初詣の場所を検索。

 

天照大神の直系が天皇家であるので、
県内の天照大神を祀っている神社を探したらたどり着いたのがこちら↓

 

大間々神明宮

 

令和元年初日の印が欲しくて
朝一番で出かけてきましたよ。

 

 

こちらの神社も歴史は古く
1347年から鎮座しているとのこと。

 

平成一二年に新しくなった社殿は
国内産の桧にて完成されていて
シンプルなつくりながら、凛とした佇まいでした。
気持ちよかった^^

 

 

誰もいない朝一番で参拝したい!と
意気込んでいったのですが・・・

手水舎で
犬を散歩しているマダムに声をかけられた。

 

自分の家に牡丹が800本ほど咲いているから
よかったら帰りがけに寄っていってね、と。

 

せっかくのご縁なのと
牡丹が見たいなぁと思っていたので
(来る途中、牡丹が花盛りという看板を観たの。)
ちょうどよかったなぁ、と。

 

渡された地図を頼りに行ってみると
たくさんの牡丹が咲いていて。

雨にうたれて残念ながら萎れている花も多かったのだけれど
美しい花たちに癒やされました^^

 

 

天皇家の愛子さまのお印の花も
紹介してくださった。

↑ ゴヨウツツジ
どうやら愛子さま誕生の時の
産着をこの方のお家のまゆで作ったよう。

 

↑ 今も展示されている当時のまゆ玉

 

また、この方のお祖父様は
地元の名士だそうで
勲章も授与されているとのことだった。

 

 

私に声をかけてくださったその方も
無料で自宅のお庭を開放し
お茶も無料提供しながら
色々な人を楽しませている。

 

こうやって
世のため、人のために善行を積み重ねていらっしゃる姿を
みさせていただいたのも
何かのサインだな、と感じる。

 

ひょんなことから
面白いご縁を引き寄せた令和の幕開け。

 

これからの時代
繋がりが世界を作っていくのだ、ということを
感じずにはいられない。

 

どんな時代にしていくのか。
それは私や私達自身に委ねられている。