天空のハーモニー 〜天栄村訪問vol.2〜

天空のハーモニー 〜天栄村訪問vol.2〜

 

ひょんなことから訪れることになった天栄村
前回のお話:必然の流れ〜天栄村訪問vol.1〜

 

今回、お世話になったのは天空のハーモニーさん。

泊まったのは高床式コテージ。

なかは広々としていて天井が高い!

ベッドは一緒に行った友人の子どもがダイブしたあと。
開放感あるから、ついやりたくなるよね(笑)

 

母屋とコテージは廊下でつながっているのだけれども
中庭には五芒星・六芒星・魔法陣がつくられている。

 

 

魔法陣に入ってるところ↓
ここは宣言&予祝をする場所。

そしてこれらは
まるで小さなピラミッドの妙見山に面している。

ちなみにこんなのもあった↓

自給自足を目指しているというこの宿には
となりに畑があり
沢山のお野菜が育てられていた。

 

手もぎして、その場で食べる
ブルーベリーもブラックベリーも美味♪

 

 

散策から宿に帰ってきて
何度でも入っていいわよーと言われていた岩盤浴へ。

岩盤浴、といっても
服をきたまま、15分〜20分このベッドに横たわるだけ。

 

じんわりとあたたかい感じなのだけれども
カラダの不調を調える効果があり
特に脳の修正ができる、というので(!)
この滞在期間中に5回も利用した。

 

気持ちよかった!のは事実なのだが
それだけでは言い表せない不思議な感覚の岩盤浴だった。

 

 

眞由美さんから
酵素温浴の前にお兄ちゃん(眞由美さんの息子さん)から
足のマッサージを受けると、
吸収がよくなるわよと告げられた。

 

普段、カラダのメンテナンスをお願いする人は決まっているので
旅先でマッサージするとか、あまりないのだが
なんとなくこれは受けておいたほうがいいな、と感じ即決。

 

実際に受けてみると
男性の手とは思えないほどやわらかく
そして優しいマッサージを受けて癒やされた♪

足はもちろんだけど
諸々が整えられたのだと感じる。

 

 

お待ちかねの食事は野菜三昧で
どれもこれも手作りのものばかり。
美味しかった♪

写っていないが
玄米と手作りの味噌(3年もの)でつくったお味噌汁も
オカワリしたいほど美味しかった。

 

 

食休みをしたら
↓ホームページにもうたわれている酵素温浴へ。

米ぬかと蜂蜜、天栄村の清水(この宿には井戸がある。)を
1時間じっくりと人の手でかき混ぜて
12時間寝かせると、醱酵し、最高70度くらいになるそう。

 

全部で五槽あるけれど
1日一人しか入れないとても贅沢なお風呂だ。
(手間と時間がかかるので宿泊者といっても予約必須!
今回は友人がすべて手配しておいてくれたので入れた。感謝♪)

 

湯気もでていないのだが、
実際入ってみるとかなりアツく感じる。
横たわり、糠を全身にまぶしていただいて約20分。
汗がどんどん出て、私の中の不浄なものが出ていったと思う(笑)

 

シャワーで糠をおとすと
酵素の力なのか、肌がしっとり。
美活にもなったわ♪

 

そういえば、
酵素風呂に入りたい♪とオーダーしていたっけ^^

 

オーダーは
いつ、何時叶えられるのかわからないが
必ず叶えられるもの。

 

遠慮せず、どんどんオーダーしよう♪

 

 

続く♪

 

 

 

 

 

必然の流れ 〜天栄村訪問vol.1〜

必然の流れ 〜天栄村訪問vol.1〜

 

ある予定がキャンセルになり
そのタイミングでお誘いがあった。
これは面白い流れだな−と思い、そのお誘いにのる。

 

すると、
色々なシンクロが重なって
やはり必然な流れなのだなぁということが次々と判明。

 

出会いはいつも突然だけれども
今回は特別な、でも必然な出逢いだったのだな、と感じる。

 

お盆の入りの日。

 

誘ってくれた友人の車に乗り込み
東北道を走ること2時間。

 

着いた先は
天栄村という福島県の小さな村だった。

天栄米というブランド米をつくっているらしく
あたり一面、田んぼ。
美しい稲の緑が迎えてくれた。

 

まずはチェックイン


【天空のハーモニー 光・水・こころ】

 

宿も友人が予約してくれたので
私自身はノータッチだったのだけれども
こういう時はやはり、必然な人と出逢うのだ。

 

誰しも第1印象ってあると思うのだけれども
対面した瞬間に
人は見えない何かをキャッチしているものだな、と思う。

 

↓オーナーの岩崎眞由美さんと

のちに色々なことを教わるのだけれども。
目の奥から発するものがとにかく強い。
なんだか面白い人に出逢ったゾ、というのが素直な感想。

 

 

荷物をおろし、部屋に出していただいた冷たいお茶と
自家菜園のとうもろこしと冷えた桃をいただき一息ついたところで
近くを散策。

歩いて2分。
村の人しか訪れないという場所。

 

鳥居をくぐり、奥に入っていくと・・・

 

大きな杉の木が迎えてくれた^^
どのくらい大きいかというと…

 

こんな感じ^^

 

この木は色々なことを知っていて
ワイタハ族の長老が滞在した際は
この木との対話から色々なことを教わったとか。

 

木は何百年、何千年と生き
時代時代の様々な出来事を見守っているから
木と対話できたら、色々な智慧を授けてもらえるだろうなぁ。

 

なんて思いながら
しばらく杉の木の場所に佇むも
蚊との戦いになりそうな気配^^;

 

早々に宿に帰った。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

募集開始!〜水輪リトリート 2019秋〜

募集開始!〜水輪リトリート 2019秋〜

 

募集開始します!

 

自然を”感じる”・”わたし”を感じる
 〜本当の自分に出逢う旅〜

  水輪リトリート 2019秋

 

日常から離れて
自然に抱かれながら
自分と向き合う時間、とりませんか?

 

*8月31日まで早割やってます。

こちらをクリック→ ☆☆☆

 

 

 

∞無限大∞の日に。

∞無限大∞の日に。

 

8という数字は
漢字で書くと’八’

 

末広がりで縁起がいいとか
八百万、といった数がとても多いことを示す日本古来の聖数でもある。

 

数が多いといえば
一番最大級の表現が’無限大’
無限大を表す記号が∞であることは
偶然の一致とはいえ、面白い符号だなと感じる。

 

その8が2つ重なった8月8日は
ある意味、∞が連なる日でもあって
なんだかすごい1日だな、と漠然と思っていた。

 

数年前から
エネルギーのことや
宇宙的なもの、スピリチュアルなことに関して
とても興味があり、情報を得たり学んだりしてきた。

 

ライオンズゲートのことを知ったのも
数年前からだ。

 

ライオンズゲートは、
宇宙の法則により地球が銀河の中心になったときに開かれる霊的世界の扉のことです。
このライオンズゲートが開くことで、私たちの物質世界と霊的世界が繋がるのです。
http://michirich.com/lions-gate/ 様より引用

 

初めて知った時には
なんだか無性に興奮した覚えがある。

 

もしかして、
潜在意識や集合無意識、魂(本質の自分)と繋がることが
できちゃうってこと〜⁉

 

それどころか
3次元を超えた場所にアクセスできるってこと〜⁉

ってね(笑)

 

以来、8月8日は
時間をとって瞑想することにしている。

 

今年は自分だけではなくて
縁ある人と一緒にやろうかな、って思っていて。

 

瞑想すると脳波が通常とは変わってアルファ波からシータ波になるのだけれど
思考が強いひとはなかなかその脳波に達することが難しい。

 

でも、ジーニアスリーディングという手法を使っての瞑想なので

誰もが超リラックスした脳波になり
変性意識に繋がりやすいから
その最中に色々なビジョンを見たり、体感する。

 

普段は満月の瞑想で使うのだけれども
宇宙のエネルギーが降り注ぐという8月8日に
みんなでやったらどのくらいのエネルギーが受け取れるのだろうか。

 

文字通り∞無限大∞だったりして^^

 

さらには
久しぶりにOKAMI CARDを使って
潜在意識からのメッセージを受け取ろうかな、と。

 

 

特別な日なので
午前と夜の2部制で開催予定。

 

午前
未来の自分の香りを身に纏っての瞑想。

 

アロマは思考を介さず
ダイレクトに脳にアプローチするから
瞑想もより深いものに。

 

リラックスした状態で受け取るメッセージは
何よりも自分を後押ししてくれる。

 

瞑想が終わった後に
直感的に選ぶアロマがどう変わっているのかも
お楽しみに。

 

【∞無限大∞のエネルギーを体感する会〜with Yoshiko】
8月8日(木)10:00〜12:00

場所:Cheerful care
   高崎市八島町58-1 高崎アーバンホテル内1002号
参加費:3,000縁

 

 

 

の部は
無限大の【平和】を司る龍が見守っている中で!

 

カードでメッセージを受け取ったあとは
未来の自分を後押しする宝石のエネルギーも体感し
その状態を先取りする♪

 

晴れていたら屋上にあがり
夜景を見ながら星のエネルギーを直接体感するのもいいかも♪

 

【∞無限大∞のエネルギーを体感する会〜with Hitomi】
8月8日(木)19:00〜22:00
場所:ギンザベルエトワールVIPサロン高崎
参加費:3,000縁

 

こりゃー
午前も夜もすごいことになりそうだ。

思いついた私がニヤニヤしちゃう♪

 

ピン!と来た方、ご一緒しましょう。

 

 

 

 

 

自分を信じるということ

 

自分を信じるということは
簡単なようで難しいです。

 

なぜならば
常に自分の目は外側の世界を見るし
自分の耳は外側の情報を聞くから。

 

だからこそ、
意識的に
自分の内側を意識する必要があるのですが・・・

 

ついつい
自分のことは後回しで
自分以外のことに意識を取られています。

 

意識というものは
それ自体にエネルギーがあり
方向性を持っているから

 

意識を向ければ向けるほど
それにエネルギーを注ぐことになり
それが拡大し実現化する、というわけです。

 

逆に言えば
今の現状をみれば
自分がかなり意識していることや
過去、そうだと思いこんでいたことがわかります。

 

だから現状が

 

こうなったらいいな、というものとかけ離れているとすれば
一度、自分の内側をしっかりと視る事が必要なのですね。

 

ちなみに
こうならなければいいな、という意識は
内側では”そうなること”を意図しているので要注意。

 

「ピンクの象を思い浮かべないでください。」

 

というのと同じ事です。

 

いつも言うことですが
本当に望むこととは肯定形であらわす必要があるんですね。

 

しかし、顕在意識と潜在意識が一致していない場合がよくあり

 

顕在意識で肯定形で思っていたとしても
潜在意識ではそうなったら困る、とブレーキをかけていることがままあります。

 

OPEN THE DOORのコンサル生達も
皆一様に驚くのですよ。

 

「えっ?!自分の心の奥底で
そんな風に思っていたなんて・・・!!」

 

 

自分のことを信じられない、というのは
顕在意識で思っていることと目の前の現象に
ギャップがあればあるほど強化されていくのです。

 

だからこそ
もし、今の状態が
自分が望むものではなかったとしたら

 

意識を内側に向けて

 

自分を視て、
自分の声をきいてみるといいですよ。

 

自分を信じる。

 

あなたの望む人生は
常にここからスタートするのです。

 

 

 

【OPEN THE DOOR】
3ヶ月/1クール
ZOOMまたは対面セッション:6回
LINEによるセッション:毎日
問い合わせ:コメント欄より。
*のちほど直接ご連絡いたします。

 

心・体・魂の声を一致させ
より自分の魂が歓ぶLifeShiftを目指したいあなたへ贈る
濃密なプライベートコンサルティングです。

 

 

 

 

 

 

 

初体験!声が電波にのる、の巻

初体験!声が電波にのる、の巻

 

「ラジオにゲスト出演しませんか?」

 

そんな依頼があったのは
昨年末のことでした。

 

その時、
やったことがないという不安感よりも
どんな感じなのだろう?っていう好奇心のほうが断然大きくて
すぐにYES!を出したのでした。

 

 

で、気づけばあっという間に当日になり。
今更ながら、どうしよう?なんて焦るわたし。

 

私は昔から声にコンプレックスがあり
公共電波に私の声がのっちゃって大丈夫なの?なんて
思ったり。

 

頭の中が真っ白になったらどうしようー
カミカミで、何も話せなかったらどうしようー

 

なーんて思ったり。

 

やったことのないものをするって
やっぱり緊張しますね。

 

 

でも、そんな心配もどこへやら。

 

始まってしまえば
パーソナリティのみーこさんのナビゲートで
すぐにリラックスできました^^

 

 

fmGIG 夢かなステーション!
夢かな地域活性化の事務局長であり
自身も番組を持つ岡田美智子さんと3人で

 

30分番組を2本、収録。

 

 

みーこさんの

「いきあたりバッチリ!」言葉通り

 

ホント、なーんにも用意せずに臨んだものの

「えっ?もう終わったの??」

と思うくらい、楽しくてあっという間に終了しました。

 

 

すでに収録が終わった仲間のきよみちゃんと
3人でパチリ☆

 

 

このお二人とは2010年来の友人。

 

出会った時、
私は高校教員で
きよみちゃんは看護助手
みーこさんは幼稚園教諭

 

その頃と全員が違う道を選び
自ら起業し、それぞれの道で活躍している。

 

人生って何が起こるかわからないけれど
自分の足で歩んでいくからこそ面白いね、って

 

3人でご飯食べながら
色々な出来事を振り返ったりして。

 

住んでいるところも
やっている仕事もバラバラ。

 

でも、
共通の学びやマインドがあるからか
あるいはSNSなんかでその活躍をみたりしているからか
ひさしぶりの再会でも全く違和感がない。

 

お互いのやっていることを
応援しあえる仲間って宝だな、と。

 

みーこさんに
なんで私達を選んでくれたの?ってきいたら
こんな答えがかえってきた。
 

色々な人から”この番組に出たい!”ってオファーがくるのだけれど
私自身が大好きで、応援したいなって思う人だけにゲスト出演して頂いているの。

 

・・・素直にうれしい。

 

昔からご縁つなぎや応援を
惜しみないエネルギーで与えてくれる人。

 

事前にHPやBLOG、SNSなんかをチェックして
出演者の人となり、やっていることを頭に入れておくのだそう。

 

今回、私は6月1日からの水輪リトリートの話を
たっぷりさせていただいたのですが

 

それもHPをしっかりチェックしてくれていたからなのだなぁと
あとから気づいて。

 

本当にありがたく、感謝しきりなのです。

 

 

 

さてさて
肝心の放送について。
インターネットラジオですので、世界中のどこからでも聞くことができます。

 

きよみちゃんの放送は
5月5日、12日

私の放送は
5月19日、26日で

 

いずれも日本時間の20時からの30分番組です。
下のURLからお聞きいただけます。

 

fm GIG 夢かな東京ステーション
「佐藤みふゆのHappy World」
http://www.fm-gig.net/top.html

 

 

自分の声ってなかなか聞く機会もないので、
どんな風なのか…今からドキドキ。

よかったら、日曜の夜に
ご自宅でくつろぎながらお聞きください^^

 

 

 

 

 

環境に身をおくことで人は育つ

環境に身をおくことで人は育つ

 

人は環境で育つ、と言われるが
その環境に身を置くと育つ、というものもまた然りなのではないか、と思う。

 

 

毎年、必ず行く場所がある。
そこは本当に気持ちのいい場所で、カラダ感覚で感じる”氣”が違うのだ。

 

会社経営とかビジネスを学んでいると
必ず行き着く場所は人間性、とりわけリーダーの人柄だ。

 

そしてそのリーダーたる人物の想いが
どのくらい社員やスタッフに行き届いているのか。
ここが案外難しいところなのだと思う。

 

私も色々な社長と仲良くさせていただいているが
社長の熱と社員やスタッフの熱が同じくらい熱くて
一人ひとりが主役として働いている会社というものはとても少ない。

 

どうしたって
労働対価として賃金をもらっている従業員と雇用主の関係性から抜けづらいものがある。

 

 

でもここはどちらかというと、
お父さんとお母さんに育てられる家族のような関係性なのだ。

 

しかも、自立を信じて見守る両親の絶大なる愛の海で育てられる子どもたちは
いつの間にか自分の足で立ち、そして自分で物事を見極め、考え、行動していくようになる。
そしていつの間にか弟や妹の成長を助け、自身は自立し、やがて巣立っていく。

 

血縁関係はないのに
本当の家族のように全身全霊でみなが協力しあい、育っていく場所。

 

私は年に2度、そこを訪れるので
新しく家族になったスタッフと、
いつの間にか巣立っているスタッフとの両方を見ることができている。

 

その場所は社会に適応できずに、
悩んで引きこもって心を病んでいる者たちを自立支援する施設でもある。

 

最初は心の傷を癒やし、弱った体を休めるために訪れる休息の場所なのだが
そこでたっぷりと休むと心身共にチャージされ、動けるだけのエネルギーが充満されると
かつての意欲が取り戻される。

 

与えられた仕事に今ここ全てを詰め込んで
一所懸命に取り組んでいるうちに段々とできることが増えていく。

 

そうやって少しずつ自信を取り戻していくと、
対人恐怖症だったものが
だんだんと他人とのコミュニケーションにも慣れ、笑顔をとりもどしていく。

 

4年前にいたスタッフもかなり巣立っていき、
メンバーの入れ替えも多々あるのだが
不思議なことにそこに流れる雰囲気というものは変わらない。

 

それはひとえにオーナーの想い、
その組織の目指す方向に一寸のブレもないからなのだ。

 

 

人は環境で育つ、というのは一理ある。

 

が、

 

そのような志がある環境に身を置くから
人は育つのだ、と思うのだ。

 

 

昨年は能面のように表情がなかったスタッフが
今年は清々しい笑顔で出迎えてくれる。

 

話しかけても自信がなさそうに目を合わせなかったスタッフが
今年は積極的に話しかけてくる。

 

先輩におんぶにだっこで
指示を聞かなければ動けなかったスタッフが
今では後輩に指示を出している。

 

小さな変化かもしれないが
その積み重ねがやがて自信となり、大きな成長へと繋がっていく。

 

一所懸命に働くスタッフから
いつも大きな気付きと学びを頂いている場所。
私自身、リセット&スタートしにいくのが長野の水輪という場所なのだ。

 

 

募集開始!

本当の自分に出逢う旅〜2019初夏〜

 

 

 

 

 

新元号は〜令和〜

新元号は〜令和〜

 

今日から4月。
新しい年度が始まりましたね。

しかも新しい元号が発表されました!

 

【令和】〜れいわ〜

 

この元号が使われるのは1ヶ月後の5月1日から。
天皇が即位され、いよいよ新しい時代の幕開けです。

 

天皇の在位によって区分された時代の変遷。

 

昭和から平成になった時
私はちょうど大学受験の真っ只中であったことを思い出します。
その時は全然”平成”に込められた意味も知らなかったのですが

 

内平外成(うちたいらかにそとなる)
地平天成(ちたいらかにてんなる)

 

つまり、

国の内外、天地ともに平和が達成される
という意味が込められた元号だったのですね。

 

 

振り返ってみると
色々な社会変化があったり、震災に脅かされたりした時代でもありましたが
でも総じてみると国内外での争い(戦争)がない平和な世の中に成ったと思いますし、
元号に込められた祈りが実現したのかな、という印象があります。

 

そう思うと
新元号【令和】に込められた祈り・願いである

 

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」
こんな世の中になっていくのでしょうね。

 

 

令和という新元号は
万葉集の「梅花の歌」32首の序文から引用されたもの。

 

初春の令月にして気淑く風和ぎ

梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す

 

〜しょしゅんのれいげつにして きよくかぜやわらぎ
うめはきょうぜんのこをひらき らんははいごのこうをかおらす〜

 

 

明日への希望とともに
それぞれの花を大きく咲かせることができる
希望に満ち溢れた日本をつくっていきたい。

by安倍首相

 

テレビで令和という文字を見た時に
すぐに漢字が記号に変換されて・・・

令→レイ→0
和→ワ→◯

 

◯が2つ重なるということは…
すぐに【∞】のイメージが湧き上がりました。

 

 

無限大!
なんと大きな意味を持つ元号なのだろう、と思いました!!

 

安倍首相のお話にもあったように
これから新しい時代、一人ひとりが無限大に輝き
美しい日本を創っていきたいですね^^

 

 

ところで
以前は明治生まれ、大正生まれの大先輩たちのことを
時代の生き証人だな、などと思っていましたが

 

なんのなんの

 

私も、これを読んでくださっている$udf1$さんも
昭和→平成→令和 と、
3代生きるということになりましたよね。

 

それどころか
人生100年時代と言われていますから、
もしかしたらさらに次の元号も生きるかもしれないですよね。

 

どの時代も
自分らしく、自分の人生を全うしていきたいな、と思う今日この頃です。

 

そのためにどんなことを意識したらいいのか。
どんなことを心がけたらいいのか。

 

私は
一人ひとりが成長進化、つまり次元上昇をしていく必要があるな、と思っています。

 

そのために
自分がどんなことができるかな、とずっと考えておりましたが

 

いままで学び、実践してきた智慧や知識、視点の提供を通して
縁ある方々が光り輝いていくお手伝いができたらいいな、と
今回新しくレッスンを始めることにしました。

 

リアルレッスンとオンラインレッスンで1クール3ヶ月。
ご一緒に次元上昇を目指す方々を募集します。
1期生の募集人数はほんの少数です。

 

ご興味ある方はメッセージくださいね^^
別途ご案内いたします。

 

 

いよいよ平成も残り1ヶ月。
この1ヶ月、あなたはどんなことを意識して過ごされますか?

 

個人的には令和の”令”という文字。
私の名前、美鈴にも含まれているので
なんだか気合を入れられたような気がしますww

 

新年度スタート。
気持ち新たに毎日を楽しんでいきましょうね♪

 

 

 

 

 

けっきょくのところ・・・。

 

人に悩みを話す時って
どんな気持ちで話しているのだろう?

 

話しながら自分の考えを整理しているタイプ
解決法を知りたいタイプ
救いを求めているタイプ
共感を求めているタイプ
大丈夫だよ、と安心したいタイプ

 

いろいろなタイプがあるなって思うのだけれども

 

はっきり言って
自分でしかその悩みを解決することはできない。

 

なぜならば
その悩みは自分が創り出したものなのだから。

 

 

このことに気づかないで
自分以外のものに原因を求めたり
解決方法を求めていても
まったく埒があかないのだ。

 

だからイライラするとか
怒りがわくとか
自分にダメ出しするときってのは

 

本来の自分を生きてないよ、
思い込みでその悩みを創り出しているんだよ、

 

ってことに気づけ、っていうサインなのだけれども

 

なかなか、自分のことは
客観的に観ることが難しい。

 

 

ある人は言った。

 

「人のことならわかるんだけど
自分のこととなるとそうはいかないんだよ。」

 

そりゃそーだ。

 

自分のことをわかってたら
そもそも人に相談なんてしないだろうし
とっくに悩みを解決しているはず。

 

だから悩みを話して聞いてもらった上で
こうなんじゃないの?という客観的な意見を求めているのかなって思うけど・・・

 

上記のセリフを言われたら
元も子もないじゃんねww

 

もうこうなると

 

自分の悩みは誰にもわからない!
わかってもらえない!

 

と、自分の殻に閉じこもって
ますます悩む、というスパイラルに陥る。

 

そんな時、最近はこう思うようになった。

 

あぁ、悩んでいる自分を楽しんでいるんだねって。

 

 

自分の人生は
自分で脚本書いて、自分で演じて創り上げていくものだから

 

主人公Aが悩んでいる時
Bという人間が現れ、救いの手が差し伸べられる。
結果、困難を乗り越えて
無事に悩み課題を解決していった。

 

こんなサクセスストーリーにしてもよし。

 

主人公Aが悩んでいる時
Bという人間が追い打ちをかけるようにダメ出しされ
世界で一人ぽっちだ、とものすごく孤独感を味わう。

 

こんな悲劇のヒロインストーリーにしてもよし。

 

実に自由なのだ。

 

 

今はこの悲劇のヒロインを味わいたいんだね。
苦しみ、悩み、その逆境を味わって
とことん味わってから自分の力でなんとか打開する、という
ストーリーを創り上げたいんだね。

 

私だったら
とっとと解決したいって思っちゃうから
誰かに相談する時点でその人の話は最後まで聞くけど
(採用するかどうかはこれまた私の自由意志)

 

話し始めたら
途中で遮られて
「もういいから!」なーんて言われちゃうと

 

あぁ、そのドラマにどっぷり浸かりたいんですねって思うよね。
冷たいようだけど。

 

でもね、
そういう状態になると
やはり人のことは考えられなくなるから

 

どんな気持ちでそれを言おうとしたのか、
そう言われたらどんな気持ちになるのかなんて
想像もできないんだよね。

 

自分も言いたいことを言えない苦しさを
十二分にわかっているくせにね。

 

だから、それが起こるんだけどもww

 

 

卵が先か
鶏が先か。

 

どっちでもよくて

 

自分の中にあるものが
現象として出てくるだけで

 

出てきたものを
どう味付けするのは
自分の自由意志。

 

ストーリーは無限にあって
そのどれを選択するのか、
それを選択することができる一瞬の隙間があるってことを
本当の意味でわかったらいいよな、って思う。

 

まぁ、
自分以外の人・モノ・現象に左右されずに
自分の人生をクリエイトできるようになりたい!っていう人が
私の目の前に現れるから

 

求める人には100%コミットして
そこのあたりをとことん腑に落とすこと
【Open The Door】ではやっている。

 

どんなに自分が素晴らしい存在なのか。
どんなに自分が現実想像のパワーを持っている存在なのか。

 

ただただ、思い出すだけなんだな。

 

ま、とは言っても。

 

私の目の前の現象で起こっているストーリーでもあるので
これはこれで
私の中にどんな思い込みが入っているのか、
それは私の課題であるわけなので。

 

すかさず思い込みを整えるとしよう(笑)