奈良リトリート2日目 vol.2

奈良リトリート2日目 vol.2

 

次に向かったのは橿原神宮

日本国のルーツだ。

 

祝日の、建国記念の日は2月11日。

 

文字通り、日本の建国を祝った祝日だがその由来には
あまり知識がなかったので調べてみると…。

 

その日は古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇(じんむてんのう)が即位された日。
旧暦の紀元前660年1月1日と日本書紀に記載があり、
その即位月日を明治に入り、新暦に換算した日付が2月11日とのこと。

 

その場所が橿原であり
橿原神宮は
初代天皇である神武天皇と
皇后媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)が祀られている。

 

表参道。
シンプルだがその広大なスケールに圧倒される。

手と口を清めて

再び参道を歩く。
抜け感が素晴らしい!

外拝殿
お、大きい・・・。

特大の絵馬。
私が横に並ぶことでその大きさを
イメージできるかな?

内拝殿に入っても本殿は見えず。
↓ この距離感、伝わるかなー?

それほど神武天皇は畏れ多い存在であり、
日本の始祖として崇められてきたのだろう。

 

近くにあった長山稲荷神社にも参拝。

朱が美しい。

 

次に向かうは神武天皇陵。

こちらも広い敷地を
てくてく歩く。

鳥居をくぐってさらにてくてく。

着いた!

こちらも抜け感が素晴らしい。

横から見るとこんな感じ↓

3月に両陛下が退位の礼関係の諸儀式の一つとして
親謁(しんえつ)の儀に臨まれた場所としても記憶に新しい。

 

日本は紀元前660年から続く世界最古の国。
その始祖が眠る場所だと思うと
なんだかぐっとくるものがあった。

以上で奈良リトリートは終了。
すごく充実した2日間だった。

 

大阪に戻って直会を。

せっかく大阪にきたから
こなもん食べないとね(笑)

かなかながミシュランたこやきに連れて行ってくれた。

ソースじゃなくて
醤油のたこ焼きがあるって新鮮!
すべて美味しかった♪♪

そうそう、

 

今回は神様カードを引き
そこからのメッセージと
かなかなによるプチリーディングがあって
それぞれに必要な気づきを得ることができた。

1日目

2日目

参加者同士でシンクロするカードや
場所にリンクしていたのカードもあって
面白いなぁ。

 

2日間、
ご縁ある方とご一緒できて
本当に楽しかった。

全く知らなかった神様のことも
教えていただき、
より楽しく充実な時間となりました。

 

ナビゲートしてくれたかなかなにも
スペシャルサンクス!
本当にありがとう^^

 

またこのコンビでリトリートをする機会があると思います。
いや、確実にあるな(笑)

今回、参加できなかった方も
次回はぜひ、ディープな旅をご一緒に^^

 

 

奈良リトリート2日目 vol.1

奈良リトリート2日目 vol.1

 

宿をあとにし、最初に向かったのは
天河神社。

手水舎。
水の勢いが半端ない!

お水の神が宿っているからだろうか。

前回来たときは
大晦日と元旦の二年参りだったので夜だった。
その時とは少し雰囲気が違うな。

 

とても優しい感じがした。
座っていると通り抜ける風がなんとも心地よく。
ずーっと居たくなる感じだった。

 

五十鈴は親近感がある。

なぜなら3つの鈴がつながっていて
3つの鈴→三鈴→美鈴  (*^^*)/

 

この鈴には一つずつに意味があり

「いくむすび・たるむすび・たまめむすび」 という
魂の進化にとって重要な三つの魂の状態(みむすびの精神)をあらわしているという。(HPより)

 

美内すずえさんのアマテラスには
この形のUFOが描かれているのも興味深い。

 

先日行った長野戸隠にて己巳の日に参拝した八臂の弁財天も
この天河神社と縁があるというし

宿泊した水輪のオーナーも天河神社とご縁が深いというし

なんだか…
来るべくして来た、という感じだ。

 

おみくじを引いて神様からのメッセージをいただき
次なる場所へ。

 

 

丹生川上神社下社

こちらは日本最古の水の神様が祀られている。

 

夏越の大祓が近いからか
前回来た時にはなかった人形(ひとがた)がおいてあった。

 

このお水で流すと
人形はきれいにとけてなくなる。

 

きっと私も禊祓われたハズ^^

 

拝殿の左から心地よいエネルギーが流れてくるなぁと思ったら
背高ノッポの木が!

下から見上げるとこんな感じ↓

 

ここのお水で宝石を浄化すると
とてもキラッキラに輝く。
さすがお水の神様☆

 

が!
写真撮るのを忘れた^^;
不覚・・・。

 

ここから次の目的地である橿原神宮へ。

 

 

 

 

 

奈良リトリート1日目

奈良リトリート1日目

 

奈良リトリート、開催してきました。

「三輪山を登拝したい!」

 

これがきっかけ。

 

関西で神様カードの使い手でもある友人のかなかなに相談したところ

せっかくならばご縁ある方と一緒に
奈良リトリートしよう!ということで始まったこの企画。

群馬、千葉、神奈川、愛知から参加してくださって
総勢6名でのリトリート。

 

結論から言うと
とっても楽しかったです♪

 

当日は9:30に大阪の昭和町駅に集合。
そこにかなかなが車でお迎えに来てくれました。
*私は高崎駅から夜行バスに乗り、早朝大阪OCATで到着。
長時間のバス移動は腰が痛かったー。

 

で、
一路、奈良県にある大神神社を目指す。

 

鳥居をくぐったら
近くの喫茶店にてまずは腹ごしらえ。

 

お店においてあったおもかる石

 

願いを念じて、石が軽くなったら叶うときいて
早速トライしてみる。

ちょっと軽くなった気がする。
だから願いは叶うな、きっと^^

私の後ろに飾られていた龍の絵。

 

色合いが可愛らしいけれども
見た目と違ってパワフルな龍。

 

この絵を描いた画家さんは
あれよあれよと世界へ羽ばたいていったそうな。

喫茶店のママをパチリ。

龍の絵とおもかる石に興味がある方はぜひ^^

 

 

そして、大神神社へ。

 

食事していた時に降り出した浄化の雨もやみ
薄日が差し込んできた。

 

まずは祓戸の大神たちにご挨拶を。

 

毎朝、唱えている大祓祝詞を奏上し
少し早めの夏越の大祓をさせていただいた。

 

そして、先に進むと・・・

大神神社拝殿へ。

どどーん!!

 

【大和国一の宮 大神神社】

 

平日でもかなり混んでいる大神神社だが
写真の通り、今回はとても人が少なかった。

神主さんによれば
天気予報が”嵐”だったからじゃないか、とのことで
私達としてはとてもラッキー^^

 

大神神社は拝殿のみ。
三輪山自体が御神体なので、本殿はなく
拝殿の奥は神聖な場所の禁足地。

 

結界でもあり、
拝殿と本殿(三輪山)の御扉としての役割をなしている三ツ鳥居
神職さんに案内して頂いた。

 

いい風が吹いてきて
しばらくその場に佇み、心地よさを味わった。

 

そしていよいよ三輪山登拝へ。

 

まずは三輪山の荒魂が祀られている
狭井神社へ参拝。

 

【狭井神社】さいじんじゃ

 

次いで裏手に御神水を頂ける場所があるので
各々、このお水を携えて登ることに。

冷たくて美味しい♪

 

狭井神社に三輪山の登り口があり、
こちらの社務所で受付をすることで登拝が可能。

ただし、あくまでも登拝目的なので
御神体に登拝に関するする注意事項をきき、
こちらを首にさげていよいよ登拝。

 

 

山道をてくてく歩くと
鈴の音がとっても気持ちよく。

禊・祓いの役割と
熊よけにもなっているのかもしれない。

 

おしゃべりもせず、
自然と一人ひとり間隔をおいて歩く。

小鳥のさえずりが耳に心地よく
緑豊かな木々を愛で
爽やかな風を頬に感じながら
心静かに登っていくと

 

五感が活性化し
自然と顔が緩む。心も緩む。

 

各々自分のペースで登っていくから
自然と自分との対話が深まっていく。

 

カラダとの対話
ハートとの対話

 

日常では味わえない
静かで豊かな時間を過ごしながら
一歩一歩大地を踏みしめながら歩き頂上へ。

 

場所によって違うエネルギーを感じながら
しばしの瞑想を。

 

そしてみなさんに
エネルギーワークを伝授。

ニュートラルになって
グラウンディングとセンタリングをし
体が周囲と一体となるようなニュートラルな状態を体感していただいた。

 

大地からくるエネルギー
天からくるエネルギー

 

エネルギーが自分の体を通して
循環しているのがわかる。

 

程よくリラックスし、
それでいて自由に体を動かせる状態というのは
どういう感じなのか。

みんなで味わう。

 

あぁ、心地よい。
いつまでもいたくなるような
優しさと包容力のある場所であった。

 

無事に下山して
みんなで記念撮影。

↑ 達成感と喜びに満ちた面々^^

 

大物主大神、大己貴神、少彦名神が祀られた三輪山。

神様たち、とても優しかったなぁ。

 

その後は
元伊勢と言われている桧原神社へ。

 

 

こちらも三ツ鳥居。

 

こちらの神社は
たいらけく、やすらけく、という感じの
すごく穏やかな感じがした。

 

鳥居から遠くに見える
二見山。

 

ここから臨む夕日は
さぞ絶景だろうなぁ。

 

ここでもほぼ貸し切り状態。
十分に満喫して、みんないい笑顔^^

 

 

お腹をすかせながら
一路、今夜のお宿がある洞川温泉へ。

 

あぁ、いい一日だった。

 

 

 

 

 

四半世紀ぶりの再会から

四半世紀ぶりの再会から

 

ご縁をいただいて
コミュニケーションの講師を務めてきました。

 

今回はなんと!
中学校の同級生からのお声がけ。
再会は四半世紀ぶり?!

 

覚えてくれているだけでも嬉しいのに
こうしてお仕事もつないでいただけるなんて
本当にありがたいです。

 

今回は
雪印メグミルクの販社である、経営者たちの集い。
群馬・栃木・新潟・埼玉からお越しいただきました。

 

経営者はほとんどが男性。
しかし、販社にお勤めするスタッフは女性が多く
お客様も女性。

 

異性に対するコミュニケーションを
より円滑にするにはどうしたらいいのか、というご依頼でした。

 

 

コミュニケーションって奥が深く
一回の講座では完全に網羅することができないので
今回はギュギュッと凝縮バージョンで。

 

・ゴール決定の本当の意義

・人はそれぞれのフィルターを持っていて
それぞれが正解であること。

・伝えることと伝わることは違う。

・3つの”きく”

・聴き上手がモテる理由

・言葉のチカラ

・承認される喜び

・男性性と女性性の違い

・在り方が大事

 

これらを質問やワークを通して
腑に落としていただきました^^
特に今回のテーマである異性とのコミュニケーションギャップについては
なんとなく、わかっているようで本当の意味でわかっておらず。

 

ついつい、自分と同じように考えてしまうのですよね。

 

だから難しい、とか
苦手、と感じてしまう。

 

 

そもそも男性性と女性性では
コミュニケーションにおける目的、つまりゴールが違う。

 

なので、その違いを知っておくと
誤解やスレ違いが少なくて済むのです。

 

ポイントは
男性と女性、ではなく
男性性と女性性の違い。

 

中学生の時
このことを知っていたら・・・

 

女の子たちとの関係が
もうちょっと心地よいものであったのにな、と思います。

 

コミュニケーションや人間関係を築くためのパターンが
彼女たちは女性性が強く
私は男性性が強くでていたからなのだな、と。

 

なので、その頃の私は
男子と話すほうが気楽で楽しく。
それが彼女たちのムカつきの原因の1つになっていたことに
当時の私に教えたい(笑)

 

まぁ、色々な経験があって
学び、成長していくので
今となってはありがたい体験でした^^

 

何にせよ、人間関係を築くのに
必要不可欠なのがコミュニケーション。

 

その手段を使って
どんな関係性を作りたいのか、という意図を持つこと。

 

こちらが大切です^^

 

コミュニケーションとは
”人”を知るための手段。

 

その”人”とは
当然、自分も入ります。

 

他人とのコミュニケーションの前に
自分とのコミュニケーションがとれているかどうか。

 

日頃から意識したいところです。

 

それにしても四半世紀ぶりの再会。
私がやっていることも知ってもらえて
嬉しかったなぁ。

 

ご縁に感謝☆

 

 

 

 

 

 

自分を信じるということ

 

自分を信じるということは
簡単なようで難しいです。

 

なぜならば
常に自分の目は外側の世界を見るし
自分の耳は外側の情報を聞くから。

 

だからこそ、
意識的に
自分の内側を意識する必要があるのですが・・・

 

ついつい
自分のことは後回しで
自分以外のことに意識を取られています。

 

意識というものは
それ自体にエネルギーがあり
方向性を持っているから

 

意識を向ければ向けるほど
それにエネルギーを注ぐことになり
それが拡大し実現化する、というわけです。

 

逆に言えば
今の現状をみれば
自分がかなり意識していることや
過去、そうだと思いこんでいたことがわかります。

 

だから現状が

 

こうなったらいいな、というものとかけ離れているとすれば
一度、自分の内側をしっかりと視る事が必要なのですね。

 

ちなみに
こうならなければいいな、という意識は
内側では”そうなること”を意図しているので要注意。

 

「ピンクの象を思い浮かべないでください。」

 

というのと同じ事です。

 

いつも言うことですが
本当に望むこととは肯定形であらわす必要があるんですね。

 

しかし、顕在意識と潜在意識が一致していない場合がよくあり

 

顕在意識で肯定形で思っていたとしても
潜在意識ではそうなったら困る、とブレーキをかけていることがままあります。

 

OPEN THE DOORのコンサル生達も
皆一様に驚くのですよ。

 

「えっ?!自分の心の奥底で
そんな風に思っていたなんて・・・!!」

 

 

自分のことを信じられない、というのは
顕在意識で思っていることと目の前の現象に
ギャップがあればあるほど強化されていくのです。

 

だからこそ
もし、今の状態が
自分が望むものではなかったとしたら

 

意識を内側に向けて

 

自分を視て、
自分の声をきいてみるといいですよ。

 

自分を信じる。

 

あなたの望む人生は
常にここからスタートするのです。

 

 

 

【OPEN THE DOOR】
3ヶ月/1クール
ZOOMまたは対面セッション:6回
LINEによるセッション:毎日
問い合わせ:コメント欄より。
*のちほど直接ご連絡いたします。

 

心・体・魂の声を一致させ
より自分の魂が歓ぶLifeShiftを目指したいあなたへ贈る
濃密なプライベートコンサルティングです。

 

 

 

 

 

 

 

目を背けていませんか?

目を背けていませんか?

 

目を背けていませんか?

 

自分を見ることに。
自分を観ることに。
自分を視ることに。

 

自分を”みる”って
段階があると思うのです。
深さ、といえばいいかな。

 

昨日の美鈴塾では
自分を視るというWorkをしたのですが

 

私がわたしではないみたい。
私が知っているわたしではなかった。

 

と、全員がショックをうけてました。

 

そして

 

全然、自分をみていなかった。
見ているフリをしていたのかも。
視るのが怖かったのかもしれない・・・。

 

こんな風に、ね。↓

 

でも、そのことに気づいた。

 

気づくとあとは簡単。
毎日、自分と対話するだけです。

 

 

実は
あなたが”これが私”と思っているあなた自身は
本当の自分とはちょっと違うかもしれません。

 

もちろん、いい意味で。

 

なぜならば
あなたが自分自身だと思っている”私”は
大抵の場合、ある時期から止まっているのです。

 

三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ、という言葉がありますが

 

他人に対してはそれができたとしても
自分自身のことは刮目することは相当意識しないとやりません。

 

毎日5分。
ご自身を”視て”みてください。

 

きっとあなたの深いところに鎮座する”わたし”との
対話が始まると思いますよ^^

 

この世の一番の応援者である”無限大のわたし”に会いにきませんか?

 

 

最終募集です!(5月27日締切)
【水輪リトリート 〜2019初夏〜】

 

 

 

 

 

 

心がザワザワした時は

心がザワザワした時は

 

予期しない出来事があった時
人はいろいろな反応をするものだ。

 

今日、
ものすごい心がザワザワしたことがあった。

 

普段、あまり感情の起伏が
激しくないほうなので
こんなにザワつくのは珍しく。

 

すぐさま自分の中の何が反応しているのか
内側に検索をかけるも
あまりにもザワついているので

 

一体私の中に何が起こっているんだ?と可視化してみた。

 

 

こういう時、大活躍なのが
魔法の質問漢字カード。

 

ふむふむ。

 

【学】どうやらこのザワつきは
学ぶためのものらしい。

 

【怒】そしてその学びを視るためには
怒りの元をたぐっていく必要があり

 

【空】いらない思い込みは整えて
ゼロ化する。

 

【磨】今回のざわつきから
以上のプロセスでより魂が磨かれる。

 

こんなセルフセッションの結果となった。

 

時間にして5分。

 

自分の中のザワザワ感は
カードを使って可視化することで
客観的に眺めることができるので
ありがたい。

 

そして肝となった【怒】の大元を
さらにインナーリサーチしていくと
思い当たることを発見。

 

すかさず潜在意識と顕在意識・魂意識を整えて
セッション完了。

 

いつもながらに
切れ味バツグンの漢字カード。

 

これ、本当に便利^^

 

 

 

 

 

近すぎて気づかないコト

近すぎて気づかないコト

 

私の家の近所には
とっても美味しいケーキ屋さんがあって。

 

お茶会のときや
どなたかへのお土産には
こちらのケーキやお菓子をお出しすると
みなさん、本当に喜んでくださる。

 

カフェスペースもあって
美味しい珈琲や紅茶とともに
そのケーキが頂けるので

 

お友達とお茶することもあるくらい
相当通っているのだけれど。

 

パフェがあることを初めて知った…(@_@)

 

 

私がオーダーしたのは
フルーツパフェ。

 

パフェなんて久しく食べてなかったから
ちょっとテンションあがったよね(笑)

 

生クリームを一口。
食べた瞬間に幸せが広がる。

 

フルーツも一つひとつがとってもジューシーで甘い。
バニラアイスも苺アイスもカシスジェラートも
みんな味が濃ゆい。

 

実に私好み♪

 

そっか。
ここはケーキ屋さんだから
すべての素材が美味しいんだ!!

 

と、今更ながらに気づく。

 

近くにこんな美味しいパフェが食べられる場所があったなんて…。
これは通っちゃうかも!
…ってか通ってるか(笑)

 

こんな風に
近くにあるのに全く知らなかったことって
案外あるのかもしれない。

 

そう考えると
身近にありすぎて
見逃していること、結構あるかも。

 

もしかしたら
あなたの身近にも
素敵な場所やモノ、人が
沢山あるかもしれないし

 

すでに知っている人でも
知らなかった部分が
沢山あるのかもしれない。

 

興味を持って
ものごとをみてみよう。

 

すると、意外に素敵なモノ・コトが
発見できるよ^^

 

 

 

 

 

すべては振動している

すべては振動している

 

中学の理科の授業の時、
先生が質問した。

 

「水は100度になると水蒸気になって気化する。
しかし、テーブルの上にこぼれた水が翌日には乾いているのはなぜか?」

 

???

どう考えても100度にはなっていないのに
液体が消えてなくなるのはなぜなのだろう?

 

生活していると普通に体験していることだけれども
あらためて聞かれるとその理由がわからなかった。

 

その時にはじめて
目にはみえないけれども小さな小さな粒が絶えず振動していることを知った。

 

それは私達人間も同じで
止まっているように見えて
絶えず振動しているのだということも。

 

月日は過ぎ、
様々な体験・経験を重ねていく中で
シンギングボウルに出会った。

 

倍音、というのもその時に初めて知ったが
シンギングボウルの倍音には人を癒やす力があるという。

 

音として聴くだけでなく
その振動を体感すると
かなり自分のカラダの隅々までその振動が伝わっていくのがわかる。

 

↑実は結構重い。
バランスがとれたら、外側から鳴らしてもらう。

 

外側に響く音よりも
内側に響いている音、振動のほうが長く感じる。
(外側には聞こえていないが内側ではずっと聞こえている。)

 

シンギングボウルによって
特に響く場所が違うが、
今回のはかなり脳をマッサージされたような感覚になった。

 

それでいて
手足の先までポカポカとしてくるから不思議だ。(もちろん、個人差あり。)

 

ちなみにかぶっているのは
仏足が彫られているシンギングボウル。

 

 

このシンギングボウルは
実際にヒマラヤ仏教の僧侶が使っていたもの。

 

ネパールに赴き、
現地で買い付けしている
ヒマラヤ仏教宝具を取り扱っている友人がいて

色々なことを教わっている。

 

こちらの両界曼荼羅は
二重に貼った金箔に
金泥で描いていったもの。

 

↑ 左:胎蔵界曼荼羅 右:金剛界曼荼羅

 

 

以下に細かいか
比較になるよう、小指の爪をおいてみた。

 

沢山の如来や菩薩、観音が描かれているが
すべてお顔が違うのもすごい!

 

本当に細かい模様まで描かれているのだが
常に振動している私達の体をもってしても
その細かさ、繊細な表現ができることに敬服する。

 

すべてのものが
止まることなく振動している。

 

そう考えると
止まっていることは自然ではない。
つまり不自然なのかもしれない。

 

そういえば、
人間も動物。

 

動く物、なのだ。

 

 

 

 

 

 

頼まれてもいないのに

頼まれてもいないのに

 

頼まれてもいないのに
ましてや仕事でもないのに
ついつい、やってしまうことってありませんか?

 

私の場合、人と話している時に
自分の持っている知識とか情報を
ついつい話したくなっちゃうのです。

 

と、いうよりも

 

会話していると勝手に引き出しが空いてしまうので
それを伝える必要があるのかな、
そのために今日会っているのかな、なんて
客観的に見ている自分もいるのですが…

 

最近、話すぎだよと言われたことがありまして^^;

 

 

まぁ確かに
その人にとって必要ないのかもしれないし
欲していないのかもしれないので
ありがた迷惑なのかもしれないですが…。

 

ただ、
話している時に意識していることは

 

受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい、という
聞き手の自由を奪わない、ということです。

 

ある意味、期待を手放しているのですね。

 

人は聴きたいこと、必要なことは
自然と受け取ってくれるだろう、と。

 

なので
会話の中での私のルールは2つ。

 

・その人に必要だと思われる情報は惜しみなく伝える。
・話の内容を受け取るか受け取らないのかは相手に委ねる。

 

それから

 

・なるべく話は短めに

 

これを新たに入れようかなと(笑)

 

 

セミナーやコンサルなど、仕事の時は別として。

 

お茶している時などは
相手も話したいのだ、ということを頭に入れておこう。

 

聴くだけの時間って結構苦痛なんだよね。
→ 経験者談(笑)