なんと!GWに初の出店☆

なんと!GWに初の出店☆

 

今年は5月1日の即位の令(剣璽等承継の儀・即位後朝見の儀)が行われるために
GWが10連休!!

 

その最終日にあたる5月6日(月)に
なんと私、イベント出店します!!

 

なにで出店するかって?

それはこちら↓

ゼリツィン®エリクサーです^^

 

実は最近、anemoneという雑誌にも取り上げられたのですよ☆

 

【花と宝石の精霊が働きかける神秘のエッセンス】

 

なんとも魅力的でしょ^^

 

これを発見した時の感動は
コチラに綴っております。

【好きが高じてまたまた新しいものを発見☆】

 

イベントでは
お一人お一人にセッションさせていただきます^^

 

 

【セッションの流れ】

①ヒアリング

②「宝石と花のカード」を使って、
自分に最も必要なエリクサーを選んでいただきます。

*カードの選び方によって。
表層意識と潜在意識のどちらにもアクセスでき、
現在・過去・未来におけるご自身の問題やテーマを明確にすることができます。

このカード、

”今のあなたのままで大丈夫”といった甘いタイプのものではなく、
ズバリ本質をつくメッセージが書かれており、
本当の意味での魂の変革をうながすカードになっています。

 

顕在意識レベルではなく
潜在意識や魂レベルでの整えや変革にアプローチするものなので
運気アップしたい方にはとてもオススメ☆

 

③このカードと対応するエリクサーボトルの波動を体感していただきます。

このボトルは
生きたままの花のエネルギーと
その最も相乗効果の高い宝石のエネルギーと組み合わせた
これまでにない高い癒やしの効果を実現した自然療法です。

 

ドイツでは自然療法士という国家資格があり
医師と同様に医療行為ができるのですが
それにも使われている効果の高いもの。

 

日本には2017年に上陸した新しいものなので
まだまだ、体験した方が少ないので
ぜひ、この機会に体験してみてください。

 

 

【運気アップフェスタ7】
5月6日(祝月)11時〜18時
1セッション2,000円/20分(予約優先)
場所:前橋市芸術文化れんが蔵
前橋市三河町一丁目16-27

 

当日は様々なセラピーも体験できますよ。

 

令和という新しい時代への移行期。
希望を胸に私達もより自分らしく生きる為に!
運気アップフェスタでお待ちしています

 

 

 

 

 

 

初体験!声が電波にのる、の巻

初体験!声が電波にのる、の巻

 

「ラジオにゲスト出演しませんか?」

 

そんな依頼があったのは
昨年末のことでした。

 

その時、
やったことがないという不安感よりも
どんな感じなのだろう?っていう好奇心のほうが断然大きくて
すぐにYES!を出したのでした。

 

 

で、気づけばあっという間に当日になり。
今更ながら、どうしよう?なんて焦るわたし。

 

私は昔から声にコンプレックスがあり
公共電波に私の声がのっちゃって大丈夫なの?なんて
思ったり。

 

頭の中が真っ白になったらどうしようー
カミカミで、何も話せなかったらどうしようー

 

なーんて思ったり。

 

やったことのないものをするって
やっぱり緊張しますね。

 

 

でも、そんな心配もどこへやら。

 

始まってしまえば
パーソナリティのみーこさんのナビゲートで
すぐにリラックスできました^^

 

 

fmGIG 夢かなステーション!
夢かな地域活性化の事務局長であり
自身も番組を持つ岡田美智子さんと3人で

 

30分番組を2本、収録。

 

 

みーこさんの

「いきあたりバッチリ!」言葉通り

 

ホント、なーんにも用意せずに臨んだものの

「えっ?もう終わったの??」

と思うくらい、楽しくてあっという間に終了しました。

 

 

すでに収録が終わった仲間のきよみちゃんと
3人でパチリ☆

 

 

このお二人とは2010年来の友人。

 

出会った時、
私は高校教員で
きよみちゃんは看護助手
みーこさんは幼稚園教諭

 

その頃と全員が違う道を選び
自ら起業し、それぞれの道で活躍している。

 

人生って何が起こるかわからないけれど
自分の足で歩んでいくからこそ面白いね、って

 

3人でご飯食べながら
色々な出来事を振り返ったりして。

 

住んでいるところも
やっている仕事もバラバラ。

 

でも、
共通の学びやマインドがあるからか
あるいはSNSなんかでその活躍をみたりしているからか
ひさしぶりの再会でも全く違和感がない。

 

お互いのやっていることを
応援しあえる仲間って宝だな、と。

 

みーこさんに
なんで私達を選んでくれたの?ってきいたら
こんな答えがかえってきた。
 

色々な人から”この番組に出たい!”ってオファーがくるのだけれど
私自身が大好きで、応援したいなって思う人だけにゲスト出演して頂いているの。

 

・・・素直にうれしい。

 

昔からご縁つなぎや応援を
惜しみないエネルギーで与えてくれる人。

 

事前にHPやBLOG、SNSなんかをチェックして
出演者の人となり、やっていることを頭に入れておくのだそう。

 

今回、私は6月1日からの水輪リトリートの話を
たっぷりさせていただいたのですが

 

それもHPをしっかりチェックしてくれていたからなのだなぁと
あとから気づいて。

 

本当にありがたく、感謝しきりなのです。

 

 

 

さてさて
肝心の放送について。
インターネットラジオですので、世界中のどこからでも聞くことができます。

 

きよみちゃんの放送は
5月5日、12日

私の放送は
5月19日、26日で

 

いずれも日本時間の20時からの30分番組です。
下のURLからお聞きいただけます。

 

fm GIG 夢かな東京ステーション
「佐藤みふゆのHappy World」
http://www.fm-gig.net/top.html

 

 

自分の声ってなかなか聞く機会もないので、
どんな風なのか…今からドキドキ。

よかったら、日曜の夜に
ご自宅でくつろぎながらお聞きください^^

 

 

 

 

 

あなたの知らない世界

あなたの知らない世界

 

週末、銀座に行ってきました。

私が大好きなギンザベルエトワールさんへ。

 

毎年4月は大創業祭にて
顧客に宝石(ルース)が当たるというイベントがあり。
(しかも来場者全員にプレゼント!)

 

今年も友人とともに福を頂いてまいりましたよ^^

 

↑ ズラッと並んだルース(裸石)
毎年、種類が変わるので何が当たるのか楽しみなのです。

 

今年はこちらが私の手元に↓

 

 

ただのムーンストーンではなく
ブルーが浮かび上がってくる幻想的な宝石。

 

それがロイヤルブルームーンストーンです。

 

月長石という和名を持ち
直感力と安らぎを授けるという効能あり。

 

↑ 岡本憲将著 講談社出版

宝石のエネルギー
〜自分に合った宝石の見つけ方〜 より

 

通常のフィッティングとは違い
運試し的なくじ引きで当たった宝石なのにも関わらず
左手のひらに乗せてみると
じんわりとエネルギーを体感できる。

 

不思議なご縁だなぁと思います。

 

 

人間はせいぜい100年という短い時間を生きますが
宝石は何億年という長い長い時を経て育まれる奇跡の産物。

 

そのエネルギーがギュッと凝縮した宝石は
私達に様々な恩恵をもたらし、
人生をプラスの方へと導く力が宿っています。

 

 

エネルギーとか言うと
一昔前だったら胡散臭い、そんな風に捉えられたであろうけれど

 

最近では
目には見えないエネルギーとか波動の話が
すんなりと受け入れられる世の中になってきました。

 

引き寄せの法則、などで
見えない世界とリアルが身近になってきたからかもしれませんね。

 

すべてのものには固有の周波数があり
エネルギーはそれを動かす力のもと。

 

同じ周波数は引き合い、送受信をするので
テレビのリモコン操作や携帯での電話なんかはそれを利用して
便利に使えるのですよね。

 

それと同じく
私達はいろいろな波動を放っていて
例えば、カラダの調子が悪い時と良い時では
放つものが変わってきます。

 

楽しい!とかゴキゲン♪のときと
イライラしたり、ムカついたりしているときでは
放つものが変わってきます。

 

これって日常でもわかりますよね。
調子が悪そうだね、大丈夫?とか
あ、あの人機嫌が悪いみたいだから近づかないでおこう・・・とか。

逆に
いつも元気でいいな!とか
あの人なんだか楽しそう♪とか。

 

そういうわかりやすい波動を放っているかと思えば

 

実はもっとその奥深くに
クリアするべき課題があったりします。

 

思い込みだとか
魂的な業だったりとか
潜在的なカラダの不具合とか

 

いつもエネルギーで満ち溢れていたら
そういう見えない部分での周波数も高いので
調子はいいのですが

 

一時的、あるいは慢性的に本来の周波数よりも
ダウンしているケースがあります。

 

それを通常の周波数にあげましょうね、とか
エネルギーをチャージしましょうね、とかいうのが
宝石の本来の役割なのですよね。

 

つまり、宝石は
体・心・魂にエネルギーチャージし
本来の周波数に引き上げ、人を輝かせる働きがあります。

 

ついでに言うと
外部からのエネルギーを敏感にキャッチしてしまう人には
プロテクトの役割をする石や
運気というものを一気にあげてくれる役割の石もあります。

 

 

私達は誰もが

 

いい人生を送りたい。
そのために
自分を成長させて、人のお役に立てる人間になりたい。

 

そんな望みを持っていると思います。

 

人生のステージによって
その人が持つエネルギー量というものは違いますが
宝石はどのステージの人にも
必ずヒットするものがあり

 

人生をよりよくするために
今、集中的にこの部分を意識しようねって
教えてくれる便利なツールなのですよね。

 

 

しかも
自分に必要なものが
”体感”できる、というのが嬉しい。

 

エネルギーって目に見えないものだけれど
宝石は目に見えるエネルギー体そのもので。

 

言葉でいくら伝えても
きっと信じる、信じないの話になっちゃいますが
体感すると、
「あぁ、そうなんだな。」と納得しちゃうのですよね。

 

しかも、美しい。

 

美しいものは
それを見るだけでもかなりエネルギーがあがりますよね。

 

 

一つ一つの宝石に
ストーリーがあり、役割がある。

 

宝石の知られざる世界を教えてもらえる機会が
この週末、あるのです。

 

ギンザベルエトワール銀座本店の店長による
【プロが語る宝石の新常識セミナー】

 

宝石はお金持ちが持つもので
私には縁遠いわ、と思う方は
きっと”宝石は高価なモノ”という概念をお持ちなのだと思います。

 

が!

 

そんな既存の概念をひっくり返すものになります。

 

確かに”モノ”ではあるけれども
自分を飾るアクセサリーとして考えているだけでは勿体無いのです。

 

自分を引き上げ、輝かせてくれる
美しくも最強の相棒。

 

本当の宝石の世界を覗いてみませんか?

 

 

4月20日(土)19時〜21時
ギンザベルエトワールvipサロン高崎にて。

 

 

 

 

 

初体験に自分の特性を省みる

 

先日、桐生でお茶会をした時に
うすいあきこさんのワークショップに近々参加したいなぁと思っていた。

 

ら、ちょうど伊香保の陶句郎GALLERYで個展をするというイベントが。
早速友人を誘って行ってきた。

 

ワークショップでは
色とりどりのスワロフスキーにうっとりと心を奪われ
どの色をどの大きさ、デザインで
どの配置にするのか、悩みに悩む。

 

ここで私がとった行動は
まず色を決めること。

 

黒いアームカバーの上に
色とりどりのスワロフスキーを並べていって
自分の好みの色を見つける。

 

スワロフスキー単体で見るのと
黒い生地に乗せて見るのでは全く印象が違うことに気づく。

 

その結果、クリスタルとブラックダイヤとアメジストの3色に決定。
次はデザインだ。

 

 

自慢じゃないが、絵心がない私。
なので、自由にデザインしていいよ、と言われると
かなり悩む(笑)

 

で、デザイン画や売っている商品を沢山観察。

 

情報がないものは
まずインプットすることから始めるんだなーと
後から思い返すと笑ってしまった。

 

観察した結果、

 

私は車を運転するのが好きで
ハンドル握る手を見た時に
キラっと光るスワロが見えたらテンション上がるなーとイメージできた。

 

それから
普段、ブレスレットとか時計とか
手首周りに何もつけないので
アームカバーでブレスレットを表現したらいいかも♪と思いつき・・・

 

そんなイメージでスワロフスキーを並べていった。

 

並べていくと
段々とこんな感じがいいかも、と完成図が見え始める。

 

やはり、頭で描くよりも
実際に並べながら、修正したり付け足したりするほうが
完成は早いな。

 

これもまた、私の特性かもしれない。

 

↑ スワロフスキーはピンセットで並べる。
かなり真剣!

 

途中、せっかく配置したスワロが
ふとした瞬間にあっさりと他のところに飛び散る惨事に何度も見舞われつつ(笑)

 

そして最後の仕上げの時に
ちょっと位置がずれちゃったスワロがあったりして
完璧ではないものの、作品完成。

 

世界に1つだけの私の作品。
やはり、愛し。

 

時間にしてたっぷり2時間はかかった。
これまた、予想どおり(笑)

 


 ↑ 光に当たると煌めくのがスワロフスキーの魅力♡

 

そもそも
私自身はあまりモノづくりが得意ではなく
特に細かい作業というものは避けて通ってきており。

 

今回は初めて自分でデザイン&スワロフスキーをとりつける、という体験をしたのだけれど
やってみると案外ハマる。

 

何事もやってみないとわからないのは何でも同じだな、と。

 

色々なことを今回のワークショップで
省みたのだった。

 

 

 

3月ももう終わり。春本番はもうすぐ!

 

宝石と同じく
スワロフスキーが煌めく手元を見る度に
心がトキメク季節。

 

このアームカバーは紫外線カット率99.96%とのこと。
これからの季節に大活躍間違いなし☆

 

ワークショップの本当のお楽しみは
これからなのである。

 

 

 

 

 

古の奈良〜旅への誘い〜

 

時々、
”呼ばれる場所”というものがある。

 

理由はわからないが、その名前を聞いた時にピン!ときたりする場所。
たいてい、そういう時は立て続けにその名前を目にしたり耳にしたりするもの。

 

そこに行きたい!と思っていて
そのアンテナが立っているから情報が入ってくる、という考えもできるのだが
とんとん拍子に決まるのはたいてい呼ばれている証拠だな、と感じる。

 

 

今回はある方の話をきっかけに
奈良の三輪山(みわやま)に登り、その地のエネルギーを感じたいと思っていたところ

 

大阪の神様カードマスターでもあり、神様にも精通している友人が案内してくれる、という流れになった。

 

その友達とここに行きたい、あそこにも行きたい♪と話していたら、すっごくワクワクしてきて。

これは私達だけで行くのは勿体無いなぁ、
ご縁ある方とご一緒したら、きっと色々な気付きがあったり、人生の変化が起こるんじゃないかな、という予感もしてきた。

 

 

そもそも、最初に大神神社(おおみわじんじゃ)にご縁をいただいたのは2017年の年始のことだった。

 

初参りで大混雑していたにも関わらず、とても気持ちの良い場所で
きっとまた来ることになるだろうな、と予感し
次に来る時は三輪山にも登拝する、と決めていたなぁと今更ながらに思い出す。

 

それがこんな早くに実現することになるとは・・・とっても嬉しい♪

 

三輪山は御神体そのものであり、
昔は神官や僧侶以外は入ることのできない禁足地だったが
現在では入山心得を守る者であれば登拝できるとのこと。
いい時代に生まれたなぁ。

 

円錐形の美しい三輪山を一歩一歩登っているうちに
おそらく心清められ、自然と背筋が伸びるのではないかな。

 

そうだ!
奥社へ参拝した時に場所を見つけて瞑想もしたいな。
グランディングした状態で瞑想&エネルギーワークしたら超絶気持ちいいだろうなぁ…
とすでにイメージング(笑)

 

 

三輪山登拝と大神神社、そしてその近くにある檜原神社(ひばらじんじゃ)にも参拝して天川村へと移動。

 

洞川温泉(どろがわおんせん)にてカラダの疲れをゆるりと癒やし、
地のものをたっぷりと味わい、湯上がりに温泉街を散策するのもまた楽しそう。

 

また、せっかくのスペシャルな土地なのだから
宿でワークショップやるのもいいな♪

 

温泉を堪能し、十二分にエネルギーチャージをした翌日は
こちらもやはりご縁がある方が訪れられると名高い天河神社へ。

 

 

五十鈴をまわし、その音色をカラダに響かせて心身ともに清らかに。

 

 

個人的には
いくむすび・たるむすび・たまめむすびという意味を持つ3つの鈴を初めて見た時に
いかなくっちゃ!って思ったのですよね。
3つの鈴→”みすず”だ!とww

 

この3つの意味は
魂の進化にとって重要な状態(みむすびの精神)をあらわしているとのこと。
心して鳴らすべし!ですね。

 

 

 

その後は近くの丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)へ。

 

 

以前、訪れた際に
手水舎で手を洗ったら、タンザナイトの指輪がピッカピカになって驚いたのです。

 

よくよく調べてみると
日本最古の水の神様・闇龗神(くらおかみのかみ)が祀られているとのこと。
昇竜のエネルギーを持つタンザナイトがピカピカになるのも頷けます^^

↑ 神馬のしろちゃん・くろちゃんもいるよ♪

 

こんな風に友人と旅の企画をしていたら、なんだかとってもワクワクしてきて。

 

せっかくならばご縁ある方とご一緒したいと思い、
奈良リトリートとして今回の企画を立ち上げることにしました。

 

上記の通り、1泊2日の短い旅ですが、とっても濃い内容となっています。

 

このタイミングでこのブログを読んでいるあなたは
きっと”ご縁がある方”であり
そのタイミングが来たということだと思います。
ぜひご一緒しましょう^^

 

初夏の6月。
新緑のエネルギー満ち溢れているこの季節。
きっと気持ちの良い2日間になることは間違いありません^^

 

 

【古の奈良】
〜神様とのご縁を結ぶ旅〜

6月11日(火)
9:30 大阪昭和町駅集合出発
大神神社〜三輪山登拝〜檜原神社〜洞川温泉あたらし屋旅館チェックイン〜エネルギーミニワークショップ〜

6月12日(水)
10:00チェックアウト
天河神社〜丹生川上神社下社〜お楽しみアラカルト〜
17:00 大阪昭和町駅解散

 

*雨天の場合、予定変更もあります。
*三輪山登拝の際は歩きやすい服装(通気性の良い長袖長ズボン)と歩きやすい運動靴(ぬかるみを歩いてもOKなもの)でお願いします。三輪山のお水を持って登りましょう♪水筒もあるとなお良いです^^
参加料金:35,000円(税別)
*宿代1泊2食付き+昭和町駅からの車代+各神社の案内+ワークショップ代が含まれています。

 

定員:5名(残席4名)
担当:ワークショップ:浅香美鈴/運転&ナビゲーター:永田佳奈

お申込みはこちらから。

 

 

 

 

 

好奇心と優しさを持って注意を向けること

 

週末、
SIYというプログラムを受けてきた。

SIY=サーチ・インサイド・ユアセルフ

 

Googleで生まれ
世界のビジネスリーダーが実践する
脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド。

 

能力開発は
私の大好物なので(笑)
紹介された時に一も二もなく参加決定。

 

2日間にわたり学んだのはこちら↓

・マインドフルネス
・自己認識
・自己管理
・モチベーション
・共感
・リーダーシップ

 

すべてにおいて実習があり
沢山のメソッドを体験させていただいた。

 

マインドフルネスという言葉は
ここ数年でよく耳にするようになったが

 

イマココに在る自分を感じ、気づくこと

 

こんな風に私は捉えている。
人は何も考えていないと
オートパイロット(自動操縦)で過ごしている。

 

それは歯磨きのようにあまりにも当たり前すぎて
そうなっていることにすら、気づかずにいることが多い。

 

この講座の中で
オートパイロットの特徴を次のように言語化していた。

 注意が過去か将来にいっている
 注意散漫
 反射的または批判的
 習慣的パターンや思い込みで動く

 

非常によくわかる。

 

人は”今”に生きているのに
思考(注意)は過去か未来に飛びがちだ。

 

起きてしまった過去に悩み
過去の記憶によって現状を判断し
過去にできた思い込みによって当たり前のように行動している。

 

これは人間が生存するために
長い間培ってきた能力の一つ。
脳は過去の記憶経験を引っ張り出すのがその機能の一つだから

 

今、起きていることを過去と結びつけて考えるのは
ある意味当然なのだけれども。

 

 

だからといって
過去と今は違うのだ。

 

だから、いつからだって変われるし
いつからだってクリエイトすることができる。

 

でもきっと
頭の中のおしゃべりはやまなくて

 

何かあったらその瞬間に
感情や思考、パターンが立ち上がって
何も考えずにその言動が表面化してしまう。

 

 

しかしながら
意識してみると

 

刺激と反応の間にはほんのわずかな隙間がある、というのだ。

 

なかなか難しいけれども
いつものパターンを変えたいならば
そのほんの僅かな隙間はとてもありがたいもの。

 

だって

 

この瞬間に、反応を選ぶ私達の自由と力がある。
私達の反応の中には成長と幸せがある。

 

というのだから。

 

マインドフルネスは
そのほんの僅かな時間を
見いだせる活路かもしれないな、と感じる。

 

 

2日間で学んだものは
とても盛り沢山で

 

瞑想やジャーナリング(紙とペンでただつらつらと書き続ける作業)
マインドフルリスニングやマインドフルイーティング、セルフコンパッション・・・etc.

 

色々な方法で
イマココを意識する方法を教わった。

 

自己認識から自己管理、そしてリーダーシップへ。

 

 

マインドフルネスとは
心、身体、そして周囲で
今の瞬間に起こっていることに
好奇心と優しさを持って注意を向けること

 

これを意識してイマココを生きたなら
3つの幸福感を味わえる人生になるにちがいない。

 

<幸福感の3つの人生> 

心地よく楽しい人生
強いを発揮できる人生
意義ある人生

byマーティン・セリグマン博士

 

そしてそれは自分のみならず
自分の周りの大切な人々にも
広がっていくことだろう。

 

一滴の水が
波紋を広げていくように。

 

 

 

 

 

 

いつかは○○・・・を叶えられた理由

 

いつかは◯◯したい。

 

そんな風に思うことってありますか?

私はあります。

 

でも、数年前から
いつかは・・・というのをやめました。

 

なぜなら、

”いつかは”は永久に来ない!

ということを知ったからです。

 

いつかは、と言っているかぎり

それが叶えられない今の現状の自分
自分の潜在意識にインプットしているようなものだから。

 

じゃ、何をしたのか。というと・・・。

 

予定したのです。

 

簡単でしょ(笑)

 

いつかは、というかわりに

◯月◯日にやる、と決める。

 

あとは
ビジョンマップを作って
それをやったり、持ったり、行ったりしている自分の姿を
イメージングする。

 

これだけです。

 

 

これで
自分の潜在意識の中に
自分はこれを叶えているんだ!とインプットする。

 

すると
その実現に向けて動きだすのですよね。

 

自分の意識が変わると

情報も入ってくるし
それに詳しい人もやってくる。

 

普段、自分の世界の中になかったものが
突如として顕れてくるわけです。

 

よく、
自分の内面が外側の現象にあらわれる、と言いますが
まさにそれです。

 

「決める」と「そうなる」

 

これは色々なことに応用できます。

 

ぜひ、決めてみてくださいね^^

 

 

 

で、今回私が叶えたのは

First Classに乗ってみたい♪
という野望でした。

 

First Classなんて
お値段が高くて高くて
とてもじゃないけど私には叶わない夢・・・

 

と、思っていたのはつい2年前までのこと。

 

マイルを貯めると
First Classも夢じゃない!って知り

 

その情報を得るために
ある方のオンラインプログラムを受講し
マイルを貯めることを始めて。

 

目標はただ1つ!
First Classに乗るってこと。

 

我ながら一途だったわー(笑)

 

 

で、マイルを貯め始めて

 

First Classって
すべての飛行機にあるわけじゃないってことも

マイルで取れる席には
限りがあるということも

往復チケットじゃないと
とれないってことも

 

やってみて始めてわかったこと。

 

いやー勉強になった(笑)

 

 

今回、乗ったのは
羽田ーシカゴ間。

しかも、世界ランキング3位のANAにて☆

 

【ANA SUITE Lounge】 First Classのラウンジ@羽田

 

 

搭乗してすぐにお着替え。
アメニティはSamsoniteのスーツケースに入ってる♪

 

 

極上の空の上のレストランを
心ゆくまで堪能し

 

 

 

日本で観られなかった
映画をみて

フルフラットで足腰伸ばして
おやすみタイム。

 

 

CAさんの
心配りが素晴らしく、
さすが世界第3位!と思うほどのサービスを受けました。

 

いやー、あっという間の10時間でした。
これなら24時間乗っていてもいいなぁ(笑)

 

こうして私の

いつかはFirst Classに乗りたい♪

が叶ったのでした。

 

いや、
叶えたのでした^^

 

 

 

☆今日のLesson

いつかは・・・は永遠に来ない。
いつ、を決めよう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

糸掛曼荼羅はメディテーションだ!

 

久しぶりに
糸掛曼荼羅にトライした。

 

糸掛曼荼羅
ある規則性に従って、ひたすらピンに糸をかけていくと
できあがる美しい幾何学模様。

シュタイナー教育に端を発するもので
素数(1より大きい整数で自分自身でしか割り切れない自然数)の順番に
糸をかけていく。

 

曼荼羅=MANDALA
サンスクリット語で
円・輪及び中心との関係、という意味を持つ。
語源は「本質のもの」

 

今回は10色使って糸掛をすることになっていた。
予め、どんな色を使うのか決めてもいいし
その都度、自分の直感で色をチョイスするのもOK。

 

私は
その時の気分で色を決める、ということを決めた。

 


↑ ビフォー写真。

 

ピンが108本打ってある。
108といえば煩悩だが、
やっていくうちに、無我の境地に立つことができるのか?

レッツチャレンジ☆

 

一番最初の糸はゴールド。
私の幸運色に決めた。

 

ゴールドは
全ての色を含む光の色、と言われている。
心相数999の私にとっては唯一の幸運色。

 

ピンには数が書いてあって
0からスタートし、素数の順番に糸をかけていく。

1週目は素数53
2週目以降は47・43・37・31・29・23・19・17・13

 

どんな素数でも
全てのピンに糸を掛けると
最初の0に戻ってくるから

 

間違えて掛けてもすぐにわかる(笑)

 

大人は頭でやるけれども
子どもはすぐに規則性を見つけて
スイスイ~っと掛けていくから
びっくりするほど、早い仕上がりになるとのこと。

 

↑ 間違わないように超!真剣な私。

 

あ!
ご安心ください。
ご期待どおり、間違えましたよー(笑)

 

今回、色はどうしようかなーって思っていたのだけれども
思いついた宝石の色をそのまま使おう!と決めました^^

 

まずはパライバトルマリン。
次はインカローズ。

以下、
タンザナイト・エメラルド・スフェーン・サファイア・ルビー
仕上げはやっぱりゴールドで☆

 

で、出来上がったのがコチラ↓

 

仕上がるまで
全然、イメージできなかったけれども。

結構エネルギッシュな作品になったなぁと思います^^

10本の糸を
108本のピンにすべて掛け終わったときの
やりきった感は半端ない☆

↑ 見よ!この清々しい顔!!(笑)

 

今回は4名の参加者だったので
全作品はコチラ↓

全然、違うでしょー^^

 

糸掛曼荼羅は
自分の無意識が意識化されるものだと思うし、

 

数に集中するので
普段の忙しい思考が一旦ストップするから
一種の瞑想状態に入ることができる。

 

だから、スッキリするのかもしれないなー^^

 

いつも思考が賑やかで
頭の中のおしゃべりがやまない方にオススメー☆

 

カラーセラピーにもなるしね^^

 

オススメは
他の人と一緒にやることですが、

 

検索すると
アマゾンで体験キットが売ってるから
今すぐやりたい!という方は調べてみて。

 

 

実は今回、2つの目的があって。

1つは糸掛曼荼羅をすること。

 

もう1つは
【古民家cafe むすび】に行って
初女さんのおむすびを食べること。

 

↑ まん丸で美味しそうでしょ^^

 

 

野菜のみの素朴であったかいお昼ごはん。
ぜーんぶ、美味しかった〜♪♪

 

ちょっと遠いので
田舎のおばぁちゃんの家に遊びに行く感覚で、

 

あるいは
妙義神社参拝の後に立ち寄る感じで
ぜひ行ってみてね。

*前日までの要予約☆

 

どちらもオススメです^^

 

 

 

久しぶりのリクエスト開催☆キッズインストラクター養成講座

キッズ〜子どものやる気を引き出すMQ

 

 

今回の講座は

子どもに関わる全ての大人に!

ぜひ受講していただきたい内容となっております。

参照:やる気を引き出すのに必要なのは・・・?

 

 

<魔法の質問って?>

答えるだけで魔法にかかったように変化をする
質問のことです。

 

魔法の質問キッズインストラクターって?>

子どもも大人も 1人でも多くの人が、
自分らしく生きていく世の中になったらいいな。

子どもがキラキラしていることは大切ですが、
それよりも前に、大人がキラキラしていることが大切。

しつもんによって、自分らしさとは何かを
無理なく、自然と知る。

そして、その一歩を踏み出すきっかけを
講座を通じてサポートする存在です。

  

キッズインストラクターの種類

① 子どものやる気を引き出す&なりたい自分になる魔法の質問キッズインストラクター
② イライラしないママになる魔法の質問キッズインストラクター
③ 魔法の質問キッズ感想文インストラクター
④ といふだキッズカードインストラクター

 

今回は、①の子どものやる気を引き出す&なりたい自分になるver.
出来るようになるキッズインストラクター養成講座です。

 

子ども向けと大人向けに講座ができるインストラクター講座。
しつもんの楽しさや奥深さ、そしてパワーを感じられる講座が開催できます☆

 

子ども向け講座
「なりたい自分になる魔法の質問」(50分)

しつもんに答えあうことを通じて、
自分のやりたいことや叶えたいこと、
なりたい姿など、夢や目標を発見し、
そこに向かうための道をつくり出します。

1.欲しい情報を得るためにアンテナを張るしつもん
2.仲良くなりたい人と仲良くなれるしつもん
3.叶えたいことを発見し、そこへ向かう道をつくり出すしつもん
4.未来の自分になりきって夢へのヒントを受け取るしつもん
5.学んだことをより明確にするしつもん

 

大人向け講座

「子どものやる気を引き出す魔法の質問」(90分)

 

子どもたちとのコミュニケーションにおいて、
やる気を引き出すしつもんを体験しながら学びます。

1.能動的に行動できるしつもん
2.仲良くなりたい人と仲良くなれるしつもん
3.雰囲気をよくするしつもん
4.ほめ上手になるしつもん
5.シャンパンタワーの法則
6.行動やアイデアを引き出す効果的なしつもん
7.未来の視点をもちつつ現在の行動に落とし込むしつもん
8.学んだことをより明確にするしつもん

 

<日程は?>
2018年10月7日(日)&10月8日(祝月)
両日とも10:00〜18:00

<お申込みは?>
こちらのォームからお願いします。


<締め切りは?>
2018年9月27日(木)
<体験会もあります!>

*********<体験会のご案内>**********
日時:2018年10月7日(日)10:00~12:00
受講費:1,000円

 

この講座を体験してみたい方はぜひ。
体験会に申し込む

 

久しぶりの養成講座開催です。
次回開催予定は当分ありませんので
ピン!ときたかたはこの機会をお見逃しなく^^

 

 

 

 

 

感慨無量の4日間。

 

2年前の元旦。
この1年でやりたいことって叶えたいことをぼんやりと考えていた時に
日本のトップ、天皇皇后両陛下にお会いしたい!という気持ちが沸き上がった。

 

そしてすぐに一般の人でもご会釈賜ることができるという貴重な機会に恵まれた。

 

それが皇居勤労奉仕だ。

 

当時、私の周りではそんな機会があることを誰も知らなかった。
そもそも皇居に行ったことがある人が少なかった。

 

私もその一人で
どんなことが待ち受けているのか、
若干の緊張と好奇心とワクワク感が湧き上がっていたことを思い出す。

 

そして、実際に体験してみて
日本人なら誰もが一度は行ったほうがいい、と感じた。

 

そのくらい素晴らしい体験だったし
両陛下の存在がとてもありがたく、感謝の念が湧き上がった。

 

その時の印象は
日本のお父さん、お母さんなんだ!
我が子である国民を本当に愛してくださっているのだなぁとしみじみ思った。

 

この感動を多くの人に分かち合いたい、と
会う人会う人にこの話をしてみると

多くの人が参加してみたい!と目を輝かせており
いつかこの友人たちと一緒に行きたい!と考えていた。

それが今回、叶ったのだ。

 

 

 

6月5日(火)からの4日間、
副団長として皇居勤労奉仕に参加してきた。

群馬県からの団体はとても珍しいらしく、驚かれたのが驚きだった。
(団長の所在地が団体としての県となるので群馬県人が参加していない、ということではない。)

 

勤労奉仕は全4日間で
広大な敷地の皇居は3日間にわけて、
赤坂御用地は1日で清掃等の奉仕作業をする。

 

1日目>西エリア
御所や吹上御所など、両陛下のプライベート空間でもある。
宮中三殿を筆頭に
御所や天皇が毎年お田植えする水田や
徳川三代将軍家光が愛でたという500年以上大切にされてきた盆栽などを見せてくださった。

 

このエリアは皇居の中でも特別な空気感が漂い、
特に宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿の総称)のエネルギーは格別。
通常、二礼二拍手一礼をするがここでは一礼のみ。

その外で草むしりや落ち葉集めなどをして1日目終了。

↑ 皇居内での写真はこの1枚のみ。
カメラ等の持ち込みは禁止。

 

2日目>赤坂御用地
春と秋に園遊会が開かれ、テレビのニュースでよく見る日本庭園がある場所。
回遊式庭園を傘をさしながらゆっくりと歩くと
まるで雅楽がきこえてくるような、雅な気分に。

 

↑ 赤坂御用地の中で記念撮影。同じくカメラ持ち込み禁止。
少しでも雰囲気が伝わるかな?

 

この日は皇太子殿下にご会釈を賜りました。

 

来年の5月1日には新たな天皇に即位される皇太子の佇まいは
前回に感じたそれとはかなり違い

日本のトップリーダーとしての
どっしりした雰囲気。

その眼差しはすでに天皇陛下のものと同じく慈愛に満ち溢れ、
私達をふわっと包み込むような
優しく強いオーラを身にまとっておられました。

*テレビをつけたらちょうど皇太子・皇太子妃殿下の結婚25周年というニュースが!
なんとタイムリーな。

この日は雨が降っており
午後は土砂降りが予想されるため、昼食をとって終了となった。

 

3日目>宮殿エリア
一般参賀で1月2日に皇室ご一家が勢揃いし手をふられることで有名な長和殿。
その内側にある皇居宮殿の中心となる正殿や豊明殿等がある。

 

長和殿の外側の広いエリアの掃き清掃と
中庭の落ち葉集めの奉仕作業を終え、
いよいよ待ちに待った両陛下のご会釈を賜ることに!

 

セキュリティチェックを受け
職員の方の説明を受け、心なしかみんなの緊張が伝わってくる。

 

それもお車で両陛下が到着し、
部屋に入ってこられた瞬間から
空気感がガラッと変わった。

あちこちからすすり泣く声も。

 

一団体ごとに両陛下がお立ちになり
団長の奏上に対し、ご下問される。

一言一言を本当に優しく聴いてくださるそのお姿に感動。

 

天皇陛下がただそこにおられるだけで
燃えるようにカラダの内側から熱くなり

まるで太陽のように私達を照らす光そのものだった。

 

そして寄り添う皇后陛下美智子さまの
「ありがとう」の言葉。

 

すべてのものを引っ張ってきて
私達存在そのものに対して発せられた5文字はまさに言霊。
ありがとう、の本当の意味が腑に落ちる感じがした。

 

全団体の奏上とご下問が終わると
部屋の中央に立たれ、
その場にいる団員全体による万歳三唱を静かにお受けになられた。

両陛下が退出するまでのわずか15分ほどの短い時間。

この時間と空間に身を置いたことで
受け取ったものは本当に多かった。

 

無限大の可能性と自由、慈しみと大いなる愛、赦し・・・

 

言葉にするとそれはすでに違うような気がして
しばらくはその余韻に浸り、味わった。

 

表現できないのがもどかしいのだけれども
こればかりはこのブログを読んでくださってるあなたに

あのお二人の放っているエネルギーと絆の深さ。
寄り添いあい、支え合う関係性を
機会があったなら
実際に肌感覚で感じて欲しいと思う。

 

日本人でよかった、と感じる瞬間がそこにはある。

 

 

4日目>東御苑

ここは松の廊下や大奥、天守台があったエリアで
広大な芝生と日本庭園、各県を象徴する木が植えられている。
普段は一般の方も入れるのだが、月・金曜日は入場ができないため静かだった。
宮内庁病院や騎馬隊が使う馬の厩舎もあり、今回はそこでの奉仕作業。

 

 

すべての日程を終え
帰りに「皇室」というパンフレットと和三盆を代理の方から下賜されました。
パンフには皇居勤労奉仕のスタンプを押し、全てが終了。

 

あっという間の4日間。

肝心の奉仕活動については
草むしりや落ち葉、広場の清掃等の軽いものであり
それよりもむしろ皇居内を歩き(毎日10km以上)皇居体験学習をさせていただいた感じ。

 

どの体験場所も
一般参観や勲章や褒章等で参観できる場所ではなく
奉仕活動をしている方にのみ見せてくださるという場所が盛り沢山で

奉仕をしているとは名ばかり。

 

宮内庁の方に各場所を見学し、
皇居の歴史や在り方、
普通では見ることのできない貴重なものを拝見させていただけた、
本当にありがたい時間だった。

 

来年4月末に今上天皇が譲位され
皇太子殿下の即位が決まっている変化・変革のこの時期。

縁あって集えた素晴らしい仲間たちと
同じ場所・同じ時間を共有できたことは
本当に嬉しい。

 

 


↑ 団長のヒロコさんと。

 

皇居内は撮影禁止なので
写真は一枚も撮れなかったが
その分、しっかりと心に焼き付けてきた。

 

ここに至るまでのすべてのことに感謝したい。