奈良リトリート2日目 vol.2

奈良リトリート2日目 vol.2

 

次に向かったのは橿原神宮

日本国のルーツだ。

 

祝日の、建国記念の日は2月11日。

 

文字通り、日本の建国を祝った祝日だがその由来には
あまり知識がなかったので調べてみると…。

 

その日は古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇(じんむてんのう)が即位された日。
旧暦の紀元前660年1月1日と日本書紀に記載があり、
その即位月日を明治に入り、新暦に換算した日付が2月11日とのこと。

 

その場所が橿原であり
橿原神宮は
初代天皇である神武天皇と
皇后媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)が祀られている。

 

表参道。
シンプルだがその広大なスケールに圧倒される。

手と口を清めて

再び参道を歩く。
抜け感が素晴らしい!

外拝殿
お、大きい・・・。

特大の絵馬。
私が横に並ぶことでその大きさを
イメージできるかな?

内拝殿に入っても本殿は見えず。
↓ この距離感、伝わるかなー?

それほど神武天皇は畏れ多い存在であり、
日本の始祖として崇められてきたのだろう。

 

近くにあった長山稲荷神社にも参拝。

朱が美しい。

 

次に向かうは神武天皇陵。

こちらも広い敷地を
てくてく歩く。

鳥居をくぐってさらにてくてく。

着いた!

こちらも抜け感が素晴らしい。

横から見るとこんな感じ↓

3月に両陛下が退位の礼関係の諸儀式の一つとして
親謁(しんえつ)の儀に臨まれた場所としても記憶に新しい。

 

日本は紀元前660年から続く世界最古の国。
その始祖が眠る場所だと思うと
なんだかぐっとくるものがあった。

以上で奈良リトリートは終了。
すごく充実した2日間だった。

 

大阪に戻って直会を。

せっかく大阪にきたから
こなもん食べないとね(笑)

かなかながミシュランたこやきに連れて行ってくれた。

ソースじゃなくて
醤油のたこ焼きがあるって新鮮!
すべて美味しかった♪♪

そうそう、

 

今回は神様カードを引き
そこからのメッセージと
かなかなによるプチリーディングがあって
それぞれに必要な気づきを得ることができた。

1日目

2日目

参加者同士でシンクロするカードや
場所にリンクしていたのカードもあって
面白いなぁ。

 

2日間、
ご縁ある方とご一緒できて
本当に楽しかった。

全く知らなかった神様のことも
教えていただき、
より楽しく充実な時間となりました。

 

ナビゲートしてくれたかなかなにも
スペシャルサンクス!
本当にありがとう^^

 

またこのコンビでリトリートをする機会があると思います。
いや、確実にあるな(笑)

今回、参加できなかった方も
次回はぜひ、ディープな旅をご一緒に^^

 

 

奈良リトリート1日目

奈良リトリート1日目

 

奈良リトリート、開催してきました。

「三輪山を登拝したい!」

 

これがきっかけ。

 

関西で神様カードの使い手でもある友人のかなかなに相談したところ

せっかくならばご縁ある方と一緒に
奈良リトリートしよう!ということで始まったこの企画。

群馬、千葉、神奈川、愛知から参加してくださって
総勢6名でのリトリート。

 

結論から言うと
とっても楽しかったです♪

 

当日は9:30に大阪の昭和町駅に集合。
そこにかなかなが車でお迎えに来てくれました。
*私は高崎駅から夜行バスに乗り、早朝大阪OCATで到着。
長時間のバス移動は腰が痛かったー。

 

で、
一路、奈良県にある大神神社を目指す。

 

鳥居をくぐったら
近くの喫茶店にてまずは腹ごしらえ。

 

お店においてあったおもかる石

 

願いを念じて、石が軽くなったら叶うときいて
早速トライしてみる。

ちょっと軽くなった気がする。
だから願いは叶うな、きっと^^

私の後ろに飾られていた龍の絵。

 

色合いが可愛らしいけれども
見た目と違ってパワフルな龍。

 

この絵を描いた画家さんは
あれよあれよと世界へ羽ばたいていったそうな。

喫茶店のママをパチリ。

龍の絵とおもかる石に興味がある方はぜひ^^

 

 

そして、大神神社へ。

 

食事していた時に降り出した浄化の雨もやみ
薄日が差し込んできた。

 

まずは祓戸の大神たちにご挨拶を。

 

毎朝、唱えている大祓祝詞を奏上し
少し早めの夏越の大祓をさせていただいた。

 

そして、先に進むと・・・

大神神社拝殿へ。

どどーん!!

 

【大和国一の宮 大神神社】

 

平日でもかなり混んでいる大神神社だが
写真の通り、今回はとても人が少なかった。

神主さんによれば
天気予報が”嵐”だったからじゃないか、とのことで
私達としてはとてもラッキー^^

 

大神神社は拝殿のみ。
三輪山自体が御神体なので、本殿はなく
拝殿の奥は神聖な場所の禁足地。

 

結界でもあり、
拝殿と本殿(三輪山)の御扉としての役割をなしている三ツ鳥居
神職さんに案内して頂いた。

 

いい風が吹いてきて
しばらくその場に佇み、心地よさを味わった。

 

そしていよいよ三輪山登拝へ。

 

まずは三輪山の荒魂が祀られている
狭井神社へ参拝。

 

【狭井神社】さいじんじゃ

 

次いで裏手に御神水を頂ける場所があるので
各々、このお水を携えて登ることに。

冷たくて美味しい♪

 

狭井神社に三輪山の登り口があり、
こちらの社務所で受付をすることで登拝が可能。

ただし、あくまでも登拝目的なので
御神体に登拝に関するする注意事項をきき、
こちらを首にさげていよいよ登拝。

 

 

山道をてくてく歩くと
鈴の音がとっても気持ちよく。

禊・祓いの役割と
熊よけにもなっているのかもしれない。

 

おしゃべりもせず、
自然と一人ひとり間隔をおいて歩く。

小鳥のさえずりが耳に心地よく
緑豊かな木々を愛で
爽やかな風を頬に感じながら
心静かに登っていくと

 

五感が活性化し
自然と顔が緩む。心も緩む。

 

各々自分のペースで登っていくから
自然と自分との対話が深まっていく。

 

カラダとの対話
ハートとの対話

 

日常では味わえない
静かで豊かな時間を過ごしながら
一歩一歩大地を踏みしめながら歩き頂上へ。

 

場所によって違うエネルギーを感じながら
しばしの瞑想を。

 

そしてみなさんに
エネルギーワークを伝授。

ニュートラルになって
グラウンディングとセンタリングをし
体が周囲と一体となるようなニュートラルな状態を体感していただいた。

 

大地からくるエネルギー
天からくるエネルギー

 

エネルギーが自分の体を通して
循環しているのがわかる。

 

程よくリラックスし、
それでいて自由に体を動かせる状態というのは
どういう感じなのか。

みんなで味わう。

 

あぁ、心地よい。
いつまでもいたくなるような
優しさと包容力のある場所であった。

 

無事に下山して
みんなで記念撮影。

↑ 達成感と喜びに満ちた面々^^

 

大物主大神、大己貴神、少彦名神が祀られた三輪山。

神様たち、とても優しかったなぁ。

 

その後は
元伊勢と言われている桧原神社へ。

 

 

こちらも三ツ鳥居。

 

こちらの神社は
たいらけく、やすらけく、という感じの
すごく穏やかな感じがした。

 

鳥居から遠くに見える
二見山。

 

ここから臨む夕日は
さぞ絶景だろうなぁ。

 

ここでもほぼ貸し切り状態。
十分に満喫して、みんないい笑顔^^

 

 

お腹をすかせながら
一路、今夜のお宿がある洞川温泉へ。

 

あぁ、いい一日だった。

 

 

 

 

 

立てば芍薬、座れば牡丹・・・

立てば芍薬、座れば牡丹・・・

 

いい季節になってきました♪

 

この季節は若葉が茂ってきて、
新緑が美しく
色とりどりの花々が美しく咲いていて
心も晴れ晴れと、うきうきとした気持ちになります^^

 

久しぶりに母を誘って
勺薬園に行ってきました。
大輪の花の華やかさに加え、
とてもいい香りがする。

 

うっとり^^

 

 

ところで芍薬って牡丹ととてもよく似てますよね。

 

 

どんな違いがあるんだろう?って調べたら
芍薬も牡丹も同じボタン科のボタン属。
英語では区別がなく、両方共”Peony”というそうで。

 

違いは
芍薬は草で牡丹は木。

 

でもね。
芍薬の根に牡丹の茎を接ぎ木する方法が
一番牡丹が咲きやすいって
つい最近教えてもらったの。
それほどに牡丹と芍薬は密接な関係なのですね。

 

「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」

 

これは
美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することばですが
私もそうありたいです^^

 

あ、ちなみに
元々は生薬の用い方をたとえたものだ、という説もあり
それもまた興味深いですよね。

 

↑ 小学校の頃、
色花紙を使ってつくった飾りのお花に似てない?

 

 

香りに誘われて
蜜を吸いにハチたちも元気に飛び回ってましたよ。

 

生き物にとって
活力の湧き上がる季節ですね^^

 

今回訪れたのは富岡しゃくやく園
来週は八重の芍薬が見頃だとか。

また訪れたい場所です^^

 

 

 

 

 

すべては振動している

すべては振動している

 

中学の理科の授業の時、
先生が質問した。

 

「水は100度になると水蒸気になって気化する。
しかし、テーブルの上にこぼれた水が翌日には乾いているのはなぜか?」

 

???

どう考えても100度にはなっていないのに
液体が消えてなくなるのはなぜなのだろう?

 

生活していると普通に体験していることだけれども
あらためて聞かれるとその理由がわからなかった。

 

その時にはじめて
目にはみえないけれども小さな小さな粒が絶えず振動していることを知った。

 

それは私達人間も同じで
止まっているように見えて
絶えず振動しているのだということも。

 

月日は過ぎ、
様々な体験・経験を重ねていく中で
シンギングボウルに出会った。

 

倍音、というのもその時に初めて知ったが
シンギングボウルの倍音には人を癒やす力があるという。

 

音として聴くだけでなく
その振動を体感すると
かなり自分のカラダの隅々までその振動が伝わっていくのがわかる。

 

↑実は結構重い。
バランスがとれたら、外側から鳴らしてもらう。

 

外側に響く音よりも
内側に響いている音、振動のほうが長く感じる。
(外側には聞こえていないが内側ではずっと聞こえている。)

 

シンギングボウルによって
特に響く場所が違うが、
今回のはかなり脳をマッサージされたような感覚になった。

 

それでいて
手足の先までポカポカとしてくるから不思議だ。(もちろん、個人差あり。)

 

ちなみにかぶっているのは
仏足が彫られているシンギングボウル。

 

 

このシンギングボウルは
実際にヒマラヤ仏教の僧侶が使っていたもの。

 

ネパールに赴き、
現地で買い付けしている
ヒマラヤ仏教宝具を取り扱っている友人がいて

色々なことを教わっている。

 

こちらの両界曼荼羅は
二重に貼った金箔に
金泥で描いていったもの。

 

↑ 左:胎蔵界曼荼羅 右:金剛界曼荼羅

 

 

以下に細かいか
比較になるよう、小指の爪をおいてみた。

 

沢山の如来や菩薩、観音が描かれているが
すべてお顔が違うのもすごい!

 

本当に細かい模様まで描かれているのだが
常に振動している私達の体をもってしても
その細かさ、繊細な表現ができることに敬服する。

 

すべてのものが
止まることなく振動している。

 

そう考えると
止まっていることは自然ではない。
つまり不自然なのかもしれない。

 

そういえば、
人間も動物。

 

動く物、なのだ。

 

 

 

 

 

 

礼と禮 〜レイという漢字〜

礼と禮  〜レイという漢字〜

 

毎週火曜日は早朝から経営者の学びの会に
参加している。

 

令和に入って初めてのセミナーだったが
令和のレイとも被る、レイという漢字3文字について
実に興味深いことを教わった。

 

講師の方は武学というものを学んでいるそうで
”礼”がとても大切なのだ、ということを体感覚で教わった。
*ここでの礼はお辞儀のこと。

 

普段、何気なくしている”礼”だが
適当にやるのと、しっかり意識してやるのでは
まるでエネルギーが違うのだ。

 

武学では”禮”と書くそうだ。

 

 


しっかりレイをすると


レイ=ゼロ=空
自分の中にある色々なものをゼロ化(クリアリング)して空になり


幽霊のように見えない何か=エネルギー
自分と他とが同期(一体化)する。

 

日本語の持つ音は
様々な意味をなすけれども
このように”礼”一つとっても
かなり奥深い意味があることがわかった。

 

礼に始まり、礼に終わる。

 

これは私が剣道部だった頃
最初に教わったことだった。

 

礼を”禮”にまで昇華していくと
色々なことがまたわかってくるのかもしれない。

 

ちなみに”禮”は十八段階あり、
今回教わったのは正体禮法。

 

この”禮”をすることでかなりエネルギーが整い
ニュートラル化することができ、
さらには見えない領域にアクセスすることができるらしい。

 

まずはこの”禮”を意識的にしていこう。
どんな変化が訪れるのか楽しみである。

 

 

 

 

 

なんと!GWに初の出店☆

なんと!GWに初の出店☆

 

今年は5月1日の即位の令(剣璽等承継の儀・即位後朝見の儀)が行われるために
GWが10連休!!

 

その最終日にあたる5月6日(月)に
なんと私、イベント出店します!!

 

なにで出店するかって?

それはこちら↓

ゼリツィン®エリクサーです^^

 

実は最近、anemoneという雑誌にも取り上げられたのですよ☆

 

【花と宝石の精霊が働きかける神秘のエッセンス】

 

なんとも魅力的でしょ^^

 

これを発見した時の感動は
コチラに綴っております。

【好きが高じてまたまた新しいものを発見☆】

 

イベントでは
お一人お一人にセッションさせていただきます^^

 

 

【セッションの流れ】

①ヒアリング

②「宝石と花のカード」を使って、
自分に最も必要なエリクサーを選んでいただきます。

*カードの選び方によって。
表層意識と潜在意識のどちらにもアクセスでき、
現在・過去・未来におけるご自身の問題やテーマを明確にすることができます。

このカード、

”今のあなたのままで大丈夫”といった甘いタイプのものではなく、
ズバリ本質をつくメッセージが書かれており、
本当の意味での魂の変革をうながすカードになっています。

 

顕在意識レベルではなく
潜在意識や魂レベルでの整えや変革にアプローチするものなので
運気アップしたい方にはとてもオススメ☆

 

③このカードと対応するエリクサーボトルの波動を体感していただきます。

このボトルは
生きたままの花のエネルギーと
その最も相乗効果の高い宝石のエネルギーと組み合わせた
これまでにない高い癒やしの効果を実現した自然療法です。

 

ドイツでは自然療法士という国家資格があり
医師と同様に医療行為ができるのですが
それにも使われている効果の高いもの。

 

日本には2017年に上陸した新しいものなので
まだまだ、体験した方が少ないので
ぜひ、この機会に体験してみてください。

 

 

【運気アップフェスタ7】
5月6日(祝月)11時〜18時
1セッション2,000円/20分(予約優先)
場所:前橋市芸術文化れんが蔵
前橋市三河町一丁目16-27

 

当日は様々なセラピーも体験できますよ。

 

令和という新しい時代への移行期。
希望を胸に私達もより自分らしく生きる為に!
運気アップフェスタでお待ちしています

 

 

 

 

 

 

初体験!声が電波にのる、の巻

初体験!声が電波にのる、の巻

 

「ラジオにゲスト出演しませんか?」

 

そんな依頼があったのは
昨年末のことでした。

 

その時、
やったことがないという不安感よりも
どんな感じなのだろう?っていう好奇心のほうが断然大きくて
すぐにYES!を出したのでした。

 

 

で、気づけばあっという間に当日になり。
今更ながら、どうしよう?なんて焦るわたし。

 

私は昔から声にコンプレックスがあり
公共電波に私の声がのっちゃって大丈夫なの?なんて
思ったり。

 

頭の中が真っ白になったらどうしようー
カミカミで、何も話せなかったらどうしようー

 

なーんて思ったり。

 

やったことのないものをするって
やっぱり緊張しますね。

 

 

でも、そんな心配もどこへやら。

 

始まってしまえば
パーソナリティのみーこさんのナビゲートで
すぐにリラックスできました^^

 

 

fmGIG 夢かなステーション!
夢かな地域活性化の事務局長であり
自身も番組を持つ岡田美智子さんと3人で

 

30分番組を2本、収録。

 

 

みーこさんの

「いきあたりバッチリ!」言葉通り

 

ホント、なーんにも用意せずに臨んだものの

「えっ?もう終わったの??」

と思うくらい、楽しくてあっという間に終了しました。

 

 

すでに収録が終わった仲間のきよみちゃんと
3人でパチリ☆

 

 

このお二人とは2010年来の友人。

 

出会った時、
私は高校教員で
きよみちゃんは看護助手
みーこさんは幼稚園教諭

 

その頃と全員が違う道を選び
自ら起業し、それぞれの道で活躍している。

 

人生って何が起こるかわからないけれど
自分の足で歩んでいくからこそ面白いね、って

 

3人でご飯食べながら
色々な出来事を振り返ったりして。

 

住んでいるところも
やっている仕事もバラバラ。

 

でも、
共通の学びやマインドがあるからか
あるいはSNSなんかでその活躍をみたりしているからか
ひさしぶりの再会でも全く違和感がない。

 

お互いのやっていることを
応援しあえる仲間って宝だな、と。

 

みーこさんに
なんで私達を選んでくれたの?ってきいたら
こんな答えがかえってきた。
 

色々な人から”この番組に出たい!”ってオファーがくるのだけれど
私自身が大好きで、応援したいなって思う人だけにゲスト出演して頂いているの。

 

・・・素直にうれしい。

 

昔からご縁つなぎや応援を
惜しみないエネルギーで与えてくれる人。

 

事前にHPやBLOG、SNSなんかをチェックして
出演者の人となり、やっていることを頭に入れておくのだそう。

 

今回、私は6月1日からの水輪リトリートの話を
たっぷりさせていただいたのですが

 

それもHPをしっかりチェックしてくれていたからなのだなぁと
あとから気づいて。

 

本当にありがたく、感謝しきりなのです。

 

 

 

さてさて
肝心の放送について。
インターネットラジオですので、世界中のどこからでも聞くことができます。

 

きよみちゃんの放送は
5月5日、12日

私の放送は
5月19日、26日で

 

いずれも日本時間の20時からの30分番組です。
下のURLからお聞きいただけます。

 

fm GIG 夢かな東京ステーション
「佐藤みふゆのHappy World」
http://www.fm-gig.net/top.html

 

 

自分の声ってなかなか聞く機会もないので、
どんな風なのか…今からドキドキ。

よかったら、日曜の夜に
ご自宅でくつろぎながらお聞きください^^

 

 

 

 

 

あなたの知らない世界

あなたの知らない世界

 

週末、銀座に行ってきました。

私が大好きなギンザベルエトワールさんへ。

 

毎年4月は大創業祭にて
顧客に宝石(ルース)が当たるというイベントがあり。
(しかも来場者全員にプレゼント!)

 

今年も友人とともに福を頂いてまいりましたよ^^

 

↑ ズラッと並んだルース(裸石)
毎年、種類が変わるので何が当たるのか楽しみなのです。

 

今年はこちらが私の手元に↓

 

 

ただのムーンストーンではなく
ブルーが浮かび上がってくる幻想的な宝石。

 

それがロイヤルブルームーンストーンです。

 

月長石という和名を持ち
直感力と安らぎを授けるという効能あり。

 

↑ 岡本憲将著 講談社出版

宝石のエネルギー
〜自分に合った宝石の見つけ方〜 より

 

通常のフィッティングとは違い
運試し的なくじ引きで当たった宝石なのにも関わらず
左手のひらに乗せてみると
じんわりとエネルギーを体感できる。

 

不思議なご縁だなぁと思います。

 

 

人間はせいぜい100年という短い時間を生きますが
宝石は何億年という長い長い時を経て育まれる奇跡の産物。

 

そのエネルギーがギュッと凝縮した宝石は
私達に様々な恩恵をもたらし、
人生をプラスの方へと導く力が宿っています。

 

 

エネルギーとか言うと
一昔前だったら胡散臭い、そんな風に捉えられたであろうけれど

 

最近では
目には見えないエネルギーとか波動の話が
すんなりと受け入れられる世の中になってきました。

 

引き寄せの法則、などで
見えない世界とリアルが身近になってきたからかもしれませんね。

 

すべてのものには固有の周波数があり
エネルギーはそれを動かす力のもと。

 

同じ周波数は引き合い、送受信をするので
テレビのリモコン操作や携帯での電話なんかはそれを利用して
便利に使えるのですよね。

 

それと同じく
私達はいろいろな波動を放っていて
例えば、カラダの調子が悪い時と良い時では
放つものが変わってきます。

 

楽しい!とかゴキゲン♪のときと
イライラしたり、ムカついたりしているときでは
放つものが変わってきます。

 

これって日常でもわかりますよね。
調子が悪そうだね、大丈夫?とか
あ、あの人機嫌が悪いみたいだから近づかないでおこう・・・とか。

逆に
いつも元気でいいな!とか
あの人なんだか楽しそう♪とか。

 

そういうわかりやすい波動を放っているかと思えば

 

実はもっとその奥深くに
クリアするべき課題があったりします。

 

思い込みだとか
魂的な業だったりとか
潜在的なカラダの不具合とか

 

いつもエネルギーで満ち溢れていたら
そういう見えない部分での周波数も高いので
調子はいいのですが

 

一時的、あるいは慢性的に本来の周波数よりも
ダウンしているケースがあります。

 

それを通常の周波数にあげましょうね、とか
エネルギーをチャージしましょうね、とかいうのが
宝石の本来の役割なのですよね。

 

つまり、宝石は
体・心・魂にエネルギーチャージし
本来の周波数に引き上げ、人を輝かせる働きがあります。

 

ついでに言うと
外部からのエネルギーを敏感にキャッチしてしまう人には
プロテクトの役割をする石や
運気というものを一気にあげてくれる役割の石もあります。

 

 

私達は誰もが

 

いい人生を送りたい。
そのために
自分を成長させて、人のお役に立てる人間になりたい。

 

そんな望みを持っていると思います。

 

人生のステージによって
その人が持つエネルギー量というものは違いますが
宝石はどのステージの人にも
必ずヒットするものがあり

 

人生をよりよくするために
今、集中的にこの部分を意識しようねって
教えてくれる便利なツールなのですよね。

 

 

しかも
自分に必要なものが
”体感”できる、というのが嬉しい。

 

エネルギーって目に見えないものだけれど
宝石は目に見えるエネルギー体そのもので。

 

言葉でいくら伝えても
きっと信じる、信じないの話になっちゃいますが
体感すると、
「あぁ、そうなんだな。」と納得しちゃうのですよね。

 

しかも、美しい。

 

美しいものは
それを見るだけでもかなりエネルギーがあがりますよね。

 

 

一つ一つの宝石に
ストーリーがあり、役割がある。

 

宝石の知られざる世界を教えてもらえる機会が
この週末、あるのです。

 

ギンザベルエトワール銀座本店の店長による
【プロが語る宝石の新常識セミナー】

 

宝石はお金持ちが持つもので
私には縁遠いわ、と思う方は
きっと”宝石は高価なモノ”という概念をお持ちなのだと思います。

 

が!

 

そんな既存の概念をひっくり返すものになります。

 

確かに”モノ”ではあるけれども
自分を飾るアクセサリーとして考えているだけでは勿体無いのです。

 

自分を引き上げ、輝かせてくれる
美しくも最強の相棒。

 

本当の宝石の世界を覗いてみませんか?

 

 

4月20日(土)19時〜21時
ギンザベルエトワールvipサロン高崎にて。

 

 

 

 

 

初体験に自分の特性を省みる

 

先日、桐生でお茶会をした時に
うすいあきこさんのワークショップに近々参加したいなぁと思っていた。

 

ら、ちょうど伊香保の陶句郎GALLERYで個展をするというイベントが。
早速友人を誘って行ってきた。

 

ワークショップでは
色とりどりのスワロフスキーにうっとりと心を奪われ
どの色をどの大きさ、デザインで
どの配置にするのか、悩みに悩む。

 

ここで私がとった行動は
まず色を決めること。

 

黒いアームカバーの上に
色とりどりのスワロフスキーを並べていって
自分の好みの色を見つける。

 

スワロフスキー単体で見るのと
黒い生地に乗せて見るのでは全く印象が違うことに気づく。

 

その結果、クリスタルとブラックダイヤとアメジストの3色に決定。
次はデザインだ。

 

 

自慢じゃないが、絵心がない私。
なので、自由にデザインしていいよ、と言われると
かなり悩む(笑)

 

で、デザイン画や売っている商品を沢山観察。

 

情報がないものは
まずインプットすることから始めるんだなーと
後から思い返すと笑ってしまった。

 

観察した結果、

 

私は車を運転するのが好きで
ハンドル握る手を見た時に
キラっと光るスワロが見えたらテンション上がるなーとイメージできた。

 

それから
普段、ブレスレットとか時計とか
手首周りに何もつけないので
アームカバーでブレスレットを表現したらいいかも♪と思いつき・・・

 

そんなイメージでスワロフスキーを並べていった。

 

並べていくと
段々とこんな感じがいいかも、と完成図が見え始める。

 

やはり、頭で描くよりも
実際に並べながら、修正したり付け足したりするほうが
完成は早いな。

 

これもまた、私の特性かもしれない。

 

↑ スワロフスキーはピンセットで並べる。
かなり真剣!

 

途中、せっかく配置したスワロが
ふとした瞬間にあっさりと他のところに飛び散る惨事に何度も見舞われつつ(笑)

 

そして最後の仕上げの時に
ちょっと位置がずれちゃったスワロがあったりして
完璧ではないものの、作品完成。

 

世界に1つだけの私の作品。
やはり、愛し。

 

時間にしてたっぷり2時間はかかった。
これまた、予想どおり(笑)

 


 ↑ 光に当たると煌めくのがスワロフスキーの魅力♡

 

そもそも
私自身はあまりモノづくりが得意ではなく
特に細かい作業というものは避けて通ってきており。

 

今回は初めて自分でデザイン&スワロフスキーをとりつける、という体験をしたのだけれど
やってみると案外ハマる。

 

何事もやってみないとわからないのは何でも同じだな、と。

 

色々なことを今回のワークショップで
省みたのだった。

 

 

 

3月ももう終わり。春本番はもうすぐ!

 

宝石と同じく
スワロフスキーが煌めく手元を見る度に
心がトキメク季節。

 

このアームカバーは紫外線カット率99.96%とのこと。
これからの季節に大活躍間違いなし☆

 

ワークショップの本当のお楽しみは
これからなのである。

 

 

 

 

 

古の奈良〜旅への誘い〜

 

時々、
”呼ばれる場所”というものがある。

 

理由はわからないが、その名前を聞いた時にピン!ときたりする場所。
たいてい、そういう時は立て続けにその名前を目にしたり耳にしたりするもの。

 

そこに行きたい!と思っていて
そのアンテナが立っているから情報が入ってくる、という考えもできるのだが
とんとん拍子に決まるのはたいてい呼ばれている証拠だな、と感じる。

 

 

今回はある方の話をきっかけに
奈良の三輪山(みわやま)に登り、その地のエネルギーを感じたいと思っていたところ

 

大阪の神様カードマスターでもあり、神様にも精通している友人が案内してくれる、という流れになった。

 

その友達とここに行きたい、あそこにも行きたい♪と話していたら、すっごくワクワクしてきて。

これは私達だけで行くのは勿体無いなぁ、
ご縁ある方とご一緒したら、きっと色々な気付きがあったり、人生の変化が起こるんじゃないかな、という予感もしてきた。

 

 

そもそも、最初に大神神社(おおみわじんじゃ)にご縁をいただいたのは2017年の年始のことだった。

 

初参りで大混雑していたにも関わらず、とても気持ちの良い場所で
きっとまた来ることになるだろうな、と予感し
次に来る時は三輪山にも登拝する、と決めていたなぁと今更ながらに思い出す。

 

それがこんな早くに実現することになるとは・・・とっても嬉しい♪

 

三輪山は御神体そのものであり、
昔は神官や僧侶以外は入ることのできない禁足地だったが
現在では入山心得を守る者であれば登拝できるとのこと。
いい時代に生まれたなぁ。

 

円錐形の美しい三輪山を一歩一歩登っているうちに
おそらく心清められ、自然と背筋が伸びるのではないかな。

 

そうだ!
奥社へ参拝した時に場所を見つけて瞑想もしたいな。
グランディングした状態で瞑想&エネルギーワークしたら超絶気持ちいいだろうなぁ…
とすでにイメージング(笑)

 

 

三輪山登拝と大神神社、そしてその近くにある檜原神社(ひばらじんじゃ)にも参拝して天川村へと移動。

 

洞川温泉(どろがわおんせん)にてカラダの疲れをゆるりと癒やし、
地のものをたっぷりと味わい、湯上がりに温泉街を散策するのもまた楽しそう。

 

また、せっかくのスペシャルな土地なのだから
宿でワークショップやるのもいいな♪

 

温泉を堪能し、十二分にエネルギーチャージをした翌日は
こちらもやはりご縁がある方が訪れられると名高い天河神社へ。

 

 

五十鈴をまわし、その音色をカラダに響かせて心身ともに清らかに。

 

 

個人的には
いくむすび・たるむすび・たまめむすびという意味を持つ3つの鈴を初めて見た時に
いかなくっちゃ!って思ったのですよね。
3つの鈴→”みすず”だ!とww

 

この3つの意味は
魂の進化にとって重要な状態(みむすびの精神)をあらわしているとのこと。
心して鳴らすべし!ですね。

 

 

 

その後は近くの丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)へ。

 

 

以前、訪れた際に
手水舎で手を洗ったら、タンザナイトの指輪がピッカピカになって驚いたのです。

 

よくよく調べてみると
日本最古の水の神様・闇龗神(くらおかみのかみ)が祀られているとのこと。
昇竜のエネルギーを持つタンザナイトがピカピカになるのも頷けます^^

↑ 神馬のしろちゃん・くろちゃんもいるよ♪

 

こんな風に友人と旅の企画をしていたら、なんだかとってもワクワクしてきて。

 

せっかくならばご縁ある方とご一緒したいと思い、
奈良リトリートとして今回の企画を立ち上げることにしました。

 

上記の通り、1泊2日の短い旅ですが、とっても濃い内容となっています。

 

このタイミングでこのブログを読んでいるあなたは
きっと”ご縁がある方”であり
そのタイミングが来たということだと思います。
ぜひご一緒しましょう^^

 

初夏の6月。
新緑のエネルギー満ち溢れているこの季節。
きっと気持ちの良い2日間になることは間違いありません^^

 

 

【古の奈良】
〜神様とのご縁を結ぶ旅〜

6月11日(火)
9:30 大阪昭和町駅集合出発
大神神社〜三輪山登拝〜桧原神社〜洞川温泉あたらし屋旅館チェックイン〜エネルギーミニワークショップ〜

6月12日(水)
10:00チェックアウト
天河神社〜丹生川上神社下社〜橿原神宮〜神武天皇御陵
17:00 大阪昭和町駅解散

 

*雨天の場合、予定変更もあります。
*三輪山登拝の際は歩きやすい服装(通気性の良い長袖長ズボン)と歩きやすい運動靴(ぬかるみを歩いてもOKなもの)でお願いします。三輪山のお水を持って登りましょう♪水筒もあるとなお良いです^^
参加料金:35,000円(税別)
*宿代1泊2食付き+昭和町駅からの車代+各神社の案内+ワークショップ代が含まれています。

 

定員:5名(残席1名)
担当:ワークショップ:浅香美鈴/運転&ナビゲーター:永田佳奈

お申込みはこちらから。