環境に身をおくことで人は育つ

環境に身をおくことで人は育つ

 

人は環境で育つ、と言われるが
その環境に身を置くと育つ、というものもまた然りなのではないか、と思う。

 

 

毎年、必ず行く場所がある。
そこは本当に気持ちのいい場所で、カラダ感覚で感じる”氣”が違うのだ。

 

会社経営とかビジネスを学んでいると
必ず行き着く場所は人間性、とりわけリーダーの人柄だ。

 

そしてそのリーダーたる人物の想いが
どのくらい社員やスタッフに行き届いているのか。
ここが案外難しいところなのだと思う。

 

私も色々な社長と仲良くさせていただいているが
社長の熱と社員やスタッフの熱が同じくらい熱くて
一人ひとりが主役として働いている会社というものはとても少ない。

 

どうしたって
労働対価として賃金をもらっている従業員と雇用主の関係性から抜けづらいものがある。

 

 

でもここはどちらかというと、
お父さんとお母さんに育てられる家族のような関係性なのだ。

 

しかも、自立を信じて見守る両親の絶大なる愛の海で育てられる子どもたちは
いつの間にか自分の足で立ち、そして自分で物事を見極め、考え、行動していくようになる。
そしていつの間にか弟や妹の成長を助け、自身は自立し、やがて巣立っていく。

 

血縁関係はないのに
本当の家族のように全身全霊でみなが協力しあい、育っていく場所。

 

私は年に2度、そこを訪れるので
新しく家族になったスタッフと、
いつの間にか巣立っているスタッフとの両方を見ることができている。

 

その場所は社会に適応できずに、
悩んで引きこもって心を病んでいる者たちを自立支援する施設でもある。

 

最初は心の傷を癒やし、弱った体を休めるために訪れる休息の場所なのだが
そこでたっぷりと休むと心身共にチャージされ、動けるだけのエネルギーが充満されると
かつての意欲が取り戻される。

 

与えられた仕事に今ここ全てを詰め込んで
一所懸命に取り組んでいるうちに段々とできることが増えていく。

 

そうやって少しずつ自信を取り戻していくと、
対人恐怖症だったものが
だんだんと他人とのコミュニケーションにも慣れ、笑顔をとりもどしていく。

 

4年前にいたスタッフもかなり巣立っていき、
メンバーの入れ替えも多々あるのだが
不思議なことにそこに流れる雰囲気というものは変わらない。

 

それはひとえにオーナーの想い、
その組織の目指す方向に一寸のブレもないからなのだ。

 

 

人は環境で育つ、というのは一理ある。

 

が、

 

そのような志がある環境に身を置くから
人は育つのだ、と思うのだ。

 

 

昨年は能面のように表情がなかったスタッフが
今年は清々しい笑顔で出迎えてくれる。

 

話しかけても自信がなさそうに目を合わせなかったスタッフが
今年は積極的に話しかけてくる。

 

先輩におんぶにだっこで
指示を聞かなければ動けなかったスタッフが
今では後輩に指示を出している。

 

小さな変化かもしれないが
その積み重ねがやがて自信となり、大きな成長へと繋がっていく。

 

一所懸命に働くスタッフから
いつも大きな気付きと学びを頂いている場所。
私自身、リセット&スタートしにいくのが長野の水輪という場所なのだ。

 

 

募集開始!

本当の自分に出逢う旅〜2019初夏〜

 

 

 

 

 

古の奈良〜旅への誘い〜

 

時々、
”呼ばれる場所”というものがある。

 

理由はわからないが、その名前を聞いた時にピン!ときたりする場所。
たいてい、そういう時は立て続けにその名前を目にしたり耳にしたりするもの。

 

そこに行きたい!と思っていて
そのアンテナが立っているから情報が入ってくる、という考えもできるのだが
とんとん拍子に決まるのはたいてい呼ばれている証拠だな、と感じる。

 

 

今回はある方の話をきっかけに
奈良の三輪山(みわやま)に登り、その地のエネルギーを感じたいと思っていたところ

 

大阪の神様カードマスターでもあり、神様にも精通している友人が案内してくれる、という流れになった。

 

その友達とここに行きたい、あそこにも行きたい♪と話していたら、すっごくワクワクしてきて。

これは私達だけで行くのは勿体無いなぁ、
ご縁ある方とご一緒したら、きっと色々な気付きがあったり、人生の変化が起こるんじゃないかな、という予感もしてきた。

 

 

そもそも、最初に大神神社(おおみわじんじゃ)にご縁をいただいたのは2017年の年始のことだった。

 

初参りで大混雑していたにも関わらず、とても気持ちの良い場所で
きっとまた来ることになるだろうな、と予感し
次に来る時は三輪山にも登拝する、と決めていたなぁと今更ながらに思い出す。

 

それがこんな早くに実現することになるとは・・・とっても嬉しい♪

 

三輪山は御神体そのものであり、
昔は神官や僧侶以外は入ることのできない禁足地だったが
現在では入山心得を守る者であれば登拝できるとのこと。
いい時代に生まれたなぁ。

 

円錐形の美しい三輪山を一歩一歩登っているうちに
おそらく心清められ、自然と背筋が伸びるのではないかな。

 

そうだ!
奥社へ参拝した時に場所を見つけて瞑想もしたいな。
グランディングした状態で瞑想&エネルギーワークしたら超絶気持ちいいだろうなぁ…
とすでにイメージング(笑)

 

 

三輪山登拝と大神神社、そしてその近くにある檜原神社(ひばらじんじゃ)にも参拝して天川村へと移動。

 

洞川温泉(どろがわおんせん)にてカラダの疲れをゆるりと癒やし、
地のものをたっぷりと味わい、湯上がりに温泉街を散策するのもまた楽しそう。

 

また、せっかくのスペシャルな土地なのだから
宿でワークショップやるのもいいな♪

 

温泉を堪能し、十二分にエネルギーチャージをした翌日は
こちらもやはりご縁がある方が訪れられると名高い天河神社へ。

 

 

五十鈴をまわし、その音色をカラダに響かせて心身ともに清らかに。

 

 

個人的には
いくむすび・たるむすび・たまめむすびという意味を持つ3つの鈴を初めて見た時に
いかなくっちゃ!って思ったのですよね。
3つの鈴→”みすず”だ!とww

 

この3つの意味は
魂の進化にとって重要な状態(みむすびの精神)をあらわしているとのこと。
心して鳴らすべし!ですね。

 

 

 

その後は近くの丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)へ。

 

 

以前、訪れた際に
手水舎で手を洗ったら、タンザナイトの指輪がピッカピカになって驚いたのです。

 

よくよく調べてみると
日本最古の水の神様・闇龗神(くらおかみのかみ)が祀られているとのこと。
昇竜のエネルギーを持つタンザナイトがピカピカになるのも頷けます^^

↑ 神馬のしろちゃん・くろちゃんもいるよ♪

 

こんな風に友人と旅の企画をしていたら、なんだかとってもワクワクしてきて。

 

せっかくならばご縁ある方とご一緒したいと思い、
奈良リトリートとして今回の企画を立ち上げることにしました。

 

上記の通り、1泊2日の短い旅ですが、とっても濃い内容となっています。

 

このタイミングでこのブログを読んでいるあなたは
きっと”ご縁がある方”であり
そのタイミングが来たということだと思います。
ぜひご一緒しましょう^^

 

初夏の6月。
新緑のエネルギー満ち溢れているこの季節。
きっと気持ちの良い2日間になることは間違いありません^^

 

 

【古の奈良】
〜神様とのご縁を結ぶ旅〜

6月11日(火)
9:30 大阪昭和町駅集合出発
大神神社〜三輪山登拝〜檜原神社〜洞川温泉あたらし屋旅館チェックイン〜エネルギーミニワークショップ〜

6月12日(水)
10:00チェックアウト
天河神社〜丹生川上神社下社〜お楽しみアラカルト〜
17:00 大阪昭和町駅解散

 

*雨天の場合、予定変更もあります。
*三輪山登拝の際は歩きやすい服装(通気性の良い長袖長ズボン)と歩きやすい運動靴(ぬかるみを歩いてもOKなもの)でお願いします。三輪山のお水を持って登りましょう♪水筒もあるとなお良いです^^
参加料金:35,000円(税別)
*宿代1泊2食付き+昭和町駅からの車代+各神社の案内+ワークショップ代が含まれています。

 

定員:5名(残席4名)
担当:ワークショップ:浅香美鈴/運転&ナビゲーター:永田佳奈

お申込みはこちらから。