四半世紀ぶりの再会から

四半世紀ぶりの再会から

 

ご縁をいただいて
コミュニケーションの講師を務めてきました。

 

今回はなんと!
中学校の同級生からのお声がけ。
再会は四半世紀ぶり?!

 

覚えてくれているだけでも嬉しいのに
こうしてお仕事もつないでいただけるなんて
本当にありがたいです。

 

今回は
雪印メグミルクの販社である、経営者たちの集い。
群馬・栃木・新潟・埼玉からお越しいただきました。

 

経営者はほとんどが男性。
しかし、販社にお勤めするスタッフは女性が多く
お客様も女性。

 

異性に対するコミュニケーションを
より円滑にするにはどうしたらいいのか、というご依頼でした。

 

 

コミュニケーションって奥が深く
一回の講座では完全に網羅することができないので
今回はギュギュッと凝縮バージョンで。

 

・ゴール決定の本当の意義

・人はそれぞれのフィルターを持っていて
それぞれが正解であること。

・伝えることと伝わることは違う。

・3つの”きく”

・聴き上手がモテる理由

・言葉のチカラ

・承認される喜び

・男性性と女性性の違い

・在り方が大事

 

これらを質問やワークを通して
腑に落としていただきました^^
特に今回のテーマである異性とのコミュニケーションギャップについては
なんとなく、わかっているようで本当の意味でわかっておらず。

 

ついつい、自分と同じように考えてしまうのですよね。

 

だから難しい、とか
苦手、と感じてしまう。

 

 

そもそも男性性と女性性では
コミュニケーションにおける目的、つまりゴールが違う。

 

なので、その違いを知っておくと
誤解やスレ違いが少なくて済むのです。

 

ポイントは
男性と女性、ではなく
男性性と女性性の違い。

 

中学生の時
このことを知っていたら・・・

 

女の子たちとの関係が
もうちょっと心地よいものであったのにな、と思います。

 

コミュニケーションや人間関係を築くためのパターンが
彼女たちは女性性が強く
私は男性性が強くでていたからなのだな、と。

 

なので、その頃の私は
男子と話すほうが気楽で楽しく。
それが彼女たちのムカつきの原因の1つになっていたことに
当時の私に教えたい(笑)

 

まぁ、色々な経験があって
学び、成長していくので
今となってはありがたい体験でした^^

 

何にせよ、人間関係を築くのに
必要不可欠なのがコミュニケーション。

 

その手段を使って
どんな関係性を作りたいのか、という意図を持つこと。

 

こちらが大切です^^

 

コミュニケーションとは
”人”を知るための手段。

 

その”人”とは
当然、自分も入ります。

 

他人とのコミュニケーションの前に
自分とのコミュニケーションがとれているかどうか。

 

日頃から意識したいところです。

 

それにしても四半世紀ぶりの再会。
私がやっていることも知ってもらえて
嬉しかったなぁ。

 

ご縁に感謝☆