サーカスの象になっていないか?

サーカスの象になっていないか?

 

サーカスの象は小さい頃、足に縄を縛り付けられ、
その縄は太い杭で頑丈にくくりつけられている。

 

どんなに逃げようとしてもその杭は外れず、痛い思いをして結局逃げられない。
そんな風に縛り付けられているうちに象はいつしか逃げることを諦めてしまう。

 

時が経ち、大きく成長して、力強くなった象。
今はどのくらいの大きさの杭に縛り付けられているだろうか?

 

 

答えは小さい頃と同じ大きさの杭。
今の象の大きさや力強さならば、簡単に引き抜ける状態なのに
なぜ、逃げないのか。

 

 

それは小さい頃に学習してしまったからだ。
あるいは諦めてしまったからだ。

 

「自分には無理。できない。
昔できなかった。だから今もできないはず。そしてこれからも…。」

 

小さい頃にできなかったことが
大人になってもできないってこと、私達にもあるのではないか。

 

でも事実は?
案外、サーカスの象と同じことなのかもしれない。

 

客観的にみたら
誰もがこの杭を抜けるよ、と知っている。

 

自分以外は。

 

諦める前に
もう一度問い直してみよう。

 

本当にできないのだろうか?
それって本当?

 

答えは
やってみればわかる。

 

案外、自分のことをみくびっている人は
多いかもしれない。

 

 

何かを諦めそうになった時
できっこない、って思っちゃった時

 

こう問いかけてみよう。

 

そんなもんじゃないだろ?って。