平成最後の・・・

平成最後の・・・

 

週末は月に1度続けている写経をしてきました。

 

よく見ると
最初の方の字がかすれているのですが・・・

前回の写仏のときに
筆がもうそろそろ寿命を迎えるなぁと感じていたのですよね。

 

最初の一文字を書いてみたら
案の定・・・

 

最初に写経を教えてもらった時に
唯一のルールとして
一文字書くのに墨を付け足さない、というのがあって。

最初の”摩”の字が最期までかけるのか?とヒヤヒヤ。

 

それでもようやっとの思いで
一文字書き上げられて。

 

その時に初めて
筆について意識が向いたのでした。

 

筆は普段、何気なく使っている道具ではあるけれども
それがなかったら文字は書けないわけで。

 

そう考えると
ありがたいなぁと感謝が湧いてきました。

 

と、同時に
この筆は自身の役目をきっちり果たしているわけで
それは最期まで全うすべきだ。
私はその手伝いをしよう、と

 

この筆との共同作業を開始したのでした。

 

どのようにしたら
一文字をかすれずに書くことができるか。

 

どのようにしたら
細くなってしまっている筆先で
通常通りの文字が書けるか。

 

この筆が気持ち良いように
紙面を滑らせるにはどうしたらいいか・・・

 

 

こんなことを考えながら
一文字一文字を積み重ねていったのですね。

 

そのうち
なんだか涙が出てしまって。

 

筆を通して
自分の生き様や在り方を
考えさせられました。

 

筆は文字を紙に書くための役目がある。
では私の役目って何だろう?

 

筆は自分の役目のシゴトを全うしているが
私は自分を全うしているのだろうか?

 

またこんなことを思い出しました。

 

毎週、早朝から経営者が集まる勉強の中で

物はこれを生かす人に集まる

という教えがあるのですね。

 

物はこれを愛する人によって産み出され
これを大切にする人のために働き、
これを生かす人に集まってくる。
すべて生きているからである。

 

私は私のところにきている物を
生かしてあげられているだろうか、という自問にも繋がり

私のところにきたばかりに
本当の役目、価値を発揮できていないモノがあるんじゃなかろうか…
なんて思いにもなり。

そう思うと
生かすどころか
沢山使ってないものがあるなぁ、と。

そんな風に考えると
生かして使えるモノというのは
ごく僅かなのかもしれないですね。

 

今回、筆と共同作業をしながら
般若心経を書き上げたのですが

不思議なことに
後半になるにつれ、
筆がどんどん元気になっていったのですよ。

書けば書くほど、
その本来の力を発揮するような感覚。

 

あぁ、なるほど
やはりこの筆も生きているんだなぁと
教わった感じです。

 

意識を向けると
命が宿る。

 

そんな体験をさせてもらった時間でした。

 

↑ この筆は
写経の先生に鎌倉の長谷寺に納めていただき、その任を解かれます。

 

最期まで役目を果たしてくれて
ありがとう。

自然と感謝が湧き上がってきました。

 

そして気づけば平成最後の写経。

 

平成という時代にも

ありがとう。

 

 

 

 

 

なんと!GWに初の出店☆

なんと!GWに初の出店☆

 

今年は5月1日の即位の令(剣璽等承継の儀・即位後朝見の儀)が行われるために
GWが10連休!!

 

その最終日にあたる5月6日(月)に
なんと私、イベント出店します!!

 

なにで出店するかって?

それはこちら↓

ゼリツィン®エリクサーです^^

 

実は最近、anemoneという雑誌にも取り上げられたのですよ☆

 

【花と宝石の精霊が働きかける神秘のエッセンス】

 

なんとも魅力的でしょ^^

 

これを発見した時の感動は
コチラに綴っております。

【好きが高じてまたまた新しいものを発見☆】

 

イベントでは
お一人お一人にセッションさせていただきます^^

 

 

【セッションの流れ】

①ヒアリング

②「宝石と花のカード」を使って、
自分に最も必要なエリクサーを選んでいただきます。

*カードの選び方によって。
表層意識と潜在意識のどちらにもアクセスでき、
現在・過去・未来におけるご自身の問題やテーマを明確にすることができます。

このカード、

”今のあなたのままで大丈夫”といった甘いタイプのものではなく、
ズバリ本質をつくメッセージが書かれており、
本当の意味での魂の変革をうながすカードになっています。

 

顕在意識レベルではなく
潜在意識や魂レベルでの整えや変革にアプローチするものなので
運気アップしたい方にはとてもオススメ☆

 

③このカードと対応するエリクサーボトルの波動を体感していただきます。

このボトルは
生きたままの花のエネルギーと
その最も相乗効果の高い宝石のエネルギーと組み合わせた
これまでにない高い癒やしの効果を実現した自然療法です。

 

ドイツでは自然療法士という国家資格があり
医師と同様に医療行為ができるのですが
それにも使われている効果の高いもの。

 

日本には2017年に上陸した新しいものなので
まだまだ、体験した方が少ないので
ぜひ、この機会に体験してみてください。

 

 

【運気アップフェスタ7】
5月6日(祝月)11時〜18時
1セッション2,000円/20分(予約優先)
場所:前橋市芸術文化れんが蔵
前橋市三河町一丁目16-27

 

当日は様々なセラピーも体験できますよ。

 

令和という新しい時代への移行期。
希望を胸に私達もより自分らしく生きる為に!
運気アップフェスタでお待ちしています

 

 

 

 

 

 

初体験!声が電波にのる、の巻

初体験!声が電波にのる、の巻

 

「ラジオにゲスト出演しませんか?」

 

そんな依頼があったのは
昨年末のことでした。

 

その時、
やったことがないという不安感よりも
どんな感じなのだろう?っていう好奇心のほうが断然大きくて
すぐにYES!を出したのでした。

 

 

で、気づけばあっという間に当日になり。
今更ながら、どうしよう?なんて焦るわたし。

 

私は昔から声にコンプレックスがあり
公共電波に私の声がのっちゃって大丈夫なの?なんて
思ったり。

 

頭の中が真っ白になったらどうしようー
カミカミで、何も話せなかったらどうしようー

 

なーんて思ったり。

 

やったことのないものをするって
やっぱり緊張しますね。

 

 

でも、そんな心配もどこへやら。

 

始まってしまえば
パーソナリティのみーこさんのナビゲートで
すぐにリラックスできました^^

 

 

fmGIG 夢かなステーション!
夢かな地域活性化の事務局長であり
自身も番組を持つ岡田美智子さんと3人で

 

30分番組を2本、収録。

 

 

みーこさんの

「いきあたりバッチリ!」言葉通り

 

ホント、なーんにも用意せずに臨んだものの

「えっ?もう終わったの??」

と思うくらい、楽しくてあっという間に終了しました。

 

 

すでに収録が終わった仲間のきよみちゃんと
3人でパチリ☆

 

 

このお二人とは2010年来の友人。

 

出会った時、
私は高校教員で
きよみちゃんは看護助手
みーこさんは幼稚園教諭

 

その頃と全員が違う道を選び
自ら起業し、それぞれの道で活躍している。

 

人生って何が起こるかわからないけれど
自分の足で歩んでいくからこそ面白いね、って

 

3人でご飯食べながら
色々な出来事を振り返ったりして。

 

住んでいるところも
やっている仕事もバラバラ。

 

でも、
共通の学びやマインドがあるからか
あるいはSNSなんかでその活躍をみたりしているからか
ひさしぶりの再会でも全く違和感がない。

 

お互いのやっていることを
応援しあえる仲間って宝だな、と。

 

みーこさんに
なんで私達を選んでくれたの?ってきいたら
こんな答えがかえってきた。
 

色々な人から”この番組に出たい!”ってオファーがくるのだけれど
私自身が大好きで、応援したいなって思う人だけにゲスト出演して頂いているの。

 

・・・素直にうれしい。

 

昔からご縁つなぎや応援を
惜しみないエネルギーで与えてくれる人。

 

事前にHPやBLOG、SNSなんかをチェックして
出演者の人となり、やっていることを頭に入れておくのだそう。

 

今回、私は6月1日からの水輪リトリートの話を
たっぷりさせていただいたのですが

 

それもHPをしっかりチェックしてくれていたからなのだなぁと
あとから気づいて。

 

本当にありがたく、感謝しきりなのです。

 

 

 

さてさて
肝心の放送について。
インターネットラジオですので、世界中のどこからでも聞くことができます。

 

きよみちゃんの放送は
5月5日、12日

私の放送は
5月19日、26日で

 

いずれも日本時間の20時からの30分番組です。
下のURLからお聞きいただけます。

 

fm GIG 夢かな東京ステーション
「佐藤みふゆのHappy World」
http://www.fm-gig.net/top.html

 

 

自分の声ってなかなか聞く機会もないので、
どんな風なのか…今からドキドキ。

よかったら、日曜の夜に
ご自宅でくつろぎながらお聞きください^^

 

 

 

 

 

あなたの知らない世界

あなたの知らない世界

 

週末、銀座に行ってきました。

私が大好きなギンザベルエトワールさんへ。

 

毎年4月は大創業祭にて
顧客に宝石(ルース)が当たるというイベントがあり。
(しかも来場者全員にプレゼント!)

 

今年も友人とともに福を頂いてまいりましたよ^^

 

↑ ズラッと並んだルース(裸石)
毎年、種類が変わるので何が当たるのか楽しみなのです。

 

今年はこちらが私の手元に↓

 

 

ただのムーンストーンではなく
ブルーが浮かび上がってくる幻想的な宝石。

 

それがロイヤルブルームーンストーンです。

 

月長石という和名を持ち
直感力と安らぎを授けるという効能あり。

 

↑ 岡本憲将著 講談社出版

宝石のエネルギー
〜自分に合った宝石の見つけ方〜 より

 

通常のフィッティングとは違い
運試し的なくじ引きで当たった宝石なのにも関わらず
左手のひらに乗せてみると
じんわりとエネルギーを体感できる。

 

不思議なご縁だなぁと思います。

 

 

人間はせいぜい100年という短い時間を生きますが
宝石は何億年という長い長い時を経て育まれる奇跡の産物。

 

そのエネルギーがギュッと凝縮した宝石は
私達に様々な恩恵をもたらし、
人生をプラスの方へと導く力が宿っています。

 

 

エネルギーとか言うと
一昔前だったら胡散臭い、そんな風に捉えられたであろうけれど

 

最近では
目には見えないエネルギーとか波動の話が
すんなりと受け入れられる世の中になってきました。

 

引き寄せの法則、などで
見えない世界とリアルが身近になってきたからかもしれませんね。

 

すべてのものには固有の周波数があり
エネルギーはそれを動かす力のもと。

 

同じ周波数は引き合い、送受信をするので
テレビのリモコン操作や携帯での電話なんかはそれを利用して
便利に使えるのですよね。

 

それと同じく
私達はいろいろな波動を放っていて
例えば、カラダの調子が悪い時と良い時では
放つものが変わってきます。

 

楽しい!とかゴキゲン♪のときと
イライラしたり、ムカついたりしているときでは
放つものが変わってきます。

 

これって日常でもわかりますよね。
調子が悪そうだね、大丈夫?とか
あ、あの人機嫌が悪いみたいだから近づかないでおこう・・・とか。

逆に
いつも元気でいいな!とか
あの人なんだか楽しそう♪とか。

 

そういうわかりやすい波動を放っているかと思えば

 

実はもっとその奥深くに
クリアするべき課題があったりします。

 

思い込みだとか
魂的な業だったりとか
潜在的なカラダの不具合とか

 

いつもエネルギーで満ち溢れていたら
そういう見えない部分での周波数も高いので
調子はいいのですが

 

一時的、あるいは慢性的に本来の周波数よりも
ダウンしているケースがあります。

 

それを通常の周波数にあげましょうね、とか
エネルギーをチャージしましょうね、とかいうのが
宝石の本来の役割なのですよね。

 

つまり、宝石は
体・心・魂にエネルギーチャージし
本来の周波数に引き上げ、人を輝かせる働きがあります。

 

ついでに言うと
外部からのエネルギーを敏感にキャッチしてしまう人には
プロテクトの役割をする石や
運気というものを一気にあげてくれる役割の石もあります。

 

 

私達は誰もが

 

いい人生を送りたい。
そのために
自分を成長させて、人のお役に立てる人間になりたい。

 

そんな望みを持っていると思います。

 

人生のステージによって
その人が持つエネルギー量というものは違いますが
宝石はどのステージの人にも
必ずヒットするものがあり

 

人生をよりよくするために
今、集中的にこの部分を意識しようねって
教えてくれる便利なツールなのですよね。

 

 

しかも
自分に必要なものが
”体感”できる、というのが嬉しい。

 

エネルギーって目に見えないものだけれど
宝石は目に見えるエネルギー体そのもので。

 

言葉でいくら伝えても
きっと信じる、信じないの話になっちゃいますが
体感すると、
「あぁ、そうなんだな。」と納得しちゃうのですよね。

 

しかも、美しい。

 

美しいものは
それを見るだけでもかなりエネルギーがあがりますよね。

 

 

一つ一つの宝石に
ストーリーがあり、役割がある。

 

宝石の知られざる世界を教えてもらえる機会が
この週末、あるのです。

 

ギンザベルエトワール銀座本店の店長による
【プロが語る宝石の新常識セミナー】

 

宝石はお金持ちが持つもので
私には縁遠いわ、と思う方は
きっと”宝石は高価なモノ”という概念をお持ちなのだと思います。

 

が!

 

そんな既存の概念をひっくり返すものになります。

 

確かに”モノ”ではあるけれども
自分を飾るアクセサリーとして考えているだけでは勿体無いのです。

 

自分を引き上げ、輝かせてくれる
美しくも最強の相棒。

 

本当の宝石の世界を覗いてみませんか?

 

 

4月20日(土)19時〜21時
ギンザベルエトワールvipサロン高崎にて。

 

 

 

 

 

募集開始!本当の自分に出逢う旅〜2019初夏〜

募集開始!本当の自分に出逢う旅〜2019初夏〜

 

どうして水輪なのか?

 

最初に訪れたのが2016年。
以来、毎年帰りたくなる場所がここ、水輪です。

 

自然豊かな高原の中にあるこの場所は
空気がとても澄んでいて
いつのまにか自然と深呼吸をしている自分に気がつきます。

 

高原が育んだ美しい水が
木々や花々、野菜や果物を育み、

植物や動物、虫たちの
息遣いと生命の循環を感じる場所。

 

風のざわめきと花々のにおい。
太陽の力強い光や
見上げるとびっくりするくらい近い雲と
数えきれないほどの夜空の星たち。

 

 

その場にいるだけで
どんどん自分の中にあった滞ったものや不要なものが解き放たれて
自分の素にもどっていくのを感じます。

 

 

エネルギーが静かに静かに
自分の中に染み渡っていくような心地よい感覚。

 

その感覚の中で
自分は何を感じ、何を求め、どう生きたいのか。

 

そうやって自分との対話が始まります。

 

本当の自分に出逢うとは
本来の自分に還る、という感覚に近いのかもしれません。

 

 

日常の喧騒の中で
いくら
自分の生き方や在り方を考えても
なかなか答えは出てこないものです。

 

素の自分に戻るからこそ、本質的な答えが引き出される。

 

2016年の私自身がまさにそうでした。

 

 

なぜ、この場所なのか。

 

そんなことをここ最近、ずっと考えていたのですが
その答えがようやく出ました。

 

この場所は聖地であることにも加え、
敷地内の細部にわたってエネルギーが満ち満ちているのです。

 

 

面積五丁部にもわたる完全自然農法の畑しかり
建築医学の立場から設計された自然素材でできた建物しかり
朝採り野菜をたっぷり使った滋味豊かな食事しかり

 

そこで働くスタッフたちの意識が隅々にまで行き届いていて。

 

一つひとつ
「今ここに集中する」というマインドフルな状態で
スタッフが一所懸命に手仕事を行っているからこそ、
エネルギーが高く保たれているのだと合点がいきました。

 

 

その場所に身を委ねること。

それは自分自身のエネルギーチャージとともに
心の澱塵を流し、防御に必要だった鎧も脱ぎ去って
素の自分に還れるのだな、と。

 

素の自分に還ると
自然と自分との対話が深まり、再び自分と繋がっていく。

 

参加したメンバー全員がその状態になるからこそ
お互いに本音で対話することが始まります。

 

 

分離していた体と心が一体化し
思考と感情が一体化し
自分と他者とを分けていたものが一体化し・・・

 

そうなってくると
受け取れるものも沢山あるのだな、と。

 

その証拠に
水輪で本来の自分に戻った人たちは
そこから変化変容を遂げていきます。

 

リトリートの最中も
どんどん内側からの光を放っていく姿が見えますが
日常に帰ってからの変化変容は素晴らしくて。

 

そんな姿を見せていただけることに
とてもしあわせを感じます。

 

「あの水輪リトリートがきっかけです。」と
その後の変化を報告してくれるメンバーが多いのです。

 

また、その場に集ったメンバー達の繋がりが
帰ってからもずっと続いていることも嬉しく。

 

だから私は
そんな場を創りたくて、
毎年このリトリートを水輪でやっているのだなって
再確認したのでした。

 

 

今年は6月1日(土)〜3日(月)の日程で開催します。
前回の内容はコチラを。

 

 

ご縁ある方に届きますように。

 

 

募集開始!
↓ ↓ ↓

本当の自分に出逢う旅

〜水輪リトリートProgram 2019初夏〜

 

 

 

 

 

 

環境に身をおくことで人は育つ

環境に身をおくことで人は育つ

 

人は環境で育つ、と言われるが
その環境に身を置くと育つ、というものもまた然りなのではないか、と思う。

 

 

毎年、必ず行く場所がある。
そこは本当に気持ちのいい場所で、カラダ感覚で感じる”氣”が違うのだ。

 

会社経営とかビジネスを学んでいると
必ず行き着く場所は人間性、とりわけリーダーの人柄だ。

 

そしてそのリーダーたる人物の想いが
どのくらい社員やスタッフに行き届いているのか。
ここが案外難しいところなのだと思う。

 

私も色々な社長と仲良くさせていただいているが
社長の熱と社員やスタッフの熱が同じくらい熱くて
一人ひとりが主役として働いている会社というものはとても少ない。

 

どうしたって
労働対価として賃金をもらっている従業員と雇用主の関係性から抜けづらいものがある。

 

 

でもここはどちらかというと、
お父さんとお母さんに育てられる家族のような関係性なのだ。

 

しかも、自立を信じて見守る両親の絶大なる愛の海で育てられる子どもたちは
いつの間にか自分の足で立ち、そして自分で物事を見極め、考え、行動していくようになる。
そしていつの間にか弟や妹の成長を助け、自身は自立し、やがて巣立っていく。

 

血縁関係はないのに
本当の家族のように全身全霊でみなが協力しあい、育っていく場所。

 

私は年に2度、そこを訪れるので
新しく家族になったスタッフと、
いつの間にか巣立っているスタッフとの両方を見ることができている。

 

その場所は社会に適応できずに、
悩んで引きこもって心を病んでいる者たちを自立支援する施設でもある。

 

最初は心の傷を癒やし、弱った体を休めるために訪れる休息の場所なのだが
そこでたっぷりと休むと心身共にチャージされ、動けるだけのエネルギーが充満されると
かつての意欲が取り戻される。

 

与えられた仕事に今ここ全てを詰め込んで
一所懸命に取り組んでいるうちに段々とできることが増えていく。

 

そうやって少しずつ自信を取り戻していくと、
対人恐怖症だったものが
だんだんと他人とのコミュニケーションにも慣れ、笑顔をとりもどしていく。

 

4年前にいたスタッフもかなり巣立っていき、
メンバーの入れ替えも多々あるのだが
不思議なことにそこに流れる雰囲気というものは変わらない。

 

それはひとえにオーナーの想い、
その組織の目指す方向に一寸のブレもないからなのだ。

 

 

人は環境で育つ、というのは一理ある。

 

が、

 

そのような志がある環境に身を置くから
人は育つのだ、と思うのだ。

 

 

昨年は能面のように表情がなかったスタッフが
今年は清々しい笑顔で出迎えてくれる。

 

話しかけても自信がなさそうに目を合わせなかったスタッフが
今年は積極的に話しかけてくる。

 

先輩におんぶにだっこで
指示を聞かなければ動けなかったスタッフが
今では後輩に指示を出している。

 

小さな変化かもしれないが
その積み重ねがやがて自信となり、大きな成長へと繋がっていく。

 

一所懸命に働くスタッフから
いつも大きな気付きと学びを頂いている場所。
私自身、リセット&スタートしにいくのが長野の水輪という場所なのだ。

 

 

募集開始!

本当の自分に出逢う旅〜2019初夏〜

 

 

 

 

 

新元号は〜令和〜

新元号は〜令和〜

 

今日から4月。
新しい年度が始まりましたね。

しかも新しい元号が発表されました!

 

【令和】〜れいわ〜

 

この元号が使われるのは1ヶ月後の5月1日から。
天皇が即位され、いよいよ新しい時代の幕開けです。

 

天皇の在位によって区分された時代の変遷。

 

昭和から平成になった時
私はちょうど大学受験の真っ只中であったことを思い出します。
その時は全然”平成”に込められた意味も知らなかったのですが

 

内平外成(うちたいらかにそとなる)
地平天成(ちたいらかにてんなる)

 

つまり、

国の内外、天地ともに平和が達成される
という意味が込められた元号だったのですね。

 

 

振り返ってみると
色々な社会変化があったり、震災に脅かされたりした時代でもありましたが
でも総じてみると国内外での争い(戦争)がない平和な世の中に成ったと思いますし、
元号に込められた祈りが実現したのかな、という印象があります。

 

そう思うと
新元号【令和】に込められた祈り・願いである

 

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」
こんな世の中になっていくのでしょうね。

 

 

令和という新元号は
万葉集の「梅花の歌」32首の序文から引用されたもの。

 

初春の令月にして気淑く風和ぎ

梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す

 

〜しょしゅんのれいげつにして きよくかぜやわらぎ
うめはきょうぜんのこをひらき らんははいごのこうをかおらす〜

 

 

明日への希望とともに
それぞれの花を大きく咲かせることができる
希望に満ち溢れた日本をつくっていきたい。

by安倍首相

 

テレビで令和という文字を見た時に
すぐに漢字が記号に変換されて・・・

令→レイ→0
和→ワ→◯

 

◯が2つ重なるということは…
すぐに【∞】のイメージが湧き上がりました。

 

 

無限大!
なんと大きな意味を持つ元号なのだろう、と思いました!!

 

安倍首相のお話にもあったように
これから新しい時代、一人ひとりが無限大に輝き
美しい日本を創っていきたいですね^^

 

 

ところで
以前は明治生まれ、大正生まれの大先輩たちのことを
時代の生き証人だな、などと思っていましたが

 

なんのなんの

 

私も、これを読んでくださっている$udf1$さんも
昭和→平成→令和 と、
3代生きるということになりましたよね。

 

それどころか
人生100年時代と言われていますから、
もしかしたらさらに次の元号も生きるかもしれないですよね。

 

どの時代も
自分らしく、自分の人生を全うしていきたいな、と思う今日この頃です。

 

そのためにどんなことを意識したらいいのか。
どんなことを心がけたらいいのか。

 

私は
一人ひとりが成長進化、つまり次元上昇をしていく必要があるな、と思っています。

 

そのために
自分がどんなことができるかな、とずっと考えておりましたが

 

いままで学び、実践してきた智慧や知識、視点の提供を通して
縁ある方々が光り輝いていくお手伝いができたらいいな、と
今回新しくレッスンを始めることにしました。

 

リアルレッスンとオンラインレッスンで1クール3ヶ月。
ご一緒に次元上昇を目指す方々を募集します。
1期生の募集人数はほんの少数です。

 

ご興味ある方はメッセージくださいね^^
別途ご案内いたします。

 

 

いよいよ平成も残り1ヶ月。
この1ヶ月、あなたはどんなことを意識して過ごされますか?

 

個人的には令和の”令”という文字。
私の名前、美鈴にも含まれているので
なんだか気合を入れられたような気がしますww

 

新年度スタート。
気持ち新たに毎日を楽しんでいきましょうね♪