初体験に自分の特性を省みる

 

先日、桐生でお茶会をした時に
うすいあきこさんのワークショップに近々参加したいなぁと思っていた。

 

ら、ちょうど伊香保の陶句郎GALLERYで個展をするというイベントが。
早速友人を誘って行ってきた。

 

ワークショップでは
色とりどりのスワロフスキーにうっとりと心を奪われ
どの色をどの大きさ、デザインで
どの配置にするのか、悩みに悩む。

 

ここで私がとった行動は
まず色を決めること。

 

黒いアームカバーの上に
色とりどりのスワロフスキーを並べていって
自分の好みの色を見つける。

 

スワロフスキー単体で見るのと
黒い生地に乗せて見るのでは全く印象が違うことに気づく。

 

その結果、クリスタルとブラックダイヤとアメジストの3色に決定。
次はデザインだ。

 

 

自慢じゃないが、絵心がない私。
なので、自由にデザインしていいよ、と言われると
かなり悩む(笑)

 

で、デザイン画や売っている商品を沢山観察。

 

情報がないものは
まずインプットすることから始めるんだなーと
後から思い返すと笑ってしまった。

 

観察した結果、

 

私は車を運転するのが好きで
ハンドル握る手を見た時に
キラっと光るスワロが見えたらテンション上がるなーとイメージできた。

 

それから
普段、ブレスレットとか時計とか
手首周りに何もつけないので
アームカバーでブレスレットを表現したらいいかも♪と思いつき・・・

 

そんなイメージでスワロフスキーを並べていった。

 

並べていくと
段々とこんな感じがいいかも、と完成図が見え始める。

 

やはり、頭で描くよりも
実際に並べながら、修正したり付け足したりするほうが
完成は早いな。

 

これもまた、私の特性かもしれない。

 

↑ スワロフスキーはピンセットで並べる。
かなり真剣!

 

途中、せっかく配置したスワロが
ふとした瞬間にあっさりと他のところに飛び散る惨事に何度も見舞われつつ(笑)

 

そして最後の仕上げの時に
ちょっと位置がずれちゃったスワロがあったりして
完璧ではないものの、作品完成。

 

世界に1つだけの私の作品。
やはり、愛し。

 

時間にしてたっぷり2時間はかかった。
これまた、予想どおり(笑)

 


 ↑ 光に当たると煌めくのがスワロフスキーの魅力♡

 

そもそも
私自身はあまりモノづくりが得意ではなく
特に細かい作業というものは避けて通ってきており。

 

今回は初めて自分でデザイン&スワロフスキーをとりつける、という体験をしたのだけれど
やってみると案外ハマる。

 

何事もやってみないとわからないのは何でも同じだな、と。

 

色々なことを今回のワークショップで
省みたのだった。

 

 

 

3月ももう終わり。春本番はもうすぐ!

 

宝石と同じく
スワロフスキーが煌めく手元を見る度に
心がトキメク季節。

 

このアームカバーは紫外線カット率99.96%とのこと。
これからの季節に大活躍間違いなし☆

 

ワークショップの本当のお楽しみは
これからなのである。

 

 

 

 

 

大人の嗜み

 

社交ダンスってイメージは大人の嗜みって感じで
今までの私の世界には無縁だった。

 

が、クルーズに行った時
ダンスが踊れるといいな、って思った。

 

なぜなら歌もダンスも世界共通。
言葉の壁を超えて非言語でのコミュニケーションができて
いっぺんに仲良くなれるツールがダンスだな、と。

 

そして海外に旅をするならば
ダンスは必須項目だなー、と毎回思う。

 

そうはいっても
やってみたことは勿論、リアルに見ることもなかったのだが。

 

 

そんな時、
お友達の貴美子さんのダンスパーティに招待いただいて
はじめてダンスパーティなるものを垣間見ることができた。

 

 

お隣に座った方が
貴美子さんのダンスの先生であり
スペシャルゲストの方だったので

 

素朴な質問をぶつけてみたらすごく丁寧に教えてくださって
少しだけ、その世界を知ることができた。

 

社交ダンスって
男性が燕尾服、女性がふわふわなドレスを着てワルツを踊る、
というイメージがあったけれども

 

それはスタンダードの1種類であって

実はそのスタンダードにも5種類、
それとは別にラテンとよばれる5種類があるとのこと。

知らなかったー。

 

今回のパーテイでは
貴美子さんは勿論、
その生徒さん達が踊るパーティでもあり

 

 

タンゴ・ワルツ・ルンバ、サンバ・チャチャチャ…と
色々なダンスを見せていただいた。

 

ダンスの種類によってそれぞれに個性があって面白い。
また、インストゥルメンタルだけでなく歌が入ったものでも(馴染みの曲でも)踊れるんだーと
感心したり。

 

優雅なものもあれば
会場を所狭しと移動しながら踊るものもあり。

 

男性リードが肝心だなーと思うものもあれば
女性の回転が多くて、目が回らないのかな?なんていらぬ心配をするものもありww

 

もし、私が社交ダンスをするならば
まずはこの私を支えられるくらい身長の高いパートナーを探す必要があるな、と思った。

 

衣装も様々。
特に女性はダンスごとにお着替えがあって、
とてもキラキラして華やかな世界だなとうっとり。

写真、撮らせていただけばよかったなー。

 

 

一番驚いたのは
お教室の生徒さんたちの体幹だった。

 

お年はよくわからないが
私なんぞまだまだ若輩者、と言われるような人生の大先輩たちが
ヒールをはいて、軽やかにフロアーを舞っている。

 

みなさん、軸がちゃんとあって
背筋がピン!としていて腕も軽やかにあげている・・・。
とても美しい姿だった。

 

なんだか
その姿に生き方が顕れているかのようだった。

 

 

パーティの最後は
貴美子さんとゲストの先生によるプロフェッショナルデモンストレーションがあった。
これを観たかったのよね。

 

 

うん、とっても素晴らしかった。
見惚れてしまった。

 

生徒さんと踊る貴美子さんも素敵だったけれど
いつも男性役だったのでリードをする役ばかり。

 

でも最後は
本来の女性ポジションで踊り

先生のリードで
華やかに優美にそして艶やかに舞う姿は
まさに表現者、アーティストだった。

 

二人の世界観に
その場にいた全員が引き込まれたように思う。

 

 

今日は昨年の春、他界された
貴美子さんの最愛の旦那様のお誕生日。

 

きっと会場には
旦那様が微笑んでいたことだろう、と感じるような
あたたかい空気が流れていた。

 

人はいくつになっても
どんな試練があっても
乗り越え、輝いていける。

 

そんなことを
貴美子さんや
その生徒さん達を通して学ばせていただいた1日だった。

 

 

LOVE KIMIKO

 

 

 

 

 

【劇場化社会】〜しつもん読書会開催します〜

 

しつもん読書会を開催します^^
今回は珍しく夜開催♪

 

著者の櫻井秀勲(ひでのり)さんは
「伝説の編集長」として有名な方。
遠藤周作、川端康成、三島由紀夫、松本清張といった
誰もが聞いたことのある有名な著者達と親交を持っていたという。

 

31歳で女性誌の編集長
55歳で著者
82歳で出版社たちあげ
87歳でオンラインサロンスタート。

 

「人はいくつになっても輝ける」ということを
常にチャレンジし続け、背中を見せ続けている御年88歳の生涯現役プレーヤー。

 

その櫻井氏の新刊【劇場化社会】は
激動の時代を生き抜き、
その変遷をみてきた櫻井氏からみた
現在から未来の展望がこの1冊に描かれていると感じる。。

 

ちょっとだけ目次を紹介すると・・・

 

・誰もが個人を主張する時代に
・遊びと仕事が一致した社会
・才能は小さなものでいい
・講演会でメモをとってはいけない
・「未見の我」を探すための交際術
・コミュニティをつくろう
・もっと自由な新しい男女関係のあり方
・実力には3種類ある
・舞台に上がるのに年齢は関係ない…etc.

 

ね、面白そうでしょ?
 
 
 
この本は
自由と豊かさを望み
現状のままではいたくない!という
あなたにオススメです^^

 

今回はサイン入り本は4冊のみ。
先着順です^^

 

4月9日(火)19:00〜21:30
場所:星野珈琲高崎店
参加費:3,240円(書籍持参の方は1,500円)
持ち物:筆記用具
申込みはこちら:☆☆☆

 

今回も
どんな出会いとしつもんが生まれるのか、楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

古の奈良〜旅への誘い〜

 

時々、
”呼ばれる場所”というものがある。

 

理由はわからないが、その名前を聞いた時にピン!ときたりする場所。
たいてい、そういう時は立て続けにその名前を目にしたり耳にしたりするもの。

 

そこに行きたい!と思っていて
そのアンテナが立っているから情報が入ってくる、という考えもできるのだが
とんとん拍子に決まるのはたいてい呼ばれている証拠だな、と感じる。

 

 

今回はある方の話をきっかけに
奈良の三輪山(みわやま)に登り、その地のエネルギーを感じたいと思っていたところ

 

大阪の神様カードマスターでもあり、神様にも精通している友人が案内してくれる、という流れになった。

 

その友達とここに行きたい、あそこにも行きたい♪と話していたら、すっごくワクワクしてきて。

これは私達だけで行くのは勿体無いなぁ、
ご縁ある方とご一緒したら、きっと色々な気付きがあったり、人生の変化が起こるんじゃないかな、という予感もしてきた。

 

 

そもそも、最初に大神神社(おおみわじんじゃ)にご縁をいただいたのは2017年の年始のことだった。

 

初参りで大混雑していたにも関わらず、とても気持ちの良い場所で
きっとまた来ることになるだろうな、と予感し
次に来る時は三輪山にも登拝する、と決めていたなぁと今更ながらに思い出す。

 

それがこんな早くに実現することになるとは・・・とっても嬉しい♪

 

三輪山は御神体そのものであり、
昔は神官や僧侶以外は入ることのできない禁足地だったが
現在では入山心得を守る者であれば登拝できるとのこと。
いい時代に生まれたなぁ。

 

円錐形の美しい三輪山を一歩一歩登っているうちに
おそらく心清められ、自然と背筋が伸びるのではないかな。

 

そうだ!
奥社へ参拝した時に場所を見つけて瞑想もしたいな。
グランディングした状態で瞑想&エネルギーワークしたら超絶気持ちいいだろうなぁ…
とすでにイメージング(笑)

 

 

三輪山登拝と大神神社、そしてその近くにある檜原神社(ひばらじんじゃ)にも参拝して天川村へと移動。

 

洞川温泉(どろがわおんせん)にてカラダの疲れをゆるりと癒やし、
地のものをたっぷりと味わい、湯上がりに温泉街を散策するのもまた楽しそう。

 

また、せっかくのスペシャルな土地なのだから
宿でワークショップやるのもいいな♪

 

温泉を堪能し、十二分にエネルギーチャージをした翌日は
こちらもやはりご縁がある方が訪れられると名高い天河神社へ。

 

 

五十鈴をまわし、その音色をカラダに響かせて心身ともに清らかに。

 

 

個人的には
いくむすび・たるむすび・たまめむすびという意味を持つ3つの鈴を初めて見た時に
いかなくっちゃ!って思ったのですよね。
3つの鈴→”みすず”だ!とww

 

この3つの意味は
魂の進化にとって重要な状態(みむすびの精神)をあらわしているとのこと。
心して鳴らすべし!ですね。

 

 

 

その後は近くの丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)へ。

 

 

以前、訪れた際に
手水舎で手を洗ったら、タンザナイトの指輪がピッカピカになって驚いたのです。

 

よくよく調べてみると
日本最古の水の神様・闇龗神(くらおかみのかみ)が祀られているとのこと。
昇竜のエネルギーを持つタンザナイトがピカピカになるのも頷けます^^

↑ 神馬のしろちゃん・くろちゃんもいるよ♪

 

こんな風に友人と旅の企画をしていたら、なんだかとってもワクワクしてきて。

 

せっかくならばご縁ある方とご一緒したいと思い、
奈良リトリートとして今回の企画を立ち上げることにしました。

 

上記の通り、1泊2日の短い旅ですが、とっても濃い内容となっています。

 

このタイミングでこのブログを読んでいるあなたは
きっと”ご縁がある方”であり
そのタイミングが来たということだと思います。
ぜひご一緒しましょう^^

 

初夏の6月。
新緑のエネルギー満ち溢れているこの季節。
きっと気持ちの良い2日間になることは間違いありません^^

 

 

【古の奈良】
〜神様とのご縁を結ぶ旅〜

6月11日(火)
9:30 大阪昭和町駅集合出発
大神神社〜三輪山登拝〜檜原神社〜洞川温泉あたらし屋旅館チェックイン〜エネルギーミニワークショップ〜

6月12日(水)
10:00チェックアウト
天河神社〜丹生川上神社下社〜お楽しみアラカルト〜
17:00 大阪昭和町駅解散

 

*雨天の場合、予定変更もあります。
*三輪山登拝の際は歩きやすい服装(通気性の良い長袖長ズボン)と歩きやすい運動靴(ぬかるみを歩いてもOKなもの)でお願いします。三輪山のお水を持って登りましょう♪水筒もあるとなお良いです^^
参加料金:35,000円(税別)
*宿代1泊2食付き+昭和町駅からの車代+各神社の案内+ワークショップ代が含まれています。

 

定員:5名(残席4名)
担当:ワークショップ:浅香美鈴/運転&ナビゲーター:永田佳奈

お申込みはこちらから。