ひとしずく、が生み出すその先を。


10609617_10153694565189334_6135717876009807840_n

Photo by 橋本和典

 

今朝、しつもん読書会で友人と話の中で
なんの話からだったかは忘れちゃったのだけれど

 

人生は波紋を楽しんでるんだ、って話になったんだよね。

 

まったく揺れのない水面に
一滴、垂らしたら
静かに波紋が広がるように。

 

現実に起こる様々なことが
様々な波紋をもたらすことを。

 

その一滴は

 

言葉かもしれないし
行動かもしれないし
現象かもしれないし

 

自分発振かもしれないし
他人発振かもしれない。

 

だけど
その一滴がもたらすものは

 

静かに
時に大きく
その水面に波をたてていく。

 

その波が
どんなものであろうとも
その揺れを楽しむ。

 

時に大慌てで
時に怒りながら
時に面白がりながら
時に幸せに

 

その揺れに身を任せて
ただただそれを体験し、体感する。

 

これを味わうのが人間の醍醐味なのかも、と。

 

この前、
友人の素晴らしい時空を超えたLove Storyによって
私の内側に幸せな感情が湧き上がった。
その一滴は
思った以上に大きな波紋をもたらしていて。

 

自分と他人の境がない
私にとっては初めての特別な体験だった。

 

その一滴は私に
どんな波を起こしてくれるのだろう。
どんな現象を体験させてくれるのだろう。

 

その波に
しばし身を委ねていよう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です