Twincle Project 始動します!

 

 

昨年の3月、とあることから
思考は現実化するのだと
実感させられたことがあった。

 

だとしたら、

自分が常に何にフォーカスしているのか。
どんな思考回路を持っているのか。

 

それによって
現実化するものが変わってくるな、って思った。

 

それでまずはフォーカスするものを意識してみよう!って考えて
あるコミュニティを創った。

 

30日間、何気ない1日を何気なく過ごすのではなく
フォーカスするものを決めて過ごしてみる。

 

その結果をFacebookグループページに
毎日投稿していく、という試みだった。

 

その結果、
驚くべき変化が起こったのだった。

 

その変化はこちらを参照に↓
30日間の実験チャレンジを終えて

 

 

その後も希望者は
100日間、次いで365日続けた。

 

一人で続けるのは難しいが
仲間と一緒だったら
飽きっぽい私でも続けられる、というのが実証できた。

 

そのコミュニティでは
メンバー一人ひとりにかなりの幸変化(好変化)が起こったのだが
さらに良かったのは
メンバー同士の繋がりが今もなお、続いていることにある。

 

顔も名前も知らなかった者同士が

30日間、毎日投稿する内容を読んでいくうちに
なんだか、昔から知っていたかのように
親近感を持つのだった。

 

さらにどこかのイベントで
たまたま会った時に

 

『あのワークに参加していた方ですよね?』

 

この一言で一気に距離が縮まり
リアルな繋がりが始まっていく。

 

そんなことがとても沢山あった。

 

*先日参加してきた皇居勤労奉仕も
この時ご縁したメンバーの多数が参加している。

 

 

 

今年もまた
そんなコミュニティを創りたいな〜と思っていたところ
一緒にやってくれる仲間ができた。

 

そのメンバー3名で
今回、【Twincle Project】を立ち上げることにした。

 

 

Twincle とは

 

Twinkle ぴかぴか光る 軽やかに動く
Cycle  円・輪  循環する
という意味を掛け合わせた造語。

 

一人一人が満たされた時
本来の輝きを解き放ってキラッと輝く。

 

その輝きに惹かれ、刺激を受けた周りの人たちもキラキラと輝き出す。

 

最初はたった一人の輝きから始まるけれど
そこが源となって輪が広がり、循環しはじめ
やがて大きな希望の星となっていくことを目指すプロジェクト。

 

その源になりたいという方々の
きっかけになると嬉しいな、という想いで
コミュニティ発足します!

 

 

具体的には

 

前回と同じくFacebookグループにて
毎日3つ、投稿するというスタイルで

 

7月1日(日)
天赦日&一粒万倍日という
物事を始めるのに最良な日にスタートします。

 

<やり方>

①朝起きたら
『今日の私もキラッと輝き
 歓びの1日を味わいます。』とアファメーションする。

②毎日3つ、以下を参考に日々の祝福を見つけ、コメント欄に投稿する。

・キラッと輝いたこと
・感謝したこと
・自分褒めたこと
・こんな私ステキ♪
・与えることができたこと
・希望をもてたこと・・・etc.

30日間、毎日違う内容を見つける。
*探偵になったつもりで”祝福”を探そう。

④他者の投稿も読んでみて
愛をもって「イイね!」をする。
時にはコメントを♡

⑤ゲーム感覚で楽しむ。

 

 

やってみると
意外な自分に気付けたり
平凡だった日常が
とっても楽しいものになりますよ^^

 

そして、
幸せっていうのは
環境や持っているもの、条件などではないことに気づきます。

 

いつだって人生は自分次第♡

 

その第一歩として

日々、
自分を見つめる時間をとりませんか?

 

 

今日から募集します♪

 

・ピン!ときた方
・よくわからないけど楽しそう♪って感じた方
・平凡な日常をHAPPYにしたい方
・自分を見つめ直したい方
・新しい自分を発見したい方
・自ら輝きたい方
・素敵な仲間が欲しい方
・コミュニティを創りたいと考えている方
・明るい世の中をつくる源になりたい方・・・他

 

そもそもこのブログを読んだ方は
ご縁があります^^

 

30日間、プレミアムな時間をご一緒しませんか?

 

参加希望の方は
こちら↓に参加リクエストを☆

 

【Twincle Project】

 

なお、30日後は
報告会をかねてランチ会を企画しまーす^^

 

 

 

 

 

あの手この手で・・・

 

 

最近、ずっと考えてたことがある。

 

どうやら潜在意識は
私に絶望していたらしいってこと。

 

でも、本質のわたし
言ってみれば”魂”はそんなことは微塵も思っていなくて。

 

ずっとずっと現象を通してMINDの私に
語りかけていたみたいだ。

 

 

潜在意識の中には
色々な刷り込みや思い込み、それこそ前世からのカルマみたいなものが
奥深くにインプットされてしまっていて

 

だからこそ、顕在意識では
その真逆を表現しようとしている。

 

顕在意識と魂は
一周まわって結局のところ同じことを思っているのだけれど

 

顕在意識には潜在意識による”前提”があり
魂にはその条件付けはまったくない、というところに大きな違いがある。

 

100%の純度で
魂は全肯定、全信頼、無条件の愛があるんだけど

 

顕在意識レベルだと
潜在意識に潜んでいる”恐れ”を払拭したいがために
真逆の方向に出力されている。

 

例えば
潜在意識に「私には価値がない」というアイデンティティが入っていたとすると

そこに入り込まないように
それを考えなくてもすむように

顕在意識レベルでは
一生懸命自分に価値付けをしようと試みる。

 

あの手この手で
自分には価値があるんだ、ということを

自分にも他人にも認めてもらえるように行動する。

 

これが実に巧妙な感じで
なかなか発見できず、気づくこともない。

 

ありのままでOK!っていうのは
頭ではわかっちゃいるけれど

でも潜在意識レベルで”私には価値がない”っていう前提があると
どうしたって自分にダメ出しをしてしまう。

 

価値がない自分を認めたくないから
(認めたら、存在できなくなると思い込んでるから)

 

色々な資格をとってみたり
自分をさておき、人への貢献を全面にだしたり
他人の望む人物を演じたり

 

逆にわがままを言ったり
駄々をこねたり
悲劇のヒロイン演じたり。

 

そんな私でもOKでしょ?みんな手を差し伸べてくれるでしょ?
っていうことを
あの手この手で確認したり。

 

まぁー面倒くさい(笑)

 

最初から全肯定で全信頼でいけばいいのに
わざわざ前提作って

 

あーでもない、こーでもないって
ドラマを演じるんだから(笑)

 

でも、
だからこそ、

 

人間ってのは面白い。

 

その前提があるからこそ
ドラマが生まれるわけで

 

その前提をなんとかしよう!ってことで
モチベーションがあがったり
さまざまな努力をして

 

苦難を乗り越えたり
幸福を味わったり
悲しみに打ちひしがれたり
楽しみに身を委ねたりするんだ。

 

あぁ、なんて愉快なんだ。

 

このことが腑に落ちるまで
どのくらいの時間が経ったのだろう。

ある意味、スタートラインに立てたのかもしれない。

 

絶望から始めよう。

 

私がある、ということから始めるのではなく
私と私の宇宙がない、というところから。

 

全ての可能性を含んだゼロから
ある濃度密度を持ってわたしを創り上げよう。

 

価値がない、と思い込んでいる私は
本当のわたしではなく

 

価値がある、と思い込んでいる私も
本当のわたしでない。

 

そもそも私、というものがないとしたならば。

 

ゼロから始めるとしたら
どのように創り上げていくのか。

 

いかようにも。
思いのままに。

 

本質の自分と繋がることから始めよう。

 

思考レベルではなく、
魂レベルから。

 

 

本質の自分と向き合う時間、
ご一緒しませんか?

【本当の自分と出逢う旅@水輪】

 

 

 

 

 

 

人の言葉によって心に波風が立つ時

 

 

言われて嬉しい言葉は何ですか?』

 

そんなしつもんから行うワークがあります。
そのワークをするとみんな笑顔になっちゃう^^

 

やはり人にはそれぞれ
心地良い言葉と
そうでない言葉があるってことがわかります。

 

でもそもそも
言葉自体に良い、悪いってないですよね。

 

自分がその言葉に対して
どんな定義付けをしているのか、です。

 

ある言葉に対して

 

心地よい→これは自分にとって
心地悪い→これは自分にとって×

 

こんな風にジャッジしているということ。

 

昔、先のしつもんワークで

「変わってるね」と言われると嬉しい、という人が女性がいました。

 

みなさんならば
「変わってるね」と言われてどう感じますか?

 

私ならば
「いや、普通だし!」と即、言い返してしまいますが(笑)

でもその女性は嬉しく感じる。

 

変わっているね→人と同じじゃない→個性的

脳内ではこのように変換されているようです^^

 

十人十色といいますが
言葉の捉え方ってホント、人それぞれ。

 

だから
誰かの言葉によって
自分心に波風がたったらば

 

その言葉にどのような定義付けをしているのか
分析してみると面白いですよ^^

 

 

 

実はもう一歩進んで
その言葉の捉え方、感じ方の背景となった思い込みの海は何なのか。

 

実はこれが重要だったりします。

が、こればっかりは自分一人ではなかなかできないのが現状です。

思い込みってのは
自分では気づかないものですから。

 

自分がどんな思い込みを持っているのかを知りたい方

特に自分のしあわせにとって
あるいは
今いる場所からSHIFTチェンジするために
全く役に立たない思い込みを書き換えたい方にオススメです。

 

【LIFESHIFT 〜私をカタチ作るモノ〜】

4月14日(土)10:00〜12:00
場所:ライフアップスクエアアイズ room2
前橋市前橋市南町3-35-3セキスイハイムビル2F
受講料:5,400円
定員:4名

 

 

 

 

出逢いで人生は変わる!vol.2

 

 

1冊の本からコーチングに出逢い
マツダミヒロ氏のメルマガに出逢い
そして山形へ。

 

山形は
大学生の時、
山形銀行のバスケットボール部との合同合宿をした時に訪れたくらいで
全く未知の土地。

 

なんで東京じゃなく
かなりローカルな山形で合宿をするんだろう?

 

そんな気持ちもありつつ
でも久しぶりの東北旅がすごく嬉しかった。

 

2泊3日の合宿は
名月荘というとても素敵な宿を貸し切って
行われた。

 


↑ 蔵がセミナー会場

 

私は三期生で
全国から集ったメンバーは48名。
実にユニークな人たちが集まった。

 

 

この当時、会社を経営していて
すでにビジネスで成功している人も沢山いた。

 

が、後々

 

魔法の質問には欠かせない強力スタッフになる人達
ベストセラー作家になる人達
海外移住しちゃう人達
独自メソッドを生み出し、
全国で引っ張りだこの人気講師になっちゃう人達
独立起業しちゃう人達・・・

 

こんな感じで
みなさん、飛躍して
今では国内外で大活躍されている。

 

もちろん、当時は
そんなことは誰も予想がつかないし
きっとそんな未来も描いていなかったのではないかな。

 

 

合宿では
何を教わるわけでもなかった。

 

なので
アメリカナイズされた自己啓発系のイメージを持っていたとしたならば
肩透かしを食らったのではないかな。

 

だが
ここで得たものはマインドの書き換え。

 

こうあるべき
こうしなければならない。

 

それが日常だった私にとっては
目からウロコ、というよりも

 

えっ!?それでいいの?
本当にそんなんでいいの??

 

という焦りにも似た感じ。

 

自分の当たり前が
いい意味でひっくり返された感じ。

 

んー
言葉ではなかなか表現し難いな^^;

 

 

恐れの選択から
愛の選択へのSHIFTCHANGE。

 

なぜ、名月荘で合宿をやったのか
なぜ、何かを教える合宿ではなかったのか。

 

それがわかるのも
もっと時間が経ってから、なのだが・・・。

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

バスケが好きだったワケ。

 

 

ひょんなことがきっかけで
高校からバスケットボールを始めた。

 

中学生のときは
剣道部だったから、かなりの方向転換だ(笑)

 

始めた当初は
毎日の練習が心身ともに辛くて
バスケの面白さが全くわからなかったが

 

毎日のルーティン練習が板についてきて
少しずつ、余裕ができ始めると
見えてくる世界があった。

 

バスケットボールという競技は

攻守のタイミングが決められているスポーツではなく
敵と味方がネットで仕切られているスポーツでもなく

敵味方が入り乱れ
一瞬にして攻守が入れ替わる。

 

攻撃の仕方も
守備の仕方も
それこそクリエイティブに
いかようにも独自のスタイルを創り出せるのが面白いところ。

 

一瞬一瞬、立場や役割が変わる。

 

チームでありながら個人の戦いがあり
個人の戦いを成功させるために
いかにチームが動くのか、という作戦がある。

 

100試合やっても
2度と同じ試合ができないように

全く飽きがこなかった。

 

この飽きっぽい私が

 

プレーヤーとしては
30歳で出場した宮城国体まで続けられたのも
40歳で前職を辞めるまでバスケの指導をし続けてきたのも

 

一重に
バスケの面白さが他にはない、と体感していたからなのだろうと
今では思う。

 

バスケから教わったことは多々あるのだけれど
最も深く、影響しているのはこれだ。

 

バスケは【加点方式】で勝負が決まる。

 

ご存知の通り
バスケットは時間が決まっていて
40分間戦って、1点でも多くゴールした方が勝利するスポーツ。

 

そして両チーム合計すると
200点以上のハイスコアゲームがあるほど
どんどん点が入る。

 

相手に得点をゆるしたとしても
また自分たちがゴールすればいいし、

 

途中のミスもいつだって挽回できるゲームなのだ。

 

だから、
安心して失敗ができる。
失敗しても挽回の余地があるから
安心してチャレンジができる。

 

こんなマインドが
いつの間にか刷り込まれていたのかもしれない。

 

 

コンサルをしていて感じるのは
いかに【減点方式】でものごとを判断している人が多いのか、ということ。

 

自分が完璧とは思っていない

 

にも関わらず

 

何か間違ったことを言ったり
行動して失敗したと思いこんだりすると

 

その途端
大きなバッテン✘をつけてしまう。

 

そのバッテンをつけた影響は
意外にも大きく、

 

私はこういう人
Aさんはこういう人

 

そんなレッテルフィルムを貼った
色眼鏡で見るから
そうである証拠探しをしてしまう。

 

こんなスパイラルがおこるわけだ。

 

○○をした・・・だからダメ
○○をしなかった・・・だからダメ

 

こんな風に
ダメなところを見つけるのが得意ワザになっている人って
案外多い。

 

あなたはどうですか?

 

全てはトータルでみよう。

 

バスケと同じく

途中まではどんなに大敗していても
試合終了のブザーがなるその時に
1点でも多く取っていれば
その試合、勝つのだから。

 

有名な安西先生の台詞。

 

「諦めたら、そこで試合終了ですよ・・・?」

 

この言葉を
減点方式が得意技なあなたに贈ります。

 

あなた自身が
あなたを諦めない限り
私はあなたを諦めません(笑)

 

 

 

 

 

目から伝わってきたもの。

 

 

目を見て話しなさい。
話している人の目を見なさい。

 

小さい頃、そんな風に育てられた記憶がある。

 

そんなこともあって
会話の時には目を合わせるようにしている。

 

が、ある時

 

「あなたの目は強いね。」と
年上の人に言われたことがあった。

 

どうやら
じーっと見つめていたらしい。

 

以来、適度な目の合わせ方というものを
意識してきたように思う。

 

 

目は口程にものを言う、とはよく言ったもので
本当に意思が伝わる。

 

あ、もちろん
意思というものはエネルギーそのものだから

 

その人の醸し出す雰囲気で
キャッチできることは沢山あるのだけれど。

 

その雰囲気、とかいうよりも

 

もっと明確に
その意思が伝わるのが目、なのだろう。

 

 

凝視されると
確かに気まずい。

 

そんなことを思い出したのは
ある会社の営業の人に
じーっと見られたからだった。

 

何を伝えればいいのだろう?
何から伝えればいいのだろう?
どうしたら、この客(つまり私)の要望を引き出せるだろう?
何を期待しているんだろう?
どう思われているんだろう?

 

そんな心の声が伝わってくる。

 

なので
何か会話の糸口を見つけようと
私から質問をしてみる。

 

「○○って何ですか?」

 

すると説明が始まる。
一通り説明が終わってまた、

 

じーっと見られる。

 

黙っていると

 

「こちらの商品は○○にこだわってまして・・・」と商品説明が始まる。
説明が終わるとまた
じーっと見られる。

 

・・・

 

なんとも居心地が悪い・・・。

 

質問に対し
真摯に答えてくれているので
誠実なのは伝わってくる。

 

が、リラックスはできない^^;

 

早くも要件を済ませて
帰りたいモードになってきた。

 

うーむ。

 

全く目を合わせないのも信用ならないが
じーっと視線を外さないのもなんだか・・・。

 

 

最後の方で、その人がポツリと言った。

 

「紹介で来られた、というので
なんだか緊張しちゃって。

いつもの私ではなかったです・・・。」

 

それ、最初に言えばよかったのにね。
あるいは最後まで言わないか。

 

あなたは営業のプロなのだから。

 

緊張するのは全然問題ないけれど
居心地の悪さを感じさせちゃーいかんでしょう。

 

それ、完全に自分に矢印向いてるもの。

 

 

ここ数日、
連日営業の方に会っている。

 

会社の風土文化もあるのだろうけれども
やはり営業マンの人となりが大きいな、と感じる。

 

そもそも客が来店するのには

商品の良さはもちろんのこと、
会社に対するイメージも手伝って足を運んでいるのだから

 

最初のスタートはプラスで始まっている。

 

そのプラスをさらに加速するのか、
あるいは減速するのか。

 

それは応対する”人”のマインドによって変わる。

 

ベクトルが自分向きなのか
お客様向きなのか。

 

営業マンの心のベクトルは
客の心理状態を大きく左右する。

 

だから

 

目の前の人に
何ができるだろう?

 

これ、このマインドが大事。

 

仕事のみならず
プライベートでも有効。

 

これ、意識していこー。

 

 

 

 

 

誘いは断ってもいい?〜多くの人が勘違いしていること〜

 

 

多くの人が勘違いしていることの1つに

誰かに誘われた時、

 

「断れない」というものがある。

 

断ったら

「その人に失礼かもしれない。」と思うのか

「ひどい人、と思われるかもしれない。」と自分の心配しているのか。

 

いずれにしてもその場で断らない場合

「またあとで連絡します。」

と、いうのが定番の返答だ。
そう言って返事を先延ばしにする。

 

そして先延ばしにして

 

返事をしないのが返事

 

というパターン。

 

 

でもね。

 

断っても
相手はあなたのことをキライにはならないし
潔く断ってくれたほうがありがたいこともあります。

 

安心して断ってよし!

なのです。

 

 

誘った方とすれば

 

一緒に行けたら嬉しいな。
でもあなたにも予定があるだろうから
ダメなら次の機会にね。

 

という気持ちがある。

 

だから
誘いは断ってもらってOK!
というゆるーい心構えがあります。

 

あ、誘ったのに断られた・・・と落ち込む人は
断られる=自分を拒否された、と勘違いしているだけです。

 

どうしても実現したかったら
日程を変えるとか算段するだろうしね。

 

いつかお茶しようね!とか
いつか、食事しようね!とか

 

そういう誘い文句だったら
そのいつか、は来ないだろうなぁと思いながら誘う
いわば社交辞令。

 

そんな相手には先の
「また連絡しますね。」が通用するかもしれない。

 

でも、本気で誘っている人にとっては
返事って欲しいのです。

特に、期限があることだったら
すぐにでも!

 

だってその場ですぐに断られたら
他の人を誘える時間もあるのです。

 

でも・・・

「またあとで連絡します。」と言われたらば

その返信を待たなければならない。

 

返信を待って待って
気づいたら当日だった、ということにもなりかねないのです。

 

なので
誘われたら

 

OK、でも
NO、でも

 

返事は早くしたほうがいい。

 

 

もし、誘いにのりたいのだけれど
スケジュール調整が必要だったらば

 

いつまで返事を待ってもらえるのか

 

リミットをきく。

 

 

それだけで
誘った側のストレスは激減するのです。

 

せっかく”私”を誘ってくれた相手に対して
そのくらいの気配りはしたいもの。

 

 

そして誘うときは。

 

私の場合、
気をつかっていることが1つだけある。

 

それは
断りやすいように具体的に誘う、ということ。

 

日時や場所はもちろん、
内容とかかる費用、どんな人が他にいるのか・・・等々。

 

その人が判断しやすいような情報を伝えるのだ。

 

以前、何度もこんな経験がある。

 

誘ってもらった内容がとってもよくて
二つ返事で誘いにのったら

 

当日、

「はい、○○円ね。」と言われ

 

財布に入っているお金を思い出しながら冷や汗をかいたことが・・・。
(そもそもお金がかかるとは思っていなかったので準備していない。)

 

お店ならばカードも使えようが

 

現金のみであったとしたら
恥ずかしい思いをするかもしれない。
(現に友人に足りない分のお金を借りたこともある^^;)

 

また、ギリギリ支払えたとしても
その後の行動にかなりの制限がかかったりもするし・・・。

 

いずれにしても
なんだか急に肩身が狭くなってみじめな気持ちに。
せっかくの時間が楽しめなくなってしまう。

 

だから
お誘いするときは
断りやすいように具体的に伝えるようにしている。

 

 

 

あともう一つ。

 

これは私の備忘録でもあるけれど…。

 

口頭のやり取りの場合
すっかり忘れていることもあるから

メッセージすることも忘れずに。

 

言ったはず、
約束したはず、は
その場でメモ書きしない限り忘れちゃう。

 

なので
確認は十分に。

 

お互いに、ね^^

 

 

 

 

 

トリプルムーンの翌日は。

 

 

昨夜、夜空を見上げたら
月が美しく光り輝いていました。
冬は月がとってもキレイに輝きますよね☆

 

そして今夜はお待ちかねの・・・

 

【スーパーブルーブラッドムーン】

 

スーパームーンであり(満月が通常よりも大きく見える)
ブルームーンであり(満月がひと月で2度起こる)
ブラッドムーンでもある。(月食時に月が赤銅色を帯びる。しかも皆既月食!)

 

3つのレアな現象が折り重なった満月。

 

満月は完了や満了、達成という意味があります。
また、今までどうしても手放せなかったものやしつこくまとわりついてきたものを完了し、
手放しできる時でもあります。

 

今回のトリプル満月は
そういった意味でも
古い自分のパターンを解放するいいチャンスですね^^

 

私の事故もそういった意味では
一度擬似的に死を体感し、古いパターンを手放すのに
必要だったのかもしれません。

 

立春前の皆既月食。

今夜は空を見上げて
天体ショーを楽しみたいと思います^^

 

みなさんが見上げる夜空に
素晴らしい【スーパーブルーブラッドムーン】が見られますように♪

 

 

さて、
そんな特別レアな満月を迎え、
スッキリさっぱりと古いパターン(思考、感情、癖…等々)を手放した明日。

 

2月1日は
な、な、なんと!
2018年の中でもベスト3に入るラッキーディなのですヨ。

 

天赦日であり
(百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日とされ、暦では最上の大吉日)

一粒万倍日でもあり
(一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる、何事を始めるにも良い日)

甲子でもあります。
(十干十二支の60日サイクルで一番始めの日)

 

トリプル満月でスッキリした後に
最高のスタートを踏み出すことができるってすごくないですか?

 

なので
2018年はこんなことを始めたい!
こんなことにチャレンジをしたい!と宣言する日にしましょう♪

 

この日に始めたことは良い流れを持ち続け
運が良い流れになるみたいですからぜひ^^

 

そんな流れを汲んで
夜はコラボ講座を開催します。

 

”ピン”と来た方はご一緒に♪

 

=====================

2月1日(木)19:00〜22:00
【LIFE SHIFTグループセッション×宝石体感】
受講料:5,000円
定員 :4名
場所:ギンザベルエトワールvipサロン高崎
申込:info@mind-quest.jp
締切:2月1日(木)11:59 a.m.

 

この日は何かを宣言したり、始めたりするのにはもってこいの日。
本当はどうなりたいんだろう。何を大事にして生きていきたいんだろう。
理想の自分の姿って?
対話しながら自分の内側を見つめるグループセッションの時間。
参加者の声からもあなたの気づきが生まれます。
第2部はそんなあなたの背中をおす宝石エネルギーを体感していただきます。
これで2018年もバッチリです☆

 

=====================

 

 

 

 

ことは塗り絵をやってみると・・・。

 

 

2018年1月17日
本日は2018年最初の新月だった。

 

毎月恒例、
新月のコラボ講座。

 

今回は【ことは塗り絵×宝石エネルギー体感】を開催。

 

ことは塗り絵、とは
縄文文字であるヲシテ文字を
デザイナーの牛嶋浩美さんがデザイン化したもの。

 

カードバージョンはコチラ↓

 

今日はやぎ座の新月で。

 

今まで積み上げてきた結果を出す

 

そんな願い事を宣言する日。

 

なので第1部は

 

結果を出したい事柄について決めていただき
そのサポートになるであろう、デザインを直感で決め
これまた直感で好きな色を塗っていく。

 

塗っている時間は
まさに禅のような時間で

 

自分の内側からわきあがるエネルギーを
色を使って顕在化する作業。

 

色を重ねながら

 

自分と対話したり
感情と向き合ったり
ビジョンを見たり
メッセージを受け取ったり・・・。

 

いつの間にか夢中になるから
色鉛筆で黙々と塗り続ける。

 

豊かな時間だなぁって感じる。

 

塗り終わったあとの作品をみて
参加者のみなさんから
その絵から感じるメッセージや印象、エネルギーを伝え合っていただくと

 

塗り絵の前に決めた願い事について
ドンピシャな事柄が次々と出てくる。

 

えっ?
最初から知ってたの??
それとも私の心を読んだの???

 

って感じ。
これが本当に興味深いし、楽しい♪

 

意図したその瞬間から
本人からそのエネルギーが本発振されていくのだなぁと
妙に感心した時間だった。

 

その後の宝石体感も素晴らしい時間で。
ことは塗り絵そのものの宝石がヒットする。

 

 

 

すべてはエネルギー。

 

見えないものを顕在化したのがことは塗り絵。
見えないけれど必要なサポートエネルギーを有したのが宝石。

 

その2つを体験&体感。

 

今日も豊かな時間を
縁ある方とご一緒できました^^

 

 

 

実はこの講座、

「夜に開催してください!」

 

とリクエストをいただきましたので

 

急遽ですが

1月27日(土)19時から開催します。

 

ご興味ある方はメッセージくださいね^^

 

 

p.s.
ことはカードのセッション付きは
1月21日(日)10時から開催します。
カードから受け取るメッセージは
未来の自分からのメッセージ。
こちらもオススメ☆

 

 

 

 

 

こんにちは2018年☆

 

あけましておめでとうございます^^

 

2018年、戌年がはじまりましたね☆
みなさんはどんな年明けを過ごされていますか?
毎年、元旦に今年の一文字、というのを決めるのですが
2017年は【源】

 

振り返ってみると
”わたし”という源泉を徹底的に見つめる内観の1年でした。

 

2018年は【行】

 

読み方によって色々な意味を持ちますが

 

そのどれも“うごき”と“方向性”があります。
動きながら切り拓いていく。

 

そんな1年にすべく、
元旦からかなりアクティブに動いています^^

 

 

早速ですが、私からの新年の質問です。

 

2017年はどんな1年でしたか? 

 

そして

 

2018年はどんな1年にしますか?

 

ぜひ時間をとって考えてみてくださいね^^

 

 

やってみるとわかりますが
1文字に込めた想いってかなりパワフル!

 

数年前から友人たちにも勧めていて
SNSで宣言しあっています^^

 

結果・・・
やっぱりその通りの1年を過ごしてるんですよね♪

 

あなたもよかったらぜひ
周りの人に宣言してください^^
もちろん、私にもぜひ♪
お待ちしております!

 

1年の計は元旦にあり、と古来から言われているので
もうすでに目標を立てている方もいらっしゃいますよね^^

 

でもここで大切なことがあります。

立てた方もまだの方も。
ぜひ、次のしつもんに答えてみて☆

 

Q その目標達成をした時にどんな気持ちになりますか?

 

リラックスする。
安心感がある。
のびのびした素の自分でいる。
満ちる。
好奇心がうずく。
チャレンジしたい。
背筋がシャンとする。
ちょっぴり背伸びする。
熱さを感じる。
心がウキウキする。
喜びが湧きあがってくる。
ニンマリしちゃう。
それをしている自分が好き。
・・・etc.

 

すべての目標に対して。

 

目標はあくまでもその感情を得るための手段であり、プロセスです。

 

なのでまずは
ご自身の”心地よい感情”をイメージし
書き出してみましょう♪

 

次に
それを叶えてくれる【人・物・場所・情報・仕事・ライフスタイル】はどんなものか。

 

その順番で考えると
ワクワクが発動し、
イメージもしやすくなり
さらに行動しやすくなります^^

 

2018年も
素晴らしい体験と豊かな時間をお過ごしください☆

 

 

 

MIND-QUESTでは
魅力的で豊かに成幸する貴方をプロデュースするために
個人コンサルティング・各種講座に力をいれていきます。

本年もよろしくお願いいたします^^

 

 

p.s. もし、
ワクワクをイメージしたい♪
2018年を加速成長したい♪

でも、イマイチそれがイメージできない、という方がいらっしゃったら
6日(土)にご一緒しましょう↓

2018年新春ビジョンマップ作成&エネルギーフル充電☆