本日限りの募集!

 

今日はお誘いがあります^^

 

どんなお誘いかというと・・・【実験】です。

 

思考は現実になる。って聞いたことがありますか?
私は今まさにそれを体感しております。

 

と、いうのも
昨日重い荷物を抱えたまま、玄関で脱ぎにくいブーツを無理やり脱いでいた時のこと。

 

「あ、こういう時にぎっくり腰になるんだよなー」って思った瞬間に
ぎっくり腰になっちゃいました><

 

もちろん、偶然なのかもしれないですけど。

 

 

でも、思考の現実化がとっても早くなっているなぁと感じている今日この頃なので
この出来事は私にとってあることをやってみよう!と決意させたのです。

 

それは毎日”祝福”を見つけるという実験。

 

最近、パム・グラウトという人が書いた本
「感謝」で思考は現実になる
を購入したばかり。

 

その本にはこう書いてありました。

 

〜人生では自分が注目したことが現実になる〜

 

意識していないと
出来ていないことやうまくいっていないこと、無いものにフォーカスしてしまいがち。

 

なので、この実験では30日間、
出来ていること・うまくいっていること・有るものにフォーカスして【感謝】しようと。

 

で、この実験をこれからやってみよう!と思ってます。

 

私一人でやろうかとも思ったのですが
なんせ、継続することが苦手な私。

 

なので、この実験を一緒にやってくれる方を募集します^^

 

 

やり方は簡単。
Facebookで秘密のグループを作りますので
そこに毎日3つ、
自分にとって心地よいものや美しいもの、感謝したいことやうまくいったことを探し、投稿する。

 

これだけ。

 

30日、つまり1ヶ月後にどんな変化が起こるか・・・
楽しみじゃありませんか?

 

しかも無料だし。笑

 

やってみたい!興味ある!方は
FBでメッセージくださいませ。

秘密のグループにご招待します^^
→ 現在は受付終了しております。

 

あ、ちなみに
今日から始めるので募集は本日(3月16日)までです^^
ご縁ある方に♪

 

 

 

 

 

”マリアージュ”が奏でる幸せなヒトトキ。

 

『ココ最近で一番の感動!そんなお店に行きませんか?』

 

美味しいものを知りつくしている友人にそう言わしめたレストラン。

 

それはぜひに♪と
昨日は広尾にある81(エイティワン)に行ってきた。

 

 

12名貸し切りの完全予約制。
全員が揃ってから案内される。

 

 

まず通された場所にて食前酒。
一口飲んでココロを落ち着かせてから
いざ、劇場へ。

 

全面黒に染まる部屋。
薄明かりの中、
何やら黒い箱が運ばれてくる。

 

 

あけてみるとおしぼりだった。
仄かにアロマが香る。

 

 

オーナーシェフ永島健志氏のMCでスタート。

 

 

スタートは甘い味覚を。
甘さは脳をリラックスさせる。

 

パリパリのクレープにギュッとつまったカニの甘さ。
試験管のリンゴジュースは自然の優しい甘さが詰まっている。

 

 

淡路産玉ねぎのピュレ

ほんの少しの塩がさらに甘さを濃厚にひきたてる。

玉ねぎオンリーなのに味わい深い。

 

 

クリーミーな白子のスープ。
冬の味覚だ♡
オリーブオイルがいいアクセントに。

 

 

南アフリカのシラー
スパイシーな香り。

 

この赤ワインに合わせるのは・・・うなぎ!

 

 

うなぎのカネロニ。

3つのテーマを1つのさらに表現してみた、という永島氏。

 

シンクロ 食感はやわらかさにやわらかさを重ね、同調させる。

コントラスト 味わい風味づけは 強いうなぎに優しいベシャメルソース

バランス 味付けは甘辛

 

味わいがなめらかな食感に舌が喜ぶ。
口に入れるとまず甘さが。あとから辛さがおいかけてくる感じ。

 

この絶妙なバランスに顔がホコロブ。

 

次に運ばれてきた泡。

 

 

シュワシュワの立ち上がりがが美しいなぁ・・・と思っていたらば
ドン ペリニヨン!!

 

 

これに合わせるお料理は

なんと!!

 

 

ハンバーガー。

ドン・ペリニヨンのためのハンバーガーとは・・・いかに!??

 

もちろん、単なるハンバーガーではない。

 

佐賀牛の4つの部位
イチボ、亀の子 ヒウチ リブロースを丁寧に挽いて作ったハンバーグに
焼きたてのブリオッシュの甘さと
カマンベールチーズとが口の中で絶妙に合わさる。

 

ハンバーガーらしく
かぶりつきながら、ドンペリを堪能する。
これがまた、楽しい♪

 

型にとらわれないスタイルが永島流。

 

サイドに添えられたマッシュルームは
ほんのりトリュフの香り。

 

鼻に抜ける感じが”美味しい”
これまたドンペリがすすんでしまう・・・。気づくとニンマリしている自分がいる。

 

 

次に運ばれてきたのはキレイな赤。
カリフォルニアのピノ・ノワール

可愛いらしい色。味もフルーティ。

 

 

ちなみに。

 

すべての料理は
こんな感じでお料理が運ばれてくる。
ランウェイを歩いてくるかのよう。

 

 

で、運ばれてきた料理がこれ!

 

 

京鴨

 

優しい温度で優しく火をいれた肉厚の鴨は
ピンク色のグラデーションがとても美しい。
写真では伝えられないのが残念。

 

鴨の素材や風味をそのまま味わえるようシンプルに仕上げた一皿。
ポップコーンを砕いて濾したパウダーに塩をあわせたものに
25年もののバルサミコを添えて。

 

こんな肉厚な鴨を食べたのは初めて
ましてやこんなに柔らかい鴨を食べたのも初めて。
硬く、パサついたイメージが見事に覆る。

 

鴨の味とやわらかさを堪能していると

どこからともなくスモークの香りが漂ってくる。

 

鴨にスモークを直接いれると
味までもがスモークになってしまい
火が入りすぎてしまうから

 

香りは香り、味は味として味わって欲しい、と永島氏。

 

嗅覚と味覚を合わせて脳で味わう感じ。
初めての体感だ。

 

 

そして次に運ばれてきたのは卵。
その皿の下にはパスタが仕込まれている。

 

 

合わせるのは白ワイン。

 

卵をパスタに割ってみると半熟玉子になっていた。
途端にたちあがるトリュフの香り。

贅沢な香りが鼻をくすぐる。

 

 

おコメのカタチのパスタ・リソーニに
パンチェッタとペコリーノ・ロマーノ

 

卵を大胆に崩して自分で
カルボナーラに仕上げる。

 

これが美味!!

 

濃厚すぎる味わいを
白ワイン・コンドリューでさっぱりと。

 

 

そして名残惜しいが最後の一皿。

 

デザートタイムになると
終わってしまう合図。
なんだかちょっとさみしい・・・。

 

が!もちろん味わう。

 

デザートはパンナコッタのドーム

 

中にはりんごとシナモンの香りが仕込んである。

 

 

デザートはもちろん美味しい。
グラスに入った珈琲はさらに美味しかった!!

 

生豆の選別、焙煎、抽出までこだわった珈琲だそうで
 
立ち上がる珈琲の香りは
いつまでもかいでいたいくらいの芳香。

 

 

こんなに一皿一皿しっかりと向きあって食事したのは
いつ以来だろうか・・・。

 

美味しさのあまりニヤけすぎて顔が筋肉痛になるかも?って思ったくらい
楽しんだ料理の数々。
 

皿ごとに変わるBGMと
皿ごとに変わるワインと。

 

初めましての人との出会いと
お久しぶり、の人の再会と。

 

諸々盛り沢山で
あっという間の2時間だった。

 

五感をフル活用して食べた食事。
美味しいものを楽しい人達と共有する楽しい空間。

 

ここでのショーは
すべてが絶妙なマリアージュで1つの作品になるのだな、と感じる。

 

とてもHAPPYなひと時だった。

 

 

店の名前「81」
日本の国際電話番号。
「世界を目指す」という意思の表れ。

 

 

季節を変えて
永島WORLDをまた味わいに行きたい。

 

 

 

 

 

ヲシテ曼荼羅、おそるべし。

 

今日はアーティストのHIROMI(牛嶋浩美)さんの縄文曼荼羅ワークショップだった。

 

前回お会いしたのは9月1日の新月。
そして今日は2月11日の満月。

 

なんだか月のエネルギーに導かれるかのように
群馬に来県されるHIROMIさん。

 

ずっとFacebookでその活躍を拝見していたのだけれども
ニューヨークの個展からかなり変化しているな・・・とネット越しに感じていた通り
素晴らしいSTORYがあり
よりシンプルに研ぎ澄まされたHIROMI WORLDを展開している印象を受けた。

 

ヲシテ文字

 

なぜか惹かれるものがあり、
パワーを感じていたのが2016年のこと。

 

今日はそのパワーを実際に体感することになった。

 

まずはHIROMIさんがアートに仕上げたヲシテのカードから
直感で一枚選ぶ。

 

 

すんなり決まる人もいれば
じっくり時間をかけて決める人もいた。

 

私が選んだカードはこれ ↓

 

 

このカードはMU

 

裏にはメッセージと質問が書いてある。

 

 

この質問の答えをみんなでシェアするのだが
これがそれぞれの”現在”にピッタリとくる答えを引き出すから驚き!

 

その答えを聴きながら
HIROMIさんが、それに対応するイメージ画と
英語での表現を伝えてくれる。

 

私のmujoin

 

自分の答えを胸にいだきつつ
鮮やかな色えんぴつで
思い思いに塗り絵をしていく。

 

100色あるとそれだけでウキウキ♪

 

色は光。
さまざまな光を見ているから心が軽やかになるのかも^^

 

 

夢中になって塗り塗り。

自分のインスピレーションで自由に塗り塗り。

 

そして私の完成した作品がコチラ↓

 

 

ちょっとゴールドのキラキラを入れて。

 

最後、何色を入れようか迷った箇所があるのだけれども
あえて何色も入れず、間(ma)をとった。

 

塗りながら・・・

 

MUは音的に”無”を表現しているなぁ。
MUから始まる言葉に無限大∞もあるなぁ。

 

MUは無、だから空(クウ)とも表現できるなぁ。

 

あれあれ?
これって色即是空・空即是色の世界じゃない?

 

・・・とまぁ
最近読んでいる0=∞=1の世界へひとっ飛び。

 

 

ちなみに
このカードにあった質問に対しての私の答えは
”本質の私”

 

普段、”私”と思っている私と
”本質の私”がJoinせよ、というメッセージでもあり

 

さらに先程の世界に
これからJoinするよ、という予告でもあるような気がしてる。

 

実に面白い!

 

 

さらにもう一度、
残ったヲシテカードから1枚チョイス。

 

1枚目のメッセージをより深く、あるいはさらに前進できるようなNEXT CARD。
これもまた直感で選ぶ。

 

私が引いたのはme(メ)

で、質問がこちら↓

 

 

HIROMIさんの解説をきいて
ビックリ。

 

me

 

このカードの中で唯一、女性を描いたものだとか。
最近、女性性の解放というワードが
あちらこちらからきていて。

 

まさか今日は自分がそれを引くとは!

繋がってるなぁ・・・。

 

英語ではhappy

 

自分をhappyにすること。
しかも女性としての自分を。

 

それが1枚目のカードの答え、
”本質の私”と結ばれるということにつながる、とHIROMIさん。

 

どんどん美しくなることを喜ぶ、とか
美しさを感じること、そのこと自体が
Happyなのよ、と。

 

女性としての自分と繋がること。

 

昔は
男に生まれたかったなぁと思ってた時期があったので
中性的な感じが好きだったし、

 

自分では”女性”というのをないがしろにしていた部分があったので
近年は大分女性を意識していたけれども。

 

とことん向き合いなさいよ、というメッセージかな。

 

それ、つい最近も言われたな笑

 

それならば!と
普段はぜーんぜん選ばないであろう、ピンクのグラデーションをチョイス。

 

 

でも、やっぱり”可愛い”感じじゃなくて
力強いものができあがった笑

 

 

 

最後にみんなの作品を並べてみると
個性豊かなものばかり^^

 

 

私も今、自分に必要なメッセージを
スバッと頂いたけれども

 

それぞれがそれぞれに必要でドンピシャなカードを選んでいる。

 

全ては自分の心が知っていて
無意識からのメッセージとパワーを受け取る時間だった。

 

最後にみんなでHIROMIさんを囲んでパチリ☆

 

 

懇親会もメンバーが入れ替わり、
楽しい時間を過ごしました ↓

 

 

 

 

そうそう!

HIROMIさんにサインしていただいたの^^
次の受講生さんはLucky&Happy♡

 

【世界で一冊!私だけの絵本】
2月18日(土)13:00〜16:00
限定4名様

 

【魔法の質問イラストカードマスター養成講座】
3月4日(土)10:00〜17:00
*日程が変更になっていますのでご注意ください。
ピン!と来た方、
Join&Happyな時間をご一緒に♪
お早めにご連絡くださいネ^^

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.5〜大神神社〜

 

いよいよこの旅も最終章。

 

奈良ならばこの神社がオススメだよ、と教えていただいたのが
大神神社。

 

大神と書いて”おおみわ”と読む。

 

【大神神社】

御祭神 大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
配祀  大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

 

大神神社は
日本最古の神社とも呼ばれているとのこと。

 

その昔、大国主神が国造りをしている際に
共に天下を治めるものはいるだろうか?と問いかけた時に
『私は汝の幸魂奇魂だ。』とあらわれたのが大物主大神であった。

そして三輪山に鎮まることを望み
大物主大神は大国主神の別の御魂(みたま)として顕現され、
三輪山に鎮まられた。

ご祭神さいじんがお山に鎮しずまるために、
当社は古来本殿を設けずに直接に三輪山に祈りを捧げるという
神社の社殿が成立する以前の原初の神祀りの様を今に伝えており、

その祭祀さいしの姿ゆえに我が国最古の神社と呼ばれている。

 

大神神社HPより。

 

長い参道を歩き

 

 

門へ。

 

 

その前には大きな大きな門松が。

もはや門松、ではなく松!

 

 

元旦、ということもあり
ものすごい人が参拝に訪れていた。

 

途中に
大祓祝詞に出てくる祓戸の神たちが祀られている
祓戸神社(はらえどじんじゃ)もあり
なんだか祝詞がより身近に感じた。

 

かなり待ってようやく境内に。

 

 

今年の干支である酉が大きく描かれている。

 

 

ここの氣はとても気持ちよく
タンザナイトも気持ちよさそう。

 

お参りをさせていただいて
こちらにご縁させていただいた感謝と
2017年の意を宣る。

 

御朱印をいただいた後
ふと、大きな気配に振り向くと
このご神木が。

 

 

なぜか、卵がお供えされている。

 

後にわかったことだが
このご神木は樹齢500年で
巳の神杉(みのかみすぎ)とよばれ
大物主大神の化身とされる白蛇が棲むことから名付けられたご神木。

それで巳の好物とされる生卵がお供えされていたのだった。

 

 

大神神社の境内は
多くの摂末社があり、見どころも多かった。

機会あれば1日かけてゆっくりと参拝したい。

 

 

2016年と2017年にかけての参拝はこれにて終了。

 

今回は京都奈良の神々にご縁を頂いてきた。

 

”3つの鈴”のお守りから始まった今回の旅。

振り返ってみれば
”水”に纏わる場所も多く

まさにみすずの旅だったな、と感じる。

 

良い歳になりますように。

 

いや、

 

良い歳にする♡

 

 

だって、決めたらそうなるから。ね♪

 

 

 

 

 

緊急開催☆お年玉特別企画!

 

ちょっと急ではありますが。

 

コラボ講座の相棒☆綿貫仁美氏との2017年新企画
第1弾を発足させます。

 

 

緊急開催 お年玉特別企画!
【グループコンサルテーション vol.1】

 

今年、私たちのコラボ企画は
益々成長に向かう中で

 

新たにグループコンサルという形をとって
私たちと共に成長していけるメンバーを集い
さらに進化成長させていきます。

 

人生をより豊かに
よりハッピーに
どこまでもクリエイティブに。

 

このグループコンサルに於いての今年のテーマは

 

 

〜 ラグジュアリーな場所で

   素敵な自分に出逢い

   素敵な石に出逢う  〜

 

 

今回は発足記念+お年玉特別企画として
プライスもスペシャル価格5000円に設定させて頂きました。

 

 

vol.1の今回はギンザベルエトワールVIPサロン高崎にて開催致しますが

今後はラグジュアリーなホテルや

スイートルームなどでも随時開催していきます!

 

日本各地、どこで開催するかもわかりません。

私たちの直観に触れた場所で
その都度開催していきます。

 

そしてグループコンサルの内容も
集うメンバーによって毎回変えていきますが

 

vol.1の今回は

ご参加者の方々に
解決させたいお悩みやご相談ごとを
ひとつだけお持ち頂きます。

 

どんなジャンルの内容でも構いませんが

公開コンサルの為

ご参加者みなさんの前で発表出来るものをお持ちください。笑

 

浅香美鈴と綿貫仁美のスキルと叡智を総動員して

全力でコンサルテーションさせて頂きます!

 

お悩みの内容によっては

 

カードセッションになるかもしれない。

宝石フィッティングに入るかもしれないし

『問い』によって導くかもしれない。

 

それ以外の事も、その内容によって
着せ替え、組み合わせ、最高のセッションにしていきます。

 

 

2017年は既に華麗にスタートをきっています。

 

今年は誰にとってもスタートの時!

そう、目醒めの時なのです。

 

重いエネルギーでは
その先に進めないのです!

 

色々な学びに投資しても

知識だけを身につけても

宝石を既に迎え入れていても

 

その先に進めないというのなら
臨むヴィジョンに到達していないというのなら

まだクリアしなければいけないポイントがあるのです。

 

本来乗算として加速していくものが
その場所に到らないならば

到らないだけの未消化なエネルギーを内在させているだけ、解放していないだけなのです。

 

そのポイントを洗いざらいにして

クリアリングして

いよいよ本格的な一歩を踏み出してみませんか?

 

私たちが全面バックアップします。

 

もちろん、変わるも変わらぬもその方次第ですが

直観に従って

ピン!と来た方

その先に進まれる事を希望される方は

是非にご参加くださいませ。

 

今回、募集人数は6名です。

初めましての方も大歓迎!

 

私たちも新しい時代に向けて
新しいフォーメーションを組んでいきたいと思っています。

その為に

 

手放して

赦して

進化して。

 

そして本来のあなたが立つべき場所へと向かいましょう!

 

 

私たちも楽しみです!

 

 

参加申込みはコチラから。

 

 

 

 

 

2月の満月は縄文曼荼羅で癒やされませんか?

 

牛嶋浩美さんが群馬にやってきたのは
昨年の9月。

 

【縄文】を求めて
群馬県の岩宿遺跡を訪れていた時にランチ会をしたのだった。

→ 決めた瞬間から未来は変わる

 

ひろみさんと言えば

 

私の講座を受講してくださっている方にはお馴染みの

 

魔法の質問イラストカード
世界に1冊☆あなただけの絵本のイラストを描かれている方。

 

 

 

ランチ会では
色々な話で盛り上がり

 

その中で
当時、私の中でもすごくブームだった古代文字の話に至った。

 

ひろみさんは
イラストじゃなく、
線や点で色々なことを表現していきたいという夢があったとか。

 

そんな中で出会ったのが
縄文時代の文字 ヲシテ文字

 

文字の持つ点や線、曲線が
表現したかったものにものすごく近かったことにインスピレーションを得て
曼荼羅にしてみたらば・・・

 

その形はまるで細胞のように神秘的なものになったという。

 

それを縄文曼荼羅と名付け

 

塗り絵をしながら
言霊をイメージするというワークショップをはじめたというから
一も二もなく

 

やってみたい!!

 

と、盛り上がり。

 

2月に再び来県してください!

 

と、スケジュールを押さえていただいたのだった。

 

 

その間、ひろみさんは

 

NYで縄文曼荼羅の個展をやったり
コロンビア大学大学院の方たちに曼荼羅ワークショップをやったり

 

あらたにイマジネーションがおりてきて
Little Annが登場したり。

 

 

昨日まで開催していた東京での個展も大盛況のうちに終了。

 

本当にパワフルに活躍なさっている。

 

ますますパワーアップしたひろみさんに
再会するのがとっても楽しみなのです^^

 

 

ワークショップをする日は
2月の満月!

 

月のエネルギーも相まって
パワフルなワークショップになることは間違いなし。

 

ピン!と来た方。
ひろみさんのイラストファンの方。
イラストカードマスターやライフストーリーテラーの方。
縄文曼荼羅、という言葉になぜか惹かれる方。
なんだかわからないけれども、楽しそう♪と思った方(笑)

 

ぜひ、ご一緒しましょう^^
詳細はこちら↓

 

 

【縄文曼荼羅ぬりえワークショップ】

 

縄文文字を曼荼羅にした絵の塗り絵のワークショップ

 

どの絵を選ぶかは 縄文曼荼羅カルタを引いて決めるので
すべては 自分の潜在意識におまかせ♪

 


↑ 縄文曼荼羅カルタ

 

選んだカードの裏には
その文字にある言霊のメッセージと質問が。

 

何気なく、選んだのにも関わらず
今の自分にピッタリな言霊がおりてくることでしょう。

 

そして100色の色鉛筆の中から
インスピレーションで選んで塗り塗り。

 

無心で色を塗っていると
いつの間にか自分の内側へと意識が集中します。

 

仕上がった作品は
まさに自分の中にある意識やエネルギーが浮かび上がり
顕在化したもの。

 

縄文のエネルギーを感じながら自分だけの曼荼羅を作りましょう^^

 

作品に額装までしてくださるので、お家ですぐに飾れるってところも嬉しい♪
パワフルな自分から出たデザインはいかに?

お楽しみに〜♪

 

日時:2月11日(祝土)13:00〜16:00
場所:グリーントゥモロー Aルーム
群馬県前橋市小相木町764
参加費:15,000円(ぬり絵&額縁付き)
申込みはこちらから↓

Facebookイベントページ

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.4〜丹生川上神社 下社〜

 

天河大辯財天にお参りして宿に戻り
朝食は新年のお屠蘇からスタート。

 

 

続いてお祝い膳。
湯豆腐にもほっこり♡

 

例によってお雑煮は味噌仕立て。
具材はすべて丸いカタチなのに
お餅は四角のままなんだなぁ。

 

 

朝、露天風呂に入りながら
今年の1文字をぼんやり考えていた。

 

2017年はスタートの年。
なので、能動的に動きたいなぁと思いつつ
お湯を見ていたら一文字が降りてきた。

 

【源】

 

いつも講座で伝えていることがある。
自分が源ですよ、と。

 

今年はそれをさらに意識していこうと思う。

 

こんこんと湧き出る水は
同心円の波紋を創り出す。

そしていつしか
人々の乾きを潤し、命の源となる。

 

自分が源泉。
私の内側から湧き上がってくる想いに。
溢れ出す熱に対して
純度高く向き合い、表現し、行動し続けていこう。

そんなはじまりの1年にしよう、と決めた。

 

うん、いいスタートができそう^^

 

 

そんな上々の気分で宿を後にし
次に向かったのはこちら!

 

 

丹生川上神社 下社(にうかわかみじんじゃ しもしゃ)

◎主祭神
闇龗神(くらおかみのかみ)
*いざなぎ、いざなみ二尊の御子神
万物の生命の源となる水を主宰する美しい女性の神様
日本最古の水の神

 

 

自分が源泉!

 

今年は源がテーマだ!と決めた瞬間に
この神社に参拝するとは・・・。

 

やはり自分の内側が
外側の現象に顕れるのだということを
教えられている気がする。

 

 

敷地内には白と黒の新馬が。

 

あとから知るが

天平宝字7年(763)に黒毛の馬を献上して以来、
雨乞いには黒馬、晴れを乞うときには白馬を献上するようになり、
水の神として朝廷から篤い信仰が寄せられました。

巡る奈良 より

 

なるほど。
しろちゃんとくろちゃんは
そういうお役目があったのだ!

 

 

山の中にひっそりとあるこの神社。

 

すごくシンプルなのだけれども
静謐な氣が満ちていて
なんだか心が洗われるようだった。

 

そうそう、境内内には
水道があって。
よくよく見るとそこには大麻で結界がはってあった。

 

ご神水、と書かれているので
龍神のエネルギーを持つタンザナイトという宝石をこの水にて洗ってみたら
ものすごくクリアになり、エネルギーがパワーアップした。

 

友人達もタンザナイト持ちなので
すぐに呼び寄せ、洗ってみると・・・

 

一瞬にして色が変わった石もあって驚く。

 

タンザナイトは多くの場合、青紫色なのだが
多色性があり、見る角度によって色が変化する石。

 

 

その時の色の変化は
完全に青紫色だったものが緑色が入って、全く別の石になった感じ。
その場にいた一同びっくりだったが、本人が何よりも驚いていた。

 

太陽が出てきて振り向いてみると

 

 

龍が笑っているように感じた。

 

昨日から
元伊勢でも元出雲でも真名井の水に触れ、
この丹生川上神社でも水の神様に導かれた。

 

なんと、ありがたいことだろうか。

 

命の、水を大切にしなさい。
そしてクリアに生きよ。すべてのものを滞らせず循環せよ。

 

そんなメッセージを頂き、
次の場所へと移動した。

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.3〜天河大辯財天社〜

 

そもそも・・・
今回の旅の発端は
このお守りを見たことに端を発する。

3つの鈴のお守り→みすずのお守り→美鈴のお守り

 

これは私のためのお守りだ!

 

そう思って
天河神社が”いつか行きたいリスト”2016年のはじめだった。

 

それが友人達のおかげで
1年以内に叶うことになったのだから
本当にありがたい。

 

京都から奈良へ移動し
年末年始はこちらの宿にお世話になった。

 

大峰山洞川温泉郷 光緑園西清

 

到着は夜で
うっすらと雪が残る庭を歩くと
どどーんと特大の福の笑みで出迎えられた。

 

 

温かい葛湯のもてなしに
冷えたカラダと心もほっこり^^

 

部屋に荷物をおいて
ささっと湯浴みをし
大晦日の宴を楽しむ。

 

 

全体像を撮るのを忘れるほど
お腹が空いていた私^^;

 

次から次へと運ばれてくる料理に舌鼓。

 

部屋に運ばれてきた食後のぜんざいまでペロリ。

 

満腹状態からしばしの休憩後
2年参りへと出かける。

 

 

天河大辨財天社

厳島神社と竹生島と並び、日本三大弁財天のひとつ。

◎主祭神
市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)
芸能の神として芸事の上達のご利益があり
芸能界の方々もお忍びで多数参拝されているとのこと。

 

ちなみに年末、先程の宿には
アモーレ婚で話題の長友&平愛梨さん達も訪れたというから
こちらにご参拝されたのだろうな。

 

それにしてもこの手水・・・
勢いよすぎじゃない?

 

なかなか柄杓に水が入らないくらい^^;

 

レーザービームを彷彿させる勢いで
私も2017年はこの勢いで駆け抜けたい!と思った。

 

休みどころに案内され、お茶を飲みながら待つことしばし。

 

23:45から本殿にて除夜祭が行われた。
いよいよ2016年の仕上げの大祓だ。

 

そして新年を迎え、
引き続き玉串奉奠の儀が執り行われる。

 

凛とした、厳かな雰囲気に
自然と謙虚な気持ちになる。

 

脈々と受け継がれてきた伝統の儀に参列しながら
ここの場に居られることに
あらためて感謝の気持ちが湧き上ってきた。

 

すべての儀が終了し
一人ひとり参拝する。

 

拝殿にある鈴は【五十鈴】

 

天河神社に伝わる神器で
鳴らし方も通常の鳴らし方ではなく
ぐるぐると円を描くように回す。

 

これがなかなかに難しい。

 

一説によると
この不思議な音色に共鳴したUFOが来るらしく
目撃情報も多数だとか。

 

五十鈴を鳴らし、
神に感謝の気持ちを伝え、意宣った。

 

神様には
これを叶えてください、というお願いではなく

 

私はこうなります!
私はこれをやり遂げます・・・等々
宣言するのがよろし。

 

私も2017年の自分を意宣ってきました^^

 

その後、なんと!
参拝者全員にお雑煮が振る舞われた。

 

関西のお雑煮はこれが初めて。
味噌仕立てなのが新鮮!

 

真夜中ながら
美味しく、ありがたく頂戴した^^

 

2017年に入って
初めて口にするものが
神社でいただけた、ということは・・・

 

きっと2017年も

美味しいものに恵まれること、間違いなし!(笑)

 

そして
普段はめったに引かないおみくじだけれども大吉♡

 

幸先の良いスタートにこの1年が早くも楽しみになってきた♪

 

そうそう、天河神社には言い伝えがあり

「縁がない者は天河神社に辿り着くことができない」と残されているとか。

 

2016年から2017年という年越しを
こちらで迎えられたということは
何か変革のタイミングであるということ。

 

これから自分の世界をどのようにクリエイトしていくのか
2017年がキモになるような予感が沸々としてる。

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.2〜元出雲編〜

 

元伊勢三社めぐりを終え
友人家族と合流し、
ここからは車で移動。

 

そして次に到着したのがこちら!

<出雲大神宮>

丹波国一宮
*一宮とは国で一番有力な神社のこと。

 

◎御祭神
大国主命(オオクニヌシノミコト)
后神である三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)

 

大国主命といえば
中つ国(日本の国土)の経営をし、後に皇孫に国譲りをしたことで有名。
国譲りの神とも言われている。

 
そして日本一の縁結びの神でもある。

 
縁結びと言っても恋愛や結婚だけでなく
人生を彩る様々な縁を結ぶという神様。

 
だいこくさまが福の神といわれる由縁だ。

 
人聞が立派に成長するように、社会が明るく楽しいものであるようにと、
お互いの発展のためのつながりが結ぼれることである。

出雲大神宮HPより

 

訪れたのが大晦日の夕方だったからか
参拝客は数名。

 
巫女さんたちが境内を掃き清めていることもあってか
とても清々しい氣をいただいた。

 

御神体山より絶えず湧き出ているという真名井の水は
「天下の名水」とも言われているらしく
味わってみると甘く美味しい。

 
到着したのが夕暮れ時で
ゆっくりと散策することができなかったのが残念だが
十分にむずびの力をいただいた、と思う。

 
ここももう一度
訪れたい場所の1つとなった。

 

 

 

ちなみに・・・
出雲大神宮は”いずもおおがみのみや”とも呼ぶそう。 

 

同じ”大神”の文字がある
翌日に奈良県の大神神社に訪れることになっていたのも
必然のことなのかもしれない。

 

 

 

 

2度めの曼荼羅ワーク®で気づいたこと

 

曼荼羅ワークに初めて参加したのは8月のことだった。

 

その時はただ単に
”曼荼羅”という言葉に魅せられから参加したのだが

 

やってみると
思いの外、集中できることと
予想していたものとは違う作品に仕上がったことが面白く

 

今でも部屋に飾ってある。

 

ちなみに絵心のない私でも
なんとかカタチになったので
誰にでもアート作品が創れるところも魅力の一つだ。

 

今回は体験したことのある人だけが参加できる
【曼荼羅ワーク®シェア】会なるものに参加してきた。

 

 

ありさちゃんは
今年の5月に仕事を卒業し
この曼荼羅ワーク®に専念しているファシリテーター。

 

日本中を旅しながら
描く瞑想*曼荼羅ワークレッスン
ご縁ある方に届けている。

 

その一方で
近代日本美術展の新人賞も受賞している素晴らしいアーティストでもある。

 

そのありさちゃんから

なかなか筋がいい!

と褒められたら

 

絵心のない私でも
ちょっと自信をもったりして(笑)

 

 

シェア会はこんな手順で進められた。

 

まず参加者の方達から今日のテーマを出し合って
一つ、決める。

 

そしてそのキーワードからイメージする言葉を
ブレストしていく。

 

そのブレストした中から
さらに自分にしっくりくるエネルギーを感じる言葉をピックアップして。

 

その言葉に対する体験や気づきをお互いにシェアしていく。

 

そしてピン!ときたパステルの色をいくつでも選び
下絵として指で塗り塗りする。

 

私は今回7色のパステルをチョイス。

 

この時、
薄い色からスタートして徐々に濃い色を重ねていく。

 

この作業が本当に楽しい♪

 

自分が思い描いた色とは違う色が出たり、
単色ではすごく綺麗で好きな色なのに
重ねると美しくない色が浮かび上がったり。

 

どの部分も自分の中から生み出されたものだから
これも今の自分なんだな、なんて納得したりして。

 

 

次に誘導瞑想から
閃いたカタチを画用紙に書き、左右対象に切り取って型にする。

 

下絵のど真ん中を決め
そこから上下左右対象に
その閃いたカタチを消しゴムで削り取っていく。

 

曼荼羅ワークの特徴は

 

足す、ではなく
引く。

 

重ねてきたものを削ぎ落としていくことで
浮かび上がってくるものがそのままアート作品になる。

 

あれ?
これって何かに似ている・・・

 

 

しばし考えたら答えが出てきた。

 

『これは人生と同じかもしれない』と。

 

ある程度、ある年齢までは
色々な種類の体験をし、学んで
沢山引き出しを増やしていく。

 

それが満ちると
本当に自分に必要なものを見極め
どんどん削ぎ落としていく。

 

そうやって断舎離した後に残ったものは
本当に自分が大切にしているもの。

 

削っているのに
そのエネルギーはどんどん増していく。

 

そして

 

磨けば磨くほどに
それは研ぎ澄まされ輝きを放っていく。

 

曼荼羅ワーク®と人生の共通点を見出したようで
ちょっと嬉しくなったりして。

 

そうやって削ぎ落としながら完成した作品に
キラキラのグリッターを振りかけて仕上げる。

 

私はゴールドとシルバーをチョイス。
角度によってキラキラと光る曼荼羅。

 

出来上がった曼荼羅を見て
タイトルを決める。

 

私におりてきたタイトルは

 

【The Source】

 

覚醒のテーマで始まった曼荼羅ワークだったが
テーマに相応しいものができたような気がする。

 

力強さ、はないけれども
静かに満ちて溢れ出しているような感じ。

 

今回使った色を再度確認したら・・・

 

 

そう、チャクラの色を全部使ってた。

 

無意識ってすごい・・・。

 

描きながら
チャクラを整えていたのだなぁと実感。

 

 

今回は3名でじっくりと取り組んだシェア会だったのだけれども
その作品がこちら↓

*下3枚がこの時間に描きあげた作品。

 

そのアートを見ながら
どんなことを感じるか
どんな気付きがあったかをシェアしあった。

 

それぞれの【覚醒】が
アートの表現されていてとてもエネルギッシュ。

 

自分の中にあるものを転写する曼荼羅ワーク®は
今の自分、あるいは
少し先の自分が映し出されるのかもしれない。

 

秘めたる自分に出逢いたい人に
オススメしたいワークショップである。

 

ご興味がある方は
高橋ありさちゃんまでご連絡を。

 

 

そうそう、
9月に行った長野の【水輪合宿】
お二人とも興味津々!

 

参加したい〜♡というラブコールを受け
2017年も5月あたりに計画することにしました。

 

これまた濃ゆい時間になることは間違いなし♪

 

日程が決まったらこのBlogでもお知らせしますので
ご興味ある方はしばしお待ちあれ^^