次なるチャレンジは・・・

 

 

 

3月16日から始めた実験
「感謝」で思考は現実になる実験CLUBが
昨日でちょうど満100日を迎えた。

 

Blogやfacebookで呼びかけたところ
予想外に多くの方に参加していただいて、本当に嬉しかった^^

 

忙しい毎日を過ごしながら
つい”当たり前”になりがちな日々の出来事の中に
沢山の感謝が詰まっている。
それを1日3つ、FBの秘密のグループにて投稿するというものを
毎日100日間つづけたわけだ。

 

1日3個、それを100日。
そうやっていくと
感謝思考というものが育っていく。
当たり前、と思っていたことが
有り難し、ということに気づく。

 

 

子どもの頃は
何もかもが新鮮で、毎日が発見の連続だったように

 

「とてつもなく素晴らしいことが起こる」ことを認め、アンテナを立てていると
感謝ができることが平穏で退屈だった日々に溢れていることに気づく。

 

もちろん、仕事や出先、人間関係等々で嫌な気分になることもあるが
それすらも感謝に変えられる、捉え方の変化。
思考の持ち方で自分のゴキゲンを取り続けられるのだ、という実感。

 

自分の中にあるネガな感情やネガな思い込みに気づいた時
今までであったら蓋をして、見て見ぬふりをしていたであろうことも

 

それをありのまま認め、赦し、感謝して手放すという一連の流れが
どんどん自分自身を軽やかにしていったというプロセスを
参加してくれたどのメンバーも経験し、体感・体得し、自分の財産としていった。

 

大人になった今でも
まるで筋トレのように毎日毎日続けていくことで
豊かに養われたのが感謝思考、なのだと感じる。

 

ないない、と思い不足・不満を抱えていたけれども
それはただ単に見えていなかった、認識していなかっただけだということ。

 

認識した瞬間、
それは鮮やかに浮き上がり現実となる、ということを
この100日間で体感できたことは本当に嬉しい成果だ。

 

100日という区切りを持って一度これを手放すが
私自身はこの習慣を続けていきたいと思っている。

 

 

そして今日から!!
新たに始めるのが動部

 

感謝で思考は現実になることが
ありありとわかった今、

 

受け身ではなく、主体的に動きたいな、という気持ちがむくむくと沸き上がってきた。

 

つまり思っているだけの状態から
行動までしちゃおう!という次の段階へステップアップ!!しちゃおうってわけ。

 

思いついても腰が重くて
なかなか行動にうつせないってことありません?

 

やったらいい、ってわかっていても
なかなか取り掛からないで先延ばしにしちゃってること、私にはたーーくさん、あるんですよ^^;

 

なので、今回は行動をする、をテーマにした幸動部を創ります!

 

でも・・・
私は私の性格を知っている。

 

 

一人じゃ無理ーーー!!

 

 

そもそも習慣が苦手なワタシ。
感謝CLUBが100日続いたのはまさにミラクル!

 

でもその奇跡がおこったのは
一緒にやってくれる仲間の存在があったからこそ。
なので、今回も仲間を募集します☆

 

やり方は簡単。

 

今日やる行動を1つ宣言して、実際に行動した結果を書く。
これだけ。

 

行動、ではなく幸動。

 

つまり、タスクを書くのではなく

 

自分を幸せにする行動を宣言し、行動するというのがポイントです。

 

例えば・・・

 

自分がゴキゲンでいるために自分ができる行動。
理想の自分に近づくための行動。
目標に向かって一歩ずつのステップ。
こんな風に伝えたら、身近な人との関係がHAPPYになるな、という言動。
こんな風にしたら職場の人間関係が円滑になるな、という行動・・・etc.

 

その行動をすることで
自分が幸せな気持ちになったり、
幸せな現実がクリエイトできる。
それを宣言して実際に行動にうつそう、というものです。

 

これを30日間続けます。

 

30日間のうちに、

思っているだけでなく
思ったことは即行動できる自分になっているハズ。

 

そしてその行動は
自分を幸せにつながるものだから

 

結果、いつもHAPPY!でいられる。

 

今回もFacebookの秘密のグループをつくりますので
そこに投稿していただく、というスタイルです。

 

30日、つまり1ヶ月後にどんな変化が起こるか・・・
楽しみじゃありませんか?

 

しかも無料だし。笑

 

やってみたい!興味ある!方は
FBでメッセージくださいませ。

 

秘密のグループにご招待します^^

 

ちなみに今日は新月。
そして一粒万倍日です。

 

何かをスタートするには絶好の日♡

 

募集は本日6月24日(土)23時まで。
お申込みはFBのメッセンジャーへどうぞ^^
→募集は締め切りました!

 

 

 

昨日、小林麻央さんの訃報を東京からの帰りの電車で知った。

 

がんでありながら、それと真正面から向き合い
痛みや苦しみ、辛さを抱えながらも
家族はもちろん、自分と同じような病状を持っている方の勇気になれば、と
素のままの自分をBlogを綴り続けたその在り方、生き方に本当に感動した。

 

最期の最期、
愛してる、と伝えあえたパートナーに巡り会えたこと。

 

愛する家族とともに
自分の人生を全うできたということは
34歳という短いように感じられる時間ではあるが
完全に今生での命を全うしたのだな、と
涙は出るが
やはり勇気をいただいた。

 

生き様と死に様。

 

どちらも同じなのだ、と
1月にも教えてもらったのだが

 

真央さんからもまた同じく、再度教えられた。

 

最期の最期まで自分らしくあり続けられた真央さんに
心からのご冥福をお祈りします。

 

 

そしてやはり
生き方は自分の行動で決まるな、ともしみじみ実感。
自分の人生を充分に生ききるためにも
幸動しよう、と思います。

 

ご縁ある方に届きますように。

 

 

 

 

 

MOTIFでのアフタヌーンティ。

 

アフタヌーンティ熱がムクムクと湧き上がって
このお茶会を企画☆

場所はコチラ↓

 

http://www.fourseasons.com/jp/tokyo/

 

7階に降り立つと
ステキなモニュメントが出迎えてくれる。

 

 

席に案内されると
テーブルには今回のアフタヌーンティでのお土産が乗ってた♡

 

 

席に着くと
さっそくウェルカムドリンクがサーブされる。

 

この日は30度超え!
暑かったからオレンジの酸味が聞いたアイスティは最高だった☆

 

今回お茶会に集まってくれた方々↓

 

 

昨年から知り合った方、
5年ぶり?に会った方、
まだ3回目ですよね、な方。
このお茶会での再会はとても意味あるものだったな^^

 

さて、早速アフタヌーンティの写真レポを。

 

 

左手前から時計回りに

 

Marinated Foie Gras with Lychee
(フォアグラ 鴨 マリネ ライチ)
Mini Wagyu Burger
(和風ミニ和牛バーガー)
Crab Tart with Spring Cabbage
(蟹 春キャベツ タルト)
Salmon Mie Cuit with Seaweed and Basil
(サーモン ミ・キュイ 昆布とバジル)
Braised Daikon Radish with SAKURA Shrimp and Grapefruit
(海老 大根 グレープフルーツ)

甘いものばかりではなく、軽食も出た。
しかもみなそれぞれが美味しい〜☆

すべてが濃縮された旨味で出来上がっているから
一口サイズでも充分満足^^

 

 

Truffle Popcorn and Cumin Chips

 

(トリュフポップコーン クミンチップ)

 

このチーズ煎餅の下にポップコーンが入っていたのだけれども
トリュフの香りが鼻に抜けてとっても美味しい♪

 

 

軽食が終わったら
スイーツが運ばれてきた!

 

 

女子が好きなピンク!
すべてが可愛らしい♡Lovely!

 

左手前から
Cassis and Violet Cream Puff
(カシスとスミレのシュークリーム)
Fruit Tart
(タルトフリュイ バルサミコ)
Vanilla Macaron with Vincotto
(マカロンヴァニーユ ヴィンコット)
Cake “Signorina In fiore”
“シニョリーナ インフィオーレ” ケーキ

 

真ん中が
Chocolate Lollypop with Blueberry and Basil
(ロリポップショコラ ブルーベリーバジル)

 

 

 

このケーキは
今回のお土産である香水瓶を模したもの。
食感が複雑で楽しい♪

 

 

お土産の香水はコチラ↓ 似てるよね^^

 

 

 

わさびの葉っぱで涼やかな演出☆

 

 

Pear Sherbet
(洋梨のソルベ)

 

 

 

Jasmine and SAKURA Scones
(ジャスミン茶と桜のスコーン)

 

クロテッドクリームとジャムがまた絶妙な甘さで美味しい♪

 

もちろん、飲み物も充実☆

 

 

With 30 Different Teas and Coffees
(約30種類の紅茶コーヒーをお好きなだけ)

 

あっという間の2時間でした^^

 

 

心地良い素敵なメンバーと
素敵な場所で楽しむアフタヌーンティ。
豊かな時間を過ごすことができました!
ご参加くださった方、ありがとうございました^^

 

何も目的がないお茶会って
なかなかできなかったのですが・・・^^;

 

お茶を一緒に楽しむだけでも
すごく実りある時間でした^^

 

今回、先着3名様だったので
お断りさせていただいた方々もいらっしゃいました。ごめんなさいネ。

 

また企画いたしますネ☆
今度はご一緒できることを楽しみにしております♪

 

 

 

 

 

 

信じて見守るエネルギーとチームプレイに触れる。

 

GWも終わり、すっかり通常モードになりましたね。
みなさんはどんなGWをお過ごしでしたか?

 

私は1週間ほど、仲間たちと韓国に行き
合宿形式で脳の認識技術を学んできました。

 

いや~濃かった!
朝から晩までのプログラムに加え、久しぶりの集団生活。
なかなかにハードでしたが
終わってみれば1週間があっという間でした。

 

最近では脳の特性と心のメカニズムがとても興味深く、
色々なアプローチで研究しているのですが
今回の学びによってそれがかなり論理的に納得理解できるようになってきました。

 

でも、全然スムーズじゃなかったのです。

 

 

実はこの学びは2月から始めているのですが
始めた時から
ずっとモヤモヤが続いていたんですね。

 

頭で理解はできているけれど
なんだか納得しない。
釈然としない何かが私の中にくすぶっていて
でもそれがなんだかよくわからない。

 

内容は理解できている。
多分、説明もできる。

 

でも
なんだかよくわからない。

 

これがこの合宿でもずっと続いていました。

 

わからないことがわかっていたら
質問すればいいだけのことなので、簡単なのですが

 

今回は
何で引っかかっているのか、それがわからないので質問もできない。

 

 

そんな中、最終日の前日の夕食の中で
仲間の一人が言った一言でさらにモヤモヤが加速。

 

夜の講義もそのことで頭がいっぱいで内容が全く入ってこないことに気がついた時に

 

「あれ、このことに縛られている自分がいる。」と自分を外側から観察できたのですよね。
で、一旦そのモヤモヤは置いておいて、講義に集中しようと決めた。
その瞬間、講師のある言葉に

 

「あ!これこそがモヤモヤの原因だった!!」と気づいたのでした。

 

気づいてもそれを解消するには至らない。
これはもう、直接講師に質問するしかない!
けれども講義も終わって講師は退室。
明日は最終日で講義はないから質問する機会はない・・・と諦めかけたその瞬間、別の仲間が

 

「朝食のときならばチャンスがあるかもよ。」と教えてくれました。

 

翌朝、朝食のときにはすでに違う受講生が講師をつかまえてコンサルしてもらっている。
でも絶対、直接聴きたい!と出口のところで人生初の出待ちをしました。

 

講師が出てきた瞬間、声をかけて
自分のモヤモヤしている原因を直接ぶつけてみた、ら

 

私が囚われていたものを指摘し、

 

それが間違っていたことを認識させ、
すでに私自身が本質の学びを得ているのだと気づかせてくれたのでした。
その時間、わずか5分。

 

しかもなぜかはわからないけれども涙が出た。

 

涙の理由は頭では理解不能なのですが
奥底にある自分の心が講師の言葉に反応したみたいです。

 

おかげでモヤモヤもスッキリ!

 

 

もし、あの時決断しなかったならば
きっと今もモヤモヤしたままで帰国していたことでしょう。

 

 

帰国して翌日の昨日、仲間たちで東京に集まって学び気づきのシェア会をしたのですが

私のモヤモヤしているのをどうやらみんなが察知していたみたいなんです^^;

 

夕食の時に私のモヤモヤを加速させた(意図的なプレッシャーだったみたいですが笑)仲間も
朝食の時にチャンスがあるよ、と言ってくれた仲間も
私も聞きたい!と一緒に出待ちしてくれた仲間も
そして質問している時になぜかいる数名の仲間も

 

実はみーんな私のことを観ていた。

 

相談はしていないけれども、
自分がそれぞれ携われるところでフォローをしてくれていたってわけです。

 

これはとても驚きでした。
チームプレイが自然発生的に起こったのですから。

 

 

もちろん、私自身が決断して出待ちしてまで講師に直撃しないことも十分に可能性はあった。
モヤモヤしたまま、帰国することもできたのです。

 

そうだったとしても
仲間たちは何も言わず、見守ってくれていたことでしょう。

 

でも、私は行動し、気づきを得た。

 

そのことをシェアすると、
ものすごく喜んでくれているメンバー達をみて、また泣けてきました。

 

あぁ、私の変化を信じて待ってくれていたんだな、って。
これはとっても嬉しかったですね。

 

日頃、私は自分の講座の中で
心配のエネルギーよりも応援のエネルギーの方が相手はよっぽど嬉しいのですよ、と
伝えています。

 

心配するより
信じて見守ろう。応援しよう、と。

 

今回は期せずして
”される側”を体験したわけですが、

 

信じて見守ってくれるエネルギーって
本当に嬉しかったし、
安心安全な海の中で泳げているなって感じました。

 

この体験は今後の講座においてもお伝えしていきますね^^
そして、今回あらたに学んだ内容も踏まえて
バージョンアップした講座を展開していきます。

 

 

☆只今募集中の講座

リクエスト開催!
<魔法の質問イラストカードマスター養成講座>
5月21日(日)10:00〜17:30
場所:ライフアップスクエアアイズroom4
受講料:29,800円
*桐の箱に入ったカードはこれがラストとなります。

 

<人生をクリエイトする質問講座>
5月28日(日)10:00〜17:30
場所:ライフアップスクエアアイズroom5
受講料:34,800円
詳細&お申込みはコチラから

 

 

 

 

 

感謝をこめて♡

 

2月25日。
今年はSPECIALな場所で誕生日を迎えることができました^^

ずっと憧れだった場所で、
素敵な人達から祝っていただけたのは
私にとって素晴らしい経験でした♪

 

実は今回の旅、
昨年の6月に行った地中海クルーズで知り合った方が企画した旅だったのです。

 

まさかまた、一緒に旅するだなんて
縁とは面白いものですね♪

 

たとえその時は一瞬の縁だったとしても、
縁は深めることができる。

 

付き合う時間の長さも大切ですけれど
どれだけ濃い時間を過ごしたか。

 

それが人生において
色鮮やかに財産となるのではないかなぁって感じます^^

 

かねてから行きたかった場所【ハワイ島】にご縁が繋がり
しかもその場にいた皆さんや日本にいらっしゃる沢山の方からお祝いメッセージをいただいて
素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

みなさん、ありがとうございます^^

 

そこで今回の旅の体験と感動をわかちあいたいなぁと思い
感謝企画として3月9日(木)のサンキューディにシェア会をします♪

 

 

 

プチお土産も準備しておりますヨ^^
ハワイ島の神様、ペレからのメッセージカード付きです♡
 

希望があればプチセッションなんかもやっちゃおうかな〜♪

 

 

エネルギッシュなハワイ島のエッセンスを
ご縁ある方と共有できることのが嬉しい^^

 

そしてこの場でご一緒した縁が
どんどん深まり、広がることがと~っても楽しみなのです♪

 

 

参加費用なのですが、今回はご自身の飲食代のみ実費でお願いします。
*どちらの会に参加希望かお知らせくださいね^^

 

14時~【お茶会】 今万人珈琲高崎インター店 http://goo.gl/tn8Czj
19時~【食事会】 りんでんばうむ 高崎店 http://goo.gl/kSOXZx

*なお、各回5名様とさせていただきます。
ご応募が多数の場合は抽選とさせていただきますので、予めご了承ください。

 

お申込みはコチラから♪

 

お会いできることを楽しみにしております^^

 

 

 

 

 

満ちてかえる

 

昨日は大好きな、そして私の人生を変えてくれたギンザベルエトワール岡本社長の
告別式でした。

 

宝石鉱山を模した色とりどりの華やかな祭壇。

 

そのてっぺんに飾られた写真も
世界中を冒険していた時の写真も
病に臥せっていた時の写真ですらも・・・

 

どの写真も私が知っている
あったかい、とびっきりの笑顔でした。

 

 

お通夜にも告別式にも沢山の方が見送りにいらっしゃっていて

 

嗚呼、沢山の人を愛していた方だったんだなぁ・・・

 

と、今更ながらその大きさを感じています。

 

 

最福寺の法主、池口恵観さんの弔事の中で

虚しく往きて 満ちてかえる

という言葉がありました。

 

その時は

 

生まれてくる時には何も持っていないけれど
最期の時には
その人生において蓄積したもので満たされ、還るのだと解釈しましたが

 

調べてみると
空海が師である恵果阿闍梨の追悼に向けて
送った言葉だとか。

 

虚往実帰(きょおうじっき)

 
【若しは 尊、若しは卑、
虚しく 往きて 実ちて かえる

近きより 遠きより
光を 尋ねて 集会する事を 得たり】

 

 

確かに岡本社長に会いに行くと

 

毎回、何かしらの気づきや学び、元気や勇気をいただき
帰る時には心が満ちていたものでした。

 

きっと私以外の方たちもそうであっただろうと思います。

 

何の見返りも求めずに惜しみなく与え続けた岡本社長。

 

まさに愛に満ち満ちていた方だったな、と思いました。
そしてその愛を受けた方々がここに集っているのだな、と。

 

その溢れる愛で
一体何人の人生を好転させたのだろう・・・。

 

 

恵観法主の促しで参列した全員と共に
仰げば尊しを歌ったのですが

 

まさに私にとってはメンターであり

 

その在り方、生き様は
これからの私の人生においても
大きな道標となってくれるに違いありません。

 

最期の最期まで関わった人のことを思い
生前、肉声で残したラストメッセージもまた
愛に満ち溢れていました。

 

 

地球は本当に素晴らしい。
そして人間も素晴らしい。

今、この素晴らしい時代に生きていることは奇跡。

一人ひとりが宝石のように光り輝く人生を!

 

 

優しい声で語りかけられた私たちは

 

涙しながらも、自分の人生を全うしようと決意し、
また背中を押された気がしました。

 

もう・・・
さいごまで社長はかっこよかった。
最高に素敵な人生を魅せてくださいました。

 

 

宝石は
地球の奥深くで
何万年、あるいは何億年と
沢山の歳月を重ね、天と地の力で育まれた奇跡の結晶。

 

そしてまた、それはカタチある限り
親から子へ、子から孫へ・・・
代々に受け継がれていきます。

 

 

それと同じように社長の熱い想いもまた
私たち一人ひとりの中に灯りをともし続け、
ずっとずっと受け継がれていくことでしょう。

 

 

宝石の伝道師として
その本来の価値、意味、
人にもたらすもっと深い意味のある特別な力を伝え続けてきた社長。

 

宝石を通して本当に伝えたかったことは何か。

 

それを胸に抱いて

 

私も”私”という原石を磨き、輝かせ
社長から教えていただいたことを
こうしてBlogを読んでくださっている方や
ご縁をいただいた方々に還元していきますネ。

 

今日から2月。

 

私もココロあらたにまいります!
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

JEWELLNESS LIFE
~宝石のように光輝く人生を~

 

2012年11月27日
初めて岡本社長に出会った日。
ギンザベルエトワールvipサロン高崎にて。

 

 

 

 

 

最期に残るもの、最期に残すもの

 

予想もしていなかったことを聞かされた時
人はどんな反応をするのだろうか。

 

 

その方は
私が一番苦しいときに

 

光を見せてくださった。
背中を押してくださった。
大丈夫だよ、と見守ってくださった。

そして

自信をくださった。

 

会った数といえば
そんなに多くはない。

 

けれど
なぜかいつも
気にかけてくださっていた。

 

会った時は満面の笑みで
「どう?調子は?」と声をかけてくださった。

 

「僕はね、まだまだやりたいことが沢山あるんだよ。」

 

夢を語るその瞳は
まるで少年のようにキラキラしていて
聞いている私も、周りの人々もワクワクさせてくださった。

 

思い出すその顔は
いつも穏やかに笑っていて
会うだけで元気をもらえる方だった。

がんばろうって思わせてくれる方だった。

 

 

最期まで
周りの人を思いやる方だった。

 

私なんて身内でもなんでもないのに
これからも見守っているよ、そんなメッセージと品を残してくださった。

 

それを渡された時
あまりにもその優しさと偉大さに
カラダが熱くなり思わず泣き崩れてしまった。

 

とてつもない大きな愛に包まれた気がした。

 

「大丈夫だよ。いつも見守っているからね。」

 

そんな声が聞こえたような気がした。

 

まるでその場にいるかのように。

 

不思議な感覚だった。

 

 

悲しくて涙は出るけれど
まるで近くにいるような感覚もあり。

 

がんばります。

 

思わず、そう宙に向かって言ってる自分がいた。

 

 

最期の最期まで
私は与えられることばかりだった。

 

それだけ与え続けてくれた方に
恩返しをすることはもうかなわない。

 

お礼を言うことも
会うことも。

 

もう二度とできないのだ。

 

 

一生のうち
出逢える人はどのくらいいるのだろう。

 

そして

 

人生を変えてくれる人との出逢いは
一生のうち、何度あることだろうか。

 

ましてや

 

『この人のように生きたい。』

 

そう思わせてくれる人に出逢えるということは
とてつもなく奇蹟、なのかもしれない。

 

運良く、私は
その方に出逢うことができた。

 

ありがたく、しあわせなことだ。

 

 

肉体としては滅びても
その人の目指すところ、意志は、そして愛は
永遠に受け継がれていくのだろうと感じる。

 

その方は

 

人生を大いに冒険し、謳歌し、楽しまれた。
沢山の人を救い、勇気づけ、人生って楽しいんだよと身をもって教えてくださった。

 

自分の使命、というものに気付き
それを為すべく、最期まで尽力された。

 

小欲ではなく、大欲に生きよ、と教えてくれた方だった。

 

 

生き方、というのは死に方に他ならない。

 

その姿、在り方、生き様は天晴としか言いようがないくらい、
人生を全うされた。

 

我が人生に悔いなし。

 

そうにこやかに笑っている姿が想像できる。

 

私はまだ正直
事実を受け入れられず、
時折、堰を切ったように涙がこぼれるけれども

 

でも一方で

 

肉体はなくとも
いつもそばで見守られているような力強さとか安心感とか
そんな不思議な感覚があって

 

だからこそ頂いた恩は
関わる人達に恩送りしていこう、と密かに決めている。

 

それが
私にできる唯一で最大の恩返しだと思うから。

 

 

今まで出逢った人
これから出逢う人

 

一生のうち、どのくらいの人と出逢えるのか
一生のうち、どのくらいの人に関われるのか

 

わからないけれども
1つだけ言えることは

 

人生の幕引きの時には
すべてやりきった!という笑顔でありたい。

 

そんな人生を歩んでいこう、これからも。

 

人生はいつだっていつからだって
自分次第なのだから。

 

 
2017年1月23日
ギンザベルエトワール
岡本憲将社長 享年70歳
心より哀悼の意を表します。
そしてこの出逢い、ご縁に感謝いたします。

 

JEWELLNESS LIFE
〜宝石のように光輝く人生を!〜

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.5〜大神神社〜

 

いよいよこの旅も最終章。

 

奈良ならばこの神社がオススメだよ、と教えていただいたのが
大神神社。

 

大神と書いて”おおみわ”と読む。

 

【大神神社】

御祭神 大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
配祀  大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

 

大神神社は
日本最古の神社とも呼ばれているとのこと。

 

その昔、大国主神が国造りをしている際に
共に天下を治めるものはいるだろうか?と問いかけた時に
『私は汝の幸魂奇魂だ。』とあらわれたのが大物主大神であった。

そして三輪山に鎮まることを望み
大物主大神は大国主神の別の御魂(みたま)として顕現され、
三輪山に鎮まられた。

ご祭神さいじんがお山に鎮しずまるために、
当社は古来本殿を設けずに直接に三輪山に祈りを捧げるという
神社の社殿が成立する以前の原初の神祀りの様を今に伝えており、

その祭祀さいしの姿ゆえに我が国最古の神社と呼ばれている。

 

大神神社HPより。

 

長い参道を歩き

 

 

門へ。

 

 

その前には大きな大きな門松が。

もはや門松、ではなく松!

 

 

元旦、ということもあり
ものすごい人が参拝に訪れていた。

 

途中に
大祓祝詞に出てくる祓戸の神たちが祀られている
祓戸神社(はらえどじんじゃ)もあり
なんだか祝詞がより身近に感じた。

 

かなり待ってようやく境内に。

 

 

今年の干支である酉が大きく描かれている。

 

 

ここの氣はとても気持ちよく
タンザナイトも気持ちよさそう。

 

お参りをさせていただいて
こちらにご縁させていただいた感謝と
2017年の意を宣る。

 

御朱印をいただいた後
ふと、大きな気配に振り向くと
このご神木が。

 

 

なぜか、卵がお供えされている。

 

後にわかったことだが
このご神木は樹齢500年で
巳の神杉(みのかみすぎ)とよばれ
大物主大神の化身とされる白蛇が棲むことから名付けられたご神木。

それで巳の好物とされる生卵がお供えされていたのだった。

 

 

大神神社の境内は
多くの摂末社があり、見どころも多かった。

機会あれば1日かけてゆっくりと参拝したい。

 

 

2016年と2017年にかけての参拝はこれにて終了。

 

今回は京都奈良の神々にご縁を頂いてきた。

 

”3つの鈴”のお守りから始まった今回の旅。

振り返ってみれば
”水”に纏わる場所も多く

まさにみすずの旅だったな、と感じる。

 

良い歳になりますように。

 

いや、

 

良い歳にする♡

 

 

だって、決めたらそうなるから。ね♪

 

 

 

 

 

信じられる?信じられない?

 

◎◎は信じられない。
それをしているあなたも信じられない。

 

あなたを信じている。
あなたがしている◎◎も信じる。

 

あなたはどちら派?

 

そうあらためて問われると
後者だ、という意見が多いかもしれない。

 

もちろん、正解なんてなくて
言ってみればどちらも正解。

だって判断、選択はそれぞれの自由なのだ。

 

が!

案外、身近な人には
前者のことを軽〜く言っちゃうんじゃないかな。

 

未知の領域は
やっぱりわからない部分ばかり。

 

さらに
体験する気もない、
理解する気もない領域においては
なおさらなのだろうなって思う。

 

 

 

講座でもよく
心配応援の違いを伝えているが

 

それに似ているなぁと感じる。

 

心配って

 

それをやったらうまくいかないよ、とか
それをやっても将来何にも役にたたないよ、等の

 

自分の過去の経験や世間一般の考えから
失敗をイメージしての言葉。
(あくまで自分の世界での想定)

 

あるいは
自分の枠の範疇にない未体験ゾーンだから
その枠を飛び越えたらフォローできないよ、だからやめなさい。
という自分の安全地帯の確保。

 

逆に応援

できる姿をイメージしたり
あなたならできる!という信頼感だったり

 

あなたに覚悟があるならば、どんな結果も受け止めるよ。
だから精一杯チャレンジしなさいっていうフォロー姿勢でいるということ。
(あくまで”あなた”に委ねている世界)

 

どちらがその人のためになるのだろうか。

 

また、失敗して後悔するのと
失敗しないで後悔するのと。
どちらが人生を豊かに生きられるのだろうか。

 

もちろん、
当人も失敗なんてしたくないし
身近な人も失敗をさせたくないだろう。

 

だからこそ、
チャレンジする、しないに関わらず
その選択をその人自身にさせる働きかけをしたい。

 

そんな時、とっても役に立つのが質問。

 

その人自身に
色々な質問でアプローチしてみる。

 

答えはその人自身が持っているから
様々な角度の質問に答えながら自分自身で

 

「あぁ、確かに言われた通り、やめた方がいいな」
「あぁ、確かに今のままでは無理だけど
あれとこれと準備すればできそうだな」

 

などと、具体的にイメージができるハズ。

 

だから、心配するよりも応援をしよう。
応援の1つの方法として質問が有効、ということを伝えている。

 

 

で、冒頭の2種類について。

 

ベクトルがどちらに向いているか、という点において
心配と応援に似ているなぁと感じたのである。

 

あなたの人生にも”私の意見”が絶対なのか

あなたの人生には”あなたの意見”が絶対なのか。

 

未成年の保護者として養育しているうちは
”私の意見”が絶対、でも通用するかもしれないけれども

 

身内であればあるほど
自分のコントロール下に置きたくなるし
コントロールできると錯覚しがちだ。

 

実際にはコントロールなんて
誰にもできないんだけれどもね。

 

 

 

その上でもう一歩深く、突っ込んで考えてみよう。

 

自分の世界は自分で創っている、と考えた時

 

冒頭の

 

◎◎は信じられない。
それをしているあなたも信じられない。

 

というセリフは
誰が言わせたのか、ということ。

 

もしかしたら
自分自身がやっていることだけれども
その芯の部分を信じていなくて

 

誰かの口を通じて
そのことを伝えているのかもしれない。

 

もし、
そのことに対してものすごく一生懸命で
全力投球していたとしたら。

 

あるいは

 

それをやっていることで
成長していたり、なんらかの好変化を起こしているとしたら。

 

その姿を見た人が
◎◎を信じられない。
だからそれをしているあなたも信じられない。

 

だなんて言うだろうか。

 

 

そう考えると

 

もしかしたら
中途半端な取り組みしてるよ、ということを
教えてくれているセリフなのかもしれない。

 

自分の人生をクリエイトするのは
いつだって自分次第、なのだから。

 

 

 

 

募集中 ↓
人生をクリエイトする質問講座

 

 

 

 

 

条件が人を幸せにするのか?

 

女性からみて

 

背の低い男子は恋愛対象になりませんか?
高卒男子は恋愛対象になりませんか?
収入の低い男子は恋愛対象になりませんか?

 

昨日の婚活セミナーでの1シーン。

 

実は昨年から3回にわたり、
婚活スタートアップのための【魅力的な人になるマインドアップ講座】を担当させていただいていて
今日はその最終回だった。

 

1部は男女別にセミナーを受け
2部で自己紹介タイム、そしてグループに分かれて交流タイム。

 

その中での1シーン。

 

1つのグループで、ある男性が質問。
そう聞かれて困っている女性たち。

 

多分、これは
このように聞く女子と同じではないだろうか?

 

背の高い女子は恋愛対象になりませんか?
高学歴の女性は恋愛対象になりませんか?
高収入の女性は恋愛対象になりませんか?

 

でも思うのだ。

 

3番目の、収入に関してはいかようにもなるが
変えられない部分ってある。

 

毎回、マッチングが成功しない、とか
長年、恋人がいない・・・という場合。

 

その理由を
変えられない何か

頼ってはいないだろうか。

 

◎◎がないから仕方ない。

そう諦めているのではないか。

 

そして多分
そのことにひどく・・・傷ついている。

 

 

婚活応援事業のプロの方にお話を聞くと

案外、条件にこだわっている女子はいるとのこと。

 

例えば、

 

絶対大卒の人がいい!
両親も大卒の人がいい!

 

と、その条件だけは絶対に譲れない!と
長い間がんばっているらしい。

 

大学卒業だったらばどんな大学でもいいの?
今、目の前の人はどうでもいいの?

 

そんな疑問がわくが

まぁそれは本人の自由なのでOKとしよう。

 

ただ、こんな風に傷ついている男子もいた。

 

「1年間、婚活してきて一番ショックだったのが
公務員じゃなきゃ無理!と言われたことです。」

 

「なぬ?!」

 

そのように言う彼女が求めているのは
安定した職業、安定した収入であるのは間違いないし
それはその彼女のポリシーだから、そこはいいとして。

 

問題は、なぜそこで傷つく必要があるのか、ということ。

 

条件がないと結婚できない、ということは
あなた自身を見ていない、ということと同じであり

 

あなたはそんな人と一緒になりたいんですか?ということ。

 

変えられない何か、に対してうじうじするよりも
変えられる何か、にフォーカスしようよ。

 

さらに
”あなた”ではなく”条件”で結婚されるよりも
あなた自身を認めて、つきあってくれる人と結婚した方がしあわせじゃない?

 

そんな風に声を大にして伝えたら

 

「なんだか、その言葉を言われて救われました。
自分を見てくれる人を探します。」

 

そう言った彼の笑顔は
どことなくイイ感じだった。

 

そして先述の質問をした彼。

終了後、私のところにやってきて

 

「変えられない何かに囚われないで
変えられることにフォーカスしたらいいんですよね。
だとしたら、できることをやっていきます!」と
こちらも晴れ晴れとした顔で帰っていった。

 

誰かに幸せにしてもらうことを期待するのではなく
まずは自分自身で幸せになろう。

 

そして誰かを幸せにしよう。

 

ベクトルがそちらに向いたならば
きっと新しい出会いがあるに違いない。

 

 

条件は人を幸せにはしない。
あくまでも
人を幸せにするのは人、なのである。

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.4〜丹生川上神社 下社〜

 

天河大辯財天にお参りして宿に戻り
朝食は新年のお屠蘇からスタート。

 

 

続いてお祝い膳。
湯豆腐にもほっこり♡

 

例によってお雑煮は味噌仕立て。
具材はすべて丸いカタチなのに
お餅は四角のままなんだなぁ。

 

 

朝、露天風呂に入りながら
今年の1文字をぼんやり考えていた。

 

2017年はスタートの年。
なので、能動的に動きたいなぁと思いつつ
お湯を見ていたら一文字が降りてきた。

 

【源】

 

いつも講座で伝えていることがある。
自分が源ですよ、と。

 

今年はそれをさらに意識していこうと思う。

 

こんこんと湧き出る水は
同心円の波紋を創り出す。

そしていつしか
人々の乾きを潤し、命の源となる。

 

自分が源泉。
私の内側から湧き上がってくる想いに。
溢れ出す熱に対して
純度高く向き合い、表現し、行動し続けていこう。

そんなはじまりの1年にしよう、と決めた。

 

うん、いいスタートができそう^^

 

 

そんな上々の気分で宿を後にし
次に向かったのはこちら!

 

 

丹生川上神社 下社(にうかわかみじんじゃ しもしゃ)

◎主祭神
闇龗神(くらおかみのかみ)
*いざなぎ、いざなみ二尊の御子神
万物の生命の源となる水を主宰する美しい女性の神様
日本最古の水の神

 

 

自分が源泉!

 

今年は源がテーマだ!と決めた瞬間に
この神社に参拝するとは・・・。

 

やはり自分の内側が
外側の現象に顕れるのだということを
教えられている気がする。

 

 

敷地内には白と黒の新馬が。

 

あとから知るが

天平宝字7年(763)に黒毛の馬を献上して以来、
雨乞いには黒馬、晴れを乞うときには白馬を献上するようになり、
水の神として朝廷から篤い信仰が寄せられました。

巡る奈良 より

 

なるほど。
しろちゃんとくろちゃんは
そういうお役目があったのだ!

 

 

山の中にひっそりとあるこの神社。

 

すごくシンプルなのだけれども
静謐な氣が満ちていて
なんだか心が洗われるようだった。

 

そうそう、境内内には
水道があって。
よくよく見るとそこには大麻で結界がはってあった。

 

ご神水、と書かれているので
龍神のエネルギーを持つタンザナイトという宝石をこの水にて洗ってみたら
ものすごくクリアになり、エネルギーがパワーアップした。

 

友人達もタンザナイト持ちなので
すぐに呼び寄せ、洗ってみると・・・

 

一瞬にして色が変わった石もあって驚く。

 

タンザナイトは多くの場合、青紫色なのだが
多色性があり、見る角度によって色が変化する石。

 

 

その時の色の変化は
完全に青紫色だったものが緑色が入って、全く別の石になった感じ。
その場にいた一同びっくりだったが、本人が何よりも驚いていた。

 

太陽が出てきて振り向いてみると

 

 

龍が笑っているように感じた。

 

昨日から
元伊勢でも元出雲でも真名井の水に触れ、
この丹生川上神社でも水の神様に導かれた。

 

なんと、ありがたいことだろうか。

 

命の、水を大切にしなさい。
そしてクリアに生きよ。すべてのものを滞らせず循環せよ。

 

そんなメッセージを頂き、
次の場所へと移動した。