お茶会にも使える魔法のカード

 

 

魔法の質問漢字カードマスター養成講座を開催しました。

 

今回、新規の方と再受講の方の2名で行ったのですが
人数が少ない分、ものすごく濃ゆい内容になりましたよ^^

 

何度も再受講をしてくださっている渡部さんにお話をうかがうと

 

ちょうど2週間前に
ミヒロさんの新刊をつかったしつもん読書会を開催した際
コミュニティ作りにお茶会を開催しよう、というくだりがあり。

それにピン!ときたそうです。

 

 

おっしゃる通り、お茶会にも漢字カードはぴったり♪

私もお茶会や食事会、飲み会にはカードを持参して
みなさんに引いてもらうことをよくやってました。

 

名刺サイズで気軽にもっていけるし
かつ、おみくじみたいに盛り上がる(笑)

 

引いたカードをヒントに
自己紹介なんかをしていただくと
短い時間なのだけれども、人となりが見えてくるので
あっという間に仲良くなっちゃうのですよね^^

 

お茶会に使いたい、ということなので
通常のセッションでのやり方の他に
初めてカードにふれる方でもすんなりと答えられるような気軽なワークも2つ伝授。

 

このカードは
並べ方も自由だし、
オラクルカードやタロットのように
読み解き方マニュアルもないので、
出てきた答えがすべて正解。

 

この自由さが
みなさんにウケてますね^^

 

さらに、どんな答えも全肯定される嬉しさも
歓びの一つかなぁって思います。

 

以下、感想をいただきました。

 

2週間前、みすずさんが開催した読書会に参加。
マツダミヒロさんのテキストの本を拝読。
ひとりでもよいので、茶話会をとのフレーズ。
ハードル低いので、やってみようと思いました。

 

しつもん読書会はまだまだ先。
まずは漢字カードで茶話会を開こう、と。

 

復習ワークにてきちんと学びたく参加しました。
セミナーや、学習指導は、いい加減がきらいで
納得して行動する性格なので、今回の再受講でしっかり学べました。
ご一緒したお相手も初めての方なので、初々しく、参考になるモデルでもありました。

 

みすずさんのワークは、始められたころからおッかけしており、
少しずつ知識が蓄積されております。
学んだら伝える、アウトプットが大切だと思います。

 

やっと、8年かかりましたが
私の環境で、私らしい提供ができるなと感じました。
節分、新月の祈りに挑戦!自己改革!自己革新があります。

 

漢字カードを糸口に、
沢山の学びと経験したことを無駄にせぬようまとめたいです。

 

70歳まであと2年!高見をめざします。
得たことは、 2、3人でも楽しくカードで遊べること。
しかも、深層心理まで届く内容であること。

 

気づいたことは、 小さな集まりを、あきらめずに継続することが大切。
周囲を見渡したら、あそこでも、あちらでも、できる!と気が付きました。

 

まずは得意なことが自分が開催するのもうれしいので
昔やっていたアロマ、ハーブに関することもやってみます。

 

心と体のリンパ健康サロン:プチローズ
渡部恵知子さま

 

 

えちこママ、いつもありがとうございます。
お茶会、楽しみですね♪

 

 

 

 

 

話が聴ける人、聞けない人

 

最近、話をしていて
つくづく思うのは

 

人はやっぱり
話したいんだなぁってこと。

 

私は結構人の話を聴くのが好きな方なので
誰かが話している時には
その人が主役になるような話の聴き方をするのだけれども

 

あ、もちろん
私も話しが好きなので
ある分野においては
ふられれば、ずーっと話していることもある(笑)

 

 

でも、数人集まって話をしている時に
必ず我慢できない人っているんだよね。

 

その我慢できないタイプもいくつかある。

 

 

自分の知っている単語が出てきた瞬間に
口をはさむタイプ。
それ、知ってるー!をアピールしたいのか?!

 

話をかぶせてきて
結果、自分が思いついたかのように
得意気に喋り、いつしか主導権を握るタイプ。

 

横からちゃちゃ入れて
話を中断させるタイプ

 

話半分で聞いていて
さっき話したことをもう一度聞き返すタイプ。
あ、勝手に先を読んで
話の途中なのに質問するタイプも同じね。

 

まぁ、いろいろ(笑)

ホント、もったいないなって思う。

 

 

一方で
すごく聴き方が上手な人がいる。

 

そんな人は
私が気持ちよくなって
つい、話したくなる雰囲気にしてくれるから

 

結果、
ただお茶飲んでいるはずだったのに
ものすごく情報を提供することになる。

 

しかも、受け取る準備ができているから
吸収も早く、結果を出すことが素晴らしく早い。

 

おぬし、できるな!って感じ。

 

一番心地がいいのは
話す時は話し、
聴く時は聴く、ができている人。

 

こういう人とは会話が弾む♪

 

そして化学変化が起きやすいのもこのタイプの人。

 

会話ってエネルギー交換している場だから
循環を起こせるといいよね。

 

常に意識したいこと。

 

 

 

 

 

会いたい人とお茶を飲もう♪

 

2019年はリアルがいい!

 

ネットで繋がるのもいいのだけれど
やはりリアルで会うことで
繋がっていくものがあるなぁと感じる今日この頃。

 

せっかくのご縁があったなら
もう少し深く繋がりたいなぁと思う人がいたならば
すかさず

 

「お茶、しませんか?」

 

って声をかけてみる。
そう、ナンパしてみる(笑)

 

 

1月は東京に会いに行き

 

今日は県内だけれども
車で1時間ほどかかる場所に会いにいった。

 

せっかくならばお茶会したいな、って思って

 

ふと、思い浮かんだ
Facebookではもう何年も繋がっているのに
リアルでお会いしたことのない方にも
メッセンジャーでお誘いしてみる。

 

こういう時って
タイミングが合うもので
やっぱり会えるようになってるんだよね^^

 

お店はやっぱり
素敵な場所、美味しい場所がいいに決まってるので
地元の方にオススメを聞いてみたら

 

最近何度か耳にしていた旬菜工房Hashimotoさんが
候補にあがってた♡

 

一も二もなく、そこに決定(笑)

 

 

季節のフルーツを使ったパンケーキと
いちごのスムージーをチョイス♪

 

↑ こちらは違う方が注文した贅沢ないちごパフェ♡

 

見た目もカラフルで
みんな、テンションアップww ↑↑↑

 

しばしの撮影タイムが終わり
みなさんのお話を聞いていると

 

共通の友人がいたり
お茶会の前に違う場所で偶然会っていたりして

 

なんだか重なり合うものがあるから不思議で楽しい。

 

 

みなさん、経営者であるので
お仕事の話をお聞きするのも楽しい♪

 

また、そのお話を聞きながら
それぞれ、私の友人達を紹介したいなーと
何人か顔が浮かび上がってくる。

 

こうやって
ご縁つなぎするのも楽しい♪

 

ピン!と来た人に会うって
その場のことだけではなく

 

これをきっかけに
どんどん繋がりが広がっていくのよね。

 

 

お茶会のあとは
近くの天満宮へGO!
明日は旧暦元旦なので
実は大晦日でもあるから
大祓をしに行ったのだけれど、

 

お祀りしてるのが
菅原道真公だけでなく
祓戸大神の四柱だったから
これも天の計らいだなーとニンマリ♡

 

 

その後はずっと行きたかった
USUI-AKIKO GALLERYへ。

 

 

 

 

あきこさんは珍しいタイツデザイナー。

 

ブランドコンセプトが
Dress up Brightness〜輝きをまとう〜

 

タイツって普段あまり目をひかないけれど
ものすごく主張があって

 

とにかく
見ているだけでもため息が出るほど美しい・・・。

 

素材はもちろん、
染色にもこだわりがあって
発色が美しい。

 

思わず私も購入♡

このタイツを履きたいがために
スカートを履こう、という気になるわww

 

店内はあきこさんの大好きなもので埋め尽くされていて
本当に楽しい空間になっている。

あまりにもしっくりしていて
御本人が店内の一部になっているかのよう。

 

 

タイツやアームカバーに
自分で好きなスワロフスキーをつけて
オリジナルの作品を作るワークショップもあるとのこと。(要予約)

 

早速、顔が思い浮かんだ友人を誘って
企画しよう♪
絶対、好きなはず^^

 

 

こうやって

 

私の世界の人達が
どんどんHAPPY FIELDになることが
私の歓びでもあるから

 

これからどんどん
その輪を広げていこう。

 

いや、勝手に広がっていくかな(笑)

 

 

来月はどこに行こうかな?

 

私とお茶したい♪という方、大歓迎です^^
お声がけくださいね☆

 

 

 

 

 

違和感を感じることで自分の中の答えに気づく

 

リクエストいただき
”コミュニティをつくって自由に生きるという提案”を使った
2度目のしつもん読書会を開催。

 

今回も
初めて参加する方、常連さんとが入り混じった読書会でした。

 

参加動機をきいてみると

 

・いつもは参加側だけれども
自分のコミュニティを作ってみたい。

・私がコミュニティを作れるのか、不安だったけれど
もうそろそろOK出して、自分のコミュニティを立ち上げる時期がきた。
・利害関係のない、安心安全なコミュニティを作りたい。

 

・・・等々

 

自分のコミュニティを作りたい!

これが全員共通の答えでした。

 

 

で、8つのしつもんと
それぞれが作った魔法の質問に答えていくうちに

 

ご自身の中で色々な考えをアウトプットすることにより
色々な気づきがあったようです。

 

最後に感想をお聞きすると

とにかく、この本が早く読みたい♪

 

これもまた、全員共通の答えでした^^

 

”本を読みなさい”と誰かが言うよりも
自ら”本が読みたい”と欲求が高まったら
間違いなく読みますよね。

 

しつもん読書会は
読書欲をかきたてる効果があります。

 

参加された方のお一人が
今朝、素晴らしい気づきを書いてくださったので
シェアすると

 

美鈴さん、
昨日はしつもん読書会、ありがとうございました😁
しつもんに答えながら、
コミュニティもさることながら、
「私にとっての自由とは?」を、今回は確認したかったのかと思いました。

 

悩みがあるとき、
誰かに相談し話す事で、自分の中にあるものに気づき、
意見を頂きながら、

でも、そこへの違和感を感じる事で、
自分の中の答えに気づき、
最終的に自分の心が決める。

 

ブラス、実際に動いて、
そこで確認しながら修正していく。

手探りしながら、進んで行きますね。

 

 

確かにそうですよね。

 

自分の中にはすでに答えがあるのだけれど
それがモヤモヤと漂っていてなかなか見えてこない。

 

でも、自分から湧き上がった言葉を口に出し
また人の意見を聞いて自分の内側に反芻しながら

 

これはすんなり受け入れられる。
これは違和感がある。

 

そうやってさらに自分の内側に問いかける、という作業を
繰り返しながら
段々と自分の答えが明確に形作られていく。

 

これが、無意識に行われているんですね。

 

 

しつもん読書会って
他の読書会とは違って

 

その名の通りしつもんに答える場です。
しかも同じしつもんに全員が答える。

 

同じしつもんだから
きっと同じような答えが出る、と思うじゃないですか。

 

でもね。

 

育ってきた環境や経験値や
今の立ち位置、状況によって
全然違う答えが出てくるのですよね。

 

素材は同じだけれど
違う料理が出てくるような。

 

だから私は
しつもん読書会というアウトプットの時間は
他人の脳を使う、という風に思ってます。

 

私一人の脳では
思いつかないような言葉や内容や思いや感情が
他人の脳からアウトプットされる。

 

それを情報として
自分にインストールするもよし。

 

一度入れて、違和感があったら
採用しないのもよし。

 

そうやって
本来の”わたし”は

 

どう思っているのか
どう感じて
どう行動していきたいのか。

 

これが明確になっていく。

 

私は自分研究家なので(笑)
私が”わたし”を知ることが大好きなんですね。

 

きっと、それはみんな同じだと思う。

 

わたし、という人間を
誰かに何かに形作られるのではなく

 

やっぱり自分が”わたし”をクリエイトすることが楽しい♪

 

その方法の1つが
しつもん読書会であったりします。

 

楽しみながら自分を知れるって最高だよね^^

 

あぁ、だから私はこの読書会が好きなんだなぁって
文章を書きながらあらためて思いました。

 

うん。
やっぱり、アウトプットって
大事だね(笑)

 

 

【本日生まれた魔法の質問】

Q コミュニティを作って自由に生きるために、まず何をしますか?
Q どんなコミュニティが作りたいと思いますか?
Q あなたなら、まず何を行動しますか?
Q あなたにとって自由に生きるとはどういう状態ですか?
Q あなたにとってコミュニティとは何ですか?
Q どんなタイプのコミュニティができましたか?

 

 

しつもん読書会は
全国のファシリテーターたちが行っています。
ぜひ、お近くで開催していたら
一度参加してみてくださいね。

 

私もリクエストをいただければ
3人以上で開催しますのでお問い合わせください^^

 

 

 

 

 

久しぶりのしつもん読書会

 

しつもん読書会を開催しました!

 

ミヒロさんの新刊【コミュニティをつくって自由に生きるという提案】を使っての久しぶりの読書会でした。

 

例によって、気付きと視点の変化のオンパレード☆

しつもんで引き出されるのは
その人の考え方やマインド、そして人となりです。

 

答えはすべて正解!
それが浸透すると
場の雰囲気がほんわかするのですよね。

 

どんな答えを言っても
否定されない、受け止めてもらえる。

 

そういう安心安全な場は
そこに集う人の心にポッと明かりを灯し
いつの間にか熱気に包まれます。

 

初めて参加してくださった方も
すごく楽しかった♪と言ってくださって、企画してよかったなぁと思ってます。

 

 

<本日生まれた魔法の質問>

Q 自分が心地よいコミュニティができました。どんな気持ちですか?
Q あなたにとって自由とは何ですか?
Q あなたにとっての自立とは何ですか?
Q あなたにぴったりなコミュニティができました。そこから何が生まれますか?
Q 自由に生きるとはどういうことですか?
Q どんなコミュニティをつくってみたいですか?
Q コミュニティが作れたら、あなたはどうしたい?もしくはどうなりたいですか?
Q 何から始めますか?

【本日のMVQ】
Q 自由に生きたら、どんな素晴らしいことが生まれると思いますか?

 

 

この本の中には
ソーシャルメディア型と
ダイレクト型コミュニケーションが紹介されており

 

今回のしつもん読書会は
ダイレクト型に分類されるもの。

 

会話交流・・・お茶会
知的交流・・・しつもん読書会
学習交流・・・勉強会
趣味交流・・・楽しむ会
愛好交流・・・ファンの会

 

見えないけれど
つながりをつくる → コミュニティに発展する。

この方法の一つに
しつもん読書会があります。

 

この読書会は本当にオススメで☆

やってみるとわかるのですが
参加者の方とすごく仲良くなれますし、
その関係性はどんどん発展していきます。

 

毎月2度のしつもん読書会を
3年4ヶ月続けて開催してきた私が言うのだから間違いない(笑)

 

今週の土曜日も開催する予定。
どんな質問が飛び出すか、今から楽しみです♪

書籍をお持ちの方、ぜひご参加ください。

 

2月2日(土)14時〜
場所:星乃珈琲高崎店個室
持ち物:本と筆記用具
本=”コミュニティを作って、自由に生きるという提案”
参加費:1,500縁(別途お茶代)
残席2名

 

 

 

 

 

けっきょくのところ・・・。

 

人に悩みを話す時って
どんな気持ちで話しているのだろう?

 

話しながら自分の考えを整理しているタイプ
解決法を知りたいタイプ
救いを求めているタイプ
共感を求めているタイプ
大丈夫だよ、と安心したいタイプ

 

いろいろなタイプがあるなって思うのだけれども

 

はっきり言って
自分でしかその悩みを解決することはできない。

 

なぜならば
その悩みは自分が創り出したものなのだから。

 

 

このことに気づかないで
自分以外のものに原因を求めたり
解決方法を求めていても
まったく埒があかないのだ。

 

だからイライラするとか
怒りがわくとか
自分にダメ出しするときってのは

 

本来の自分を生きてないよ、
思い込みでその悩みを創り出しているんだよ、

 

ってことに気づけ、っていうサインなのだけれども

 

なかなか、自分のことは
客観的に観ることが難しい。

 

 

ある人は言った。

 

「人のことならわかるんだけど
自分のこととなるとそうはいかないんだよ。」

 

そりゃそーだ。

 

自分のことをわかってたら
そもそも人に相談なんてしないだろうし
とっくに悩みを解決しているはず。

 

だから悩みを話して聞いてもらった上で
こうなんじゃないの?という客観的な意見を求めているのかなって思うけど・・・

 

上記のセリフを言われたら
元も子もないじゃんねww

 

もうこうなると

 

自分の悩みは誰にもわからない!
わかってもらえない!

 

と、自分の殻に閉じこもって
ますます悩む、というスパイラルに陥る。

 

そんな時、最近はこう思うようになった。

 

あぁ、悩んでいる自分を楽しんでいるんだねって。

 

 

自分の人生は
自分で脚本書いて、自分で演じて創り上げていくものだから

 

主人公Aが悩んでいる時
Bという人間が現れ、救いの手が差し伸べられる。
結果、困難を乗り越えて
無事に悩み課題を解決していった。

 

こんなサクセスストーリーにしてもよし。

 

主人公Aが悩んでいる時
Bという人間が追い打ちをかけるようにダメ出しされ
世界で一人ぽっちだ、とものすごく孤独感を味わう。

 

こんな悲劇のヒロインストーリーにしてもよし。

 

実に自由なのだ。

 

 

今はこの悲劇のヒロインを味わいたいんだね。
苦しみ、悩み、その逆境を味わって
とことん味わってから自分の力でなんとか打開する、という
ストーリーを創り上げたいんだね。

 

私だったら
とっとと解決したいって思っちゃうから
誰かに相談する時点でその人の話は最後まで聞くけど
(採用するかどうかはこれまた私の自由意志)

 

話し始めたら
途中で遮られて
「もういいから!」なーんて言われちゃうと

 

あぁ、そのドラマにどっぷり浸かりたいんですねって思うよね。
冷たいようだけど。

 

でもね、
そういう状態になると
やはり人のことは考えられなくなるから

 

どんな気持ちでそれを言おうとしたのか、
そう言われたらどんな気持ちになるのかなんて
想像もできないんだよね。

 

自分も言いたいことを言えない苦しさを
十二分にわかっているくせにね。

 

だから、それが起こるんだけどもww

 

 

卵が先か
鶏が先か。

 

どっちでもよくて

 

自分の中にあるものが
現象として出てくるだけで

 

出てきたものを
どう味付けするのは
自分の自由意志。

 

ストーリーは無限にあって
そのどれを選択するのか、
それを選択することができる一瞬の隙間があるってことを
本当の意味でわかったらいいよな、って思う。

 

まぁ、
自分以外の人・モノ・現象に左右されずに
自分の人生をクリエイトできるようになりたい!っていう人が
私の目の前に現れるから

 

求める人には100%コミットして
そこのあたりをとことん腑に落とすこと
【Open The Door】ではやっている。

 

どんなに自分が素晴らしい存在なのか。
どんなに自分が現実想像のパワーを持っている存在なのか。

 

ただただ、思い出すだけなんだな。

 

ま、とは言っても。

 

私の目の前の現象で起こっているストーリーでもあるので
これはこれで
私の中にどんな思い込みが入っているのか、
それは私の課題であるわけなので。

 

すかさず思い込みを整えるとしよう(笑)

 

 

 

 

 

好奇心と優しさを持って注意を向けること

 

週末、
SIYというプログラムを受けてきた。

SIY=サーチ・インサイド・ユアセルフ

 

Googleで生まれ
世界のビジネスリーダーが実践する
脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド。

 

能力開発は
私の大好物なので(笑)
紹介された時に一も二もなく参加決定。

 

2日間にわたり学んだのはこちら↓

・マインドフルネス
・自己認識
・自己管理
・モチベーション
・共感
・リーダーシップ

 

すべてにおいて実習があり
沢山のメソッドを体験させていただいた。

 

マインドフルネスという言葉は
ここ数年でよく耳にするようになったが

 

イマココに在る自分を感じ、気づくこと

 

こんな風に私は捉えている。
人は何も考えていないと
オートパイロット(自動操縦)で過ごしている。

 

それは歯磨きのようにあまりにも当たり前すぎて
そうなっていることにすら、気づかずにいることが多い。

 

この講座の中で
オートパイロットの特徴を次のように言語化していた。

 注意が過去か将来にいっている
 注意散漫
 反射的または批判的
 習慣的パターンや思い込みで動く

 

非常によくわかる。

 

人は”今”に生きているのに
思考(注意)は過去か未来に飛びがちだ。

 

起きてしまった過去に悩み
過去の記憶によって現状を判断し
過去にできた思い込みによって当たり前のように行動している。

 

これは人間が生存するために
長い間培ってきた能力の一つ。
脳は過去の記憶経験を引っ張り出すのがその機能の一つだから

 

今、起きていることを過去と結びつけて考えるのは
ある意味当然なのだけれども。

 

 

だからといって
過去と今は違うのだ。

 

だから、いつからだって変われるし
いつからだってクリエイトすることができる。

 

でもきっと
頭の中のおしゃべりはやまなくて

 

何かあったらその瞬間に
感情や思考、パターンが立ち上がって
何も考えずにその言動が表面化してしまう。

 

 

しかしながら
意識してみると

 

刺激と反応の間にはほんのわずかな隙間がある、というのだ。

 

なかなか難しいけれども
いつものパターンを変えたいならば
そのほんの僅かな隙間はとてもありがたいもの。

 

だって

 

この瞬間に、反応を選ぶ私達の自由と力がある。
私達の反応の中には成長と幸せがある。

 

というのだから。

 

マインドフルネスは
そのほんの僅かな時間を
見いだせる活路かもしれないな、と感じる。

 

 

2日間で学んだものは
とても盛り沢山で

 

瞑想やジャーナリング(紙とペンでただつらつらと書き続ける作業)
マインドフルリスニングやマインドフルイーティング、セルフコンパッション・・・etc.

 

色々な方法で
イマココを意識する方法を教わった。

 

自己認識から自己管理、そしてリーダーシップへ。

 

 

マインドフルネスとは
心、身体、そして周囲で
今の瞬間に起こっていることに
好奇心と優しさを持って注意を向けること

 

これを意識してイマココを生きたなら
3つの幸福感を味わえる人生になるにちがいない。

 

<幸福感の3つの人生> 

心地よく楽しい人生
強いを発揮できる人生
意義ある人生

byマーティン・セリグマン博士

 

そしてそれは自分のみならず
自分の周りの大切な人々にも
広がっていくことだろう。

 

一滴の水が
波紋を広げていくように。

 

 

 

 

 

 

好評につき、2月もやります!

 

ひさーしぶりに開催したのがこちら↓

 

魔法の質問【漢字】カードマスター養成講座

 

受講者の方の感想です↓

今日はありがとうございました😊

*今日終わった時にどうなっていたら最高ですか?
と言うしつもんの答えが

『軽やかな心で、やるぞ〜と言う気持ちに拍車がかかっていたら最高♡』だったのですが、
その通りの気持ちで終わり 今は大変ウキウキしています♪


夕飯を食べながら娘たちに、

今日の学びの話をしたところ『色々なセッションがあるんだね』とか
『それはどういうものなの?』とか逆に質問され(笑)、
答えながら本日の学びを自分なりに腑に落としていった感じで、
思わぬ所で学びの振り返りになったという…笑
 

先ずは、自身が満たされ整える事が大切。
そして何かを選択する時に、
それは『愛か』『恐れか』を自身で理解している事が大切なのだな、と思いました。
 
途中何度も『楽しいなー』『受講は正解だったなー』と心の中で呟いてました(笑)

 

一緒に受講したNちゃんは同じ年で親近感湧いたし(笑)、
きっと私にとっても意味があるのだろうなぁと思いました。

毎日カードを引いたり、セッションする機会を作って、
漢字カードと仲良くなって、早くカードの使い手になりたいな、と思ってます♡

 

素敵な感想をありがとうございます^^

自分を知るのに
世の中には色々な手法がありますよね。

 

手相や顔相、
四柱推命、算命学、星座占い、
スピリチュアルセッションや
オラクルカードセッション・・・etc.

 

でもしっくりこないことって
ありませんか?

 

自分の心に聞くのが一番だと思うのです。
もっと言うと自分の魂の声にね。

 

このカードは
一枚のカードに漢字1文字が書かれているという
かなりシンプルなもの。

 

で、
どう読んでもいい。

 

読み方に自分の心の声が出てくるの。

 

それを深掘りしていくと
あら、不思議!

 

「そんなこと思ってたんだー」とか

 

「えぇっ?意外!」とか

 

「やっぱりねー。うすうすわかってた^^;」とか

 

それはそれは
発見や確認が多々あるわけです(笑)

 

発見や確認ができたら
じゃぁどうしたいのか。

 

そんな風に問いかけていって
具体的な行動レベルまで落とし込む。

 

そこまで自分と対話するって
普段だとなかなかできないと思うのだけれど

 

このカードを介すると
それがするするっとできちゃう。

 

使えば使うほどに
その精度の素晴らしさに惚れ惚れします(笑)

 

自分を客観視するにもいいツールだし
周りの大切な方やお客様にもセッションしてあげられるのが嬉しい。

 

アロマやカラー、スピリチュアルセッションでも
組み合わせて使えるのが嬉しい。

 

あっさりおみくじ感覚でも使えるし
じっくりがっつりセッションでも使える。

 

漢字と対になっているイラストカードというものもあって
それぞれ得意分野がある。

 

今回の漢字カードは
ズバッと明快に答えが欲しい人に最適です^^

 

再募集
2月12日(月)10時スタート
【魔法の質問漢字カードマスター養成講座】

 

 

 

完全に求めてました・・・。

 

前々から気になっていたことがあって。

 

何かのイベントにお誘いしたりすると
すぐに返事が返ってくる人もいるし
全く返事を返さない人もいる。

 

まぁね、
お誘いするのはこちらの勝手なので
YESかNOかは相手次第。

 

だから以前ブログにも書いたように
全然断っていただいていいのだけれど。

 

既読スルーになっている人って
どんな心理状況なんだろ?って思うのね。

 

*あ、ちなみに
興味あるって言ってたり
興味ありそうな方をお誘いしています。

 

あぁ、答えないことで答えてるんだなこの人は・・・って

 

そう頭で納得しようとはするのだけれど
一方でちょっと寂しく感じていたのです。

 

しかーし!

 

先日届いた師匠の
”コミュニティをつくって、自由に生きるという提案”という本の中に
「3つのくれない」を手放す、という文章があった。

 

 

3つのくれないとは

 

・返事をくれない
・見てくれない
・喜んでくれない

 

・・・・・。

 

ガビーンっ!

 

私、完全に求めちゃってたわー><

 

直接メッセージを送ったのだから
返事はくれるでしょ、って思い込んでたなー。

うん、期待してた(笑)

 

その本には

 

人は、誰かに何かを求める、ということをしてしまいがちです。

 

と、ある。

 

 

うーむ。
まだまだ修行が足らんのか?!

 

と、自分の中の思い込みを見てみると
面白いことがわかる。

 

返事が来ない=無視された=私には価値がない。

 

このパターンを思い込んでいたようだ。

 

もちろん、そんなことは勘違いなので
速攻整えたけれども。

 

人との関わり合いは
なかなかに奥が深い。

 

この本には

 

人と関わる時に必要な基本的なことから
仲間を増やし、ビジネスに発展することまで

 

コミュニティ(関わり)をつくる際に必要なヒントが
沢山書かれてあった。

 

私もいくつかコミュニティをつくっているが
本を読んでみると新発見や再確認ができ

新たなコミュニティを創りたいなぁという意欲が
ムクムクと湧き上がってきた。

 

まずはお茶会、しよっかな^^

 

 

 

 

 

募集!龗のエネルギーを体感する会

 

待ちに待ったものが届きました!

 

龗カード(OKAMI CARD)

 

しかも1月11日という扉が開く日に☆

 

龍が好きな人
、
草場一壽さんの陶彩画が好きな人は
ぜひこのCARDを見て欲しい。

 

草場作品の中でも
選りすぐりの36点は
とても美しく
、かなりのエネルギーが伝わってくる。

 

龗(おかみ)とは
龍の総称を表し、
龍をも突き動かす大いなる力を意味する言葉。

 

そのカードをいち早く体験したい方に
お届けします☆

 

新作の天龍も入っているし

 

↑ 昨年10月に
草場さんの工房にて特別に許可をいただいて撮ったもの。

 

ギンザベルエトワール銀座本店に飾られている
弥勒如来も入っているのが嬉しい♡

 

↑ 弥勒如来の額には
希望の星という名のステラエスペランサが輝いている☆

 

しかも、
会場となるギンザベルエトワールvipサロン高崎には
草場さんの作品である龍宮の使いが飾られており

 

 

さらに
昨年の冬至に届いたという平安の龍も加わって
ますますエネルギーがパワーアップしている場所。

 

 

21日(月)は満月であるので久しぶりに
龍に見守られながら満月の瞑想をしたら
色々なエネルギーが循環する予感♡

 

なんだか、イメージしたらワクワクしてきた(笑)

 

詳細&お申込みは
下記のFACEBOOKイベントページからどうぞ☆

1月21日(月)19時〜22時
【おかみのエネルギーを体感する会】

 

OKAMICARDを購入されたい方は
コチラから↓
草場一壽工房 Museum Shop