完全に求めてました・・・。


 

前々から気になっていたことがあって。

 

何かのイベントにお誘いしたりすると
すぐに返事が返ってくる人もいるし
全く返事を返さない人もいる。

 

まぁね、
お誘いするのはこちらの勝手なので
YESかNOかは相手次第。

 

だから以前ブログにも書いたように
全然断っていただいていいのだけれど。

 

既読スルーになっている人って
どんな心理状況なんだろ?って思うのね。

 

*あ、ちなみに
興味あるって言ってたり
興味ありそうな方をお誘いしています。

 

あぁ、答えないことで答えてるんだなこの人は・・・って

 

そう頭で納得しようとはするのだけれど
一方でちょっと寂しく感じていたのです。

 

しかーし!

 

先日届いた師匠の
”コミュニティをつくって、自由に生きるという提案”という本の中に
「3つのくれない」を手放す、という文章があった。

 

 

3つのくれないとは

 

・返事をくれない
・見てくれない
・喜んでくれない

 

・・・・・。

 

ガビーンっ!

 

私、完全に求めちゃってたわー><

 

直接メッセージを送ったのだから
返事はくれるでしょ、って思い込んでたなー。

うん、期待してた(笑)

 

その本には

 

人は、誰かに何かを求める、ということをしてしまいがちです。

 

と、ある。

 

 

うーむ。
まだまだ修行が足らんのか?!

 

と、自分の中の思い込みを見てみると
面白いことがわかる。

 

返事が来ない=無視された=私には価値がない。

 

このパターンを思い込んでいたようだ。

 

もちろん、そんなことは勘違いなので
速攻整えたけれども。

 

人との関わり合いは
なかなかに奥が深い。

 

この本には

 

人と関わる時に必要な基本的なことから
仲間を増やし、ビジネスに発展することまで

 

コミュニティ(関わり)をつくる際に必要なヒントが
沢山書かれてあった。

 

私もいくつかコミュニティをつくっているが
本を読んでみると新発見や再確認ができ

新たなコミュニティを創りたいなぁという意欲が
ムクムクと湧き上がってきた。

 

まずはお茶会、しよっかな^^

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です