玉石混交の”玉”


 

 

玉石混交って言葉を
一度は聞いたことがあるだろう。

 

意味は
すぐれたもの、つまらないものが入り混じっていること。
価値のあるもの、価値のないものが入り混じっている様子。

 

今、時代はまさに玉石混交の世の中。

 

今の世の中は情報社会であるから
携帯1つあれば
知りたいものは知れるし、いつだって学べる。

 

でもその内容と信憑性、質っていうのは
まさに玉石混交。
価値があるものもあれば、価値がないものも沢山ある。

 

今までの常識がひっくり返り
昔ながらのやり方では通用しないこの時代に

 

本物を見極めることって
なかなか困難なのかもしれない。

 

 

そんな多種多様な面白い世の中の中で
今も昔も変わらない本物の輝きを放って
私達を魅了するもの。

 

それが宝石。

 

玉石混交の”玉”の意味はそもそも

 

すぐれて美しいもの、りっぱなもの。
石の美しく貴いもの。宝石。

 

その輝きは
たんなる”モノ”としての存在価値ではなく

 

私達をサポートするエネルギー体である、ということは
まだまだ知られていない事実。

 

実際、スリランカでは古来より
宝石療法として、治療に使われてもいる。

 

その昔は女性のものではなく
権力と富の象徴として男性が装身具に積極的につけていたが

 

もっと古い時代では
魔力を持つ護符としての役割や
王が天からの叡智を受け取るための受信交信のツールであったとも言われる。

 

昔は選ばれし者のみが
宝石を手にすることができたが

 

時代は変わり
誰もが手に入れることができる世の中になった。

 

しかし、

宝石ならなんでもいい、というわけではないのだ。

 

石には意思がある。

 

何億年という時間を経て
母なる地球と天なる父から生まれた宝石は

単に人を着飾る”モノ”ではなく
人の人生を変えるくらいのエネルギーを持つのだ。

 

そしてその石の発する波長と
人が発する波長がシンクロした時に
輝きを増す。

 

我々人間も
自分にピッタリ合う石を手のひらに載せた時
他の石とは違う何か、を感じる。

 

その感覚は人によってそれぞれだが
まず瞳に本来の輝きが灯る。

次に感覚が鋭い人であれば
持つことによってエネルギーが充填し、循環していくのを感じるだろう。

 

金粉が出るなど、様々な変化を体感するかもしれない。

また、その人のみならず
近くにいる人にまで心地よさや諸々の体感を与えるのだから
その影響は計り知れない。

 

宝石についての詳細はこちらの記事にて↓

一期一会、奇跡の出会いへの誘い。

 

 

自分に相応しい宝石を持つことが
どれだけ人生を豊かにしていくのか。

 

それを味わって欲しい。

今は昔と違って
我々庶民でもその宝石の美しさとエネルギーを
享受できる時代なのだから。

 

毎月、宝石エネルギーとのコラボ講座を開催して丸5年。

大分私も宝石に詳しくなってきた。

 

が、まだまだ宝石の世界は奥深く、
いつまでたっても興味がつきない。

 

銀座の本店に行くと
店長を捕まえて宝石の薀蓄を聞くのが私の楽しみでもあるのだが

 

このGWには
店長が高崎サロンに来て宝石スペシャルセミナー】を開催するというではないか!
しかも無料☆

 

宝石を好きな人も
宝石に全く興味ない人も

田中店長のセミナーは一見の価値あり。

 


↑ おちゃめでユニークなのも田中店長の持ち味☆

 

5月3日は玉石混交の”玉”を味わいに
新たな扉を開いてみてはいかがだろうか。

人生、変わるほどの出逢いがあるかも。

 

 

【宝石スペシャルセミナー】
日時:5月3日(木)13:00〜
場所:ギンザベルエトワールvipサロン高崎
申込みはコチラから
申込締切:4月30日(月)
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です