神様からのメッセージは


 

 

大阪にいる友だちが『和の叡智』を伝導する者として
日本の神様カードのセッションを始めた。

 

このカード、何度か自分で引いたことはあったけれど
セッションしてもらったことはなく。

どんな感じになるのかなーと興味津々。

 

日本人だし、
神社にも沢山行っているけれど
神様のルーツはあまり詳しくは知らない・・・^^;

 

そもそも日本の神様カードって何?

 

日本最古の書籍、古事記をもとに
「現代の私たちが神代の神々をどうしたら身近に感じられるか?」
「私たちが生きていく上で神々のサポートをどう受けられるか?」
を意図して描かれたカード。

 

八百万の神々が御わす日本。
その中でも代表的な48柱が登場している。

 

オラクルカードは
リーディングする人のフィルターがかかるので
誰から読み解いてもらうのか、というのはとても重要。

 

今回、セッションを受けたのは
大阪に住むながたかなちゃん(通称かなかな)

 

PC越しにみる彼女は
2年?3年ぶりかな?
大阪で講座をした以来だった。

 

以前、会ったときよりも
かなり純度があがっている雰囲気が
PC越しに伝わってくる。

 

彼女のセッションは
カードの読み解きだけでなく

その時々でしつもんが入る。

 

このしつもんがかなり肝で

 

いくらカードの意味や読み解きを教えてもらったとしても

腑に落ちるものと落ちないものがある。

これは
誰もが経験していることだと思うのだけれど。

 

答えは本来、自分の中にあるから
その答えとカードからのメッセージがまるで違っていたりすると
違和感がありまくる。

 

彼女の場合

カードを見た時に

 

私がどこにフォーカスしたか。
私が気になった場所はどこか。
私がどう感じたか・・・等々

さらっと聞いてくれる。

 

で、
私の言葉の熱量とか
ちょっとした変化とかを
敏感にキャッチするの。

 

その上で

 

そのカードの神様が
どんな神様なのかを伝え

 

カードを読み解き
神様からのメッセージをおろしてくれる。

 

そこに一切のエゴがなく。
(ここ、大事)

 

だから
かなかなの紡ぐ言葉が
すんなりとココロに届いてくるのだ。

 

そして
なんとなく、ぼんやりとでも自分が思っていたことを
スパッと伝えてくれる。

 

それがなんとも心地よく
腑に落ちるんだな。

 

今回はかなかなのオリジナルセッションで
私の1年を読み解いてもらったのだけれども

 

最後の神様のカードが
昨日、いただいたお花の色と同じ。

 

 

普段の私にはなかった彩りだったのだけれど
なぜか、ココロにグッときていて。

 

その意味が
本日、神様から伝えられた感じ。

 

在り方そのものが導きになる。

 

ん〜
やはり新たなSTAGEが始まるな。

 

そんなことを
予見させてくれた時間だった。

 

セッションご希望のかたは
ぜひ、かなかなにメッセージを。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です