100日感謝ワークを終えて


 

3月16日。
1冊の本に書いてあったある実験を始めた。

 

 

その実験は30日間、毎日感謝を見つけるというものだった。
条件は1つ。毎日違うことを見つける、ただこれだけ。

 

仲間を募集したら
ありがたいことに多くの方にご参加いただいた。

 

30日間はあっという間に過ぎた。

 

もう少し続けようかな、という気持ちでいたら
何人かの方が同じように希望していることがわかった。
そして28名による100日間のチャレンジが始まった。

 

とはいえ、100日間はやはり長い。

 

終わってみればあっという間だったけれども
それぞれにドラマがあった。

 

生きていれば。
人と関わっていれば。
色々なことがある。

 

ある出来事があった時
どのように捉えるか、は人それぞれ。

 

でも今回のチャレンジをしているうちに

 

視点が変わり
捉え方が変わり

 

一見、ネガなことも
自分に必要な出来事だったのだと心から思えるようになり、
そしてそのことに感謝できるようになった。

 

無理やり感謝に変えてないか?
そう自分に問いかけることもあった。

 

感謝できない自分もあった。
そういう自分すらも
まるごとOK出せたこともありがたいことだった。

 

消化し、昇華する術を身につけた。
感情を無視せず、自分を掘り下げる習慣ができた。

 

どんな時も自分で選択しているのだ、と実感し
だったらどんな人生にしたいのか、
よくよく考える時間となった。

 

スタートする前、
100日後、どのようになっていたら最高?の問いの答えを
見返してみると大方、叶っている。

 

思考というものは現実化するのだ。
しかも、本当に素早く。

 

先週、100日が終了し
集まれる方で100日間達成記念パーティを開催した。

 

それぞれの実験結果を聞いていると
まるでミニドラマを観ているかのようだった。

 

しかもとっても素敵なHAPPYドラマを。

 

実に楽しく、幸せな時間だった^^

 

今日は集まれなかった方も含め、
こんな素敵な人達に囲まれて
100日間過ごせたこと。

 

これは私にとって素晴らしい時間と経験だった。

 

この実験は大成功☆
ありがとう、は最高のマントラかもしれない。

 

ありがとう。

 

 

 

 

実は・・・
この実験はまだまだ続いている。
もっと続けたい、と思う少数の方とともに。

 

いつまで続くは・・・
全くもって未定。

 

だけども1年後、

 

「あれから随分、変化したよね☆」と
語り合っている姿が垣間見えなくも、ない(笑)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です