”希望の星”を観に行こう 〜ステラ・エスペランサ〜


 

ステラ・エスペランサという、美しいブルーの石がある。
*鉱物名:ヘミモルファイト

 

名前の意味は【希望の星】

 

 

名付け親はギンザベルエトワール創業者、岡本憲将氏。

 

今なお、多くの人を惹きつけてやまない魅力的な方。
その方が地球を卒業したのが今年の1月23日。

   ※満ちてかえる

 

 

陶彩画家の
草場一尋さんもそんな岡本氏との深いご縁があり
様々なインスピレーションを受け取っていたそうだ。

 

今回の新作、【弥勒如来】
社長へのオマージュでもあり、
だからこそ、ギンザベルエトワールのJEWELLNESS CLUBでお披露目となる。

 

希望の星、という名前がついたこの陶彩画。
弥勒如来の額にはステラ・エスペランサがはめ込まれて完成されるとのこと。

 

 

私自身、
初めて自分のステラ・エスペランサを手にした時の
感動と戸惑いは今も忘れられない。

   私の宝石物語〜ステラ・エスペランサ編〜

 

 

ただでさえ、
草場さんの作品には観るものにパワーを与えるというのに
本物の宝石が入ったとしたら・・・どんな感じになっちゃうのだろうか?

 

それがいよいよ
7月に完成披露されるというのだから
観に行かずにはいられない。

 

 

希望の星、とは
ほかならない地球のこと。

 

弥勒如来は
釈迦の没入後56億7千万年後に世に降りて人々を救済するという未来仏。
それまで弥勒菩薩として兜率天に修行しているという。

 

気の遠くなるような
遥か遠い未来のこの世が
どのようになっているのか知る由もないけれど

 

それでも希望の星であるこの地球が
遠い未来にも存在していることを願う。

 

まず今、現世の私達が
この素晴らしい地球に生まれてきた意味をしっかり受け取って
宝石のように輝く人生を送っていこう。

 

もし、この絵にピン!ときた方がいらっしゃったら
ご一緒しましょう。

 

 

【”希望の星”を観にいこう】
7月8日(土)13時〜
場所:ギンザベルエトワール JEWELLNESS CLUB
東京都中央区銀座6-12-10 旭ビル4階
*草場一壽さんのHPはコチラ

 

お時間がある方はランチ会からご一緒しましょう^^

 

 

 

 

 

One thought on “”希望の星”を観に行こう 〜ステラ・エスペランサ〜

  • 2017年6月5日 at 8:20 AM
    Permalink

    ご一緒したいです♡
    ランチ会も参加したいのですが、夜に会食が入っているので、食事のセーブが必要。
    ランチ会のお話に混じれなくて残念ですが、よろしくお願い致します。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です