2016-2017 年末年始の旅 vol.3〜天河大辯財天社〜

 

そもそも・・・
今回の旅の発端は
このお守りを見たことに端を発する。

3つの鈴のお守り→みすずのお守り→美鈴のお守り

 

これは私のためのお守りだ!

 

そう思って
天河神社が”いつか行きたいリスト”2016年のはじめだった。

 

それが友人達のおかげで
1年以内に叶うことになったのだから
本当にありがたい。

 

京都から奈良へ移動し
年末年始はこちらの宿にお世話になった。

 

大峰山洞川温泉郷 光緑園西清

 

到着は夜で
うっすらと雪が残る庭を歩くと
どどーんと特大の福の笑みで出迎えられた。

 

 

温かい葛湯のもてなしに
冷えたカラダと心もほっこり^^

 

部屋に荷物をおいて
ささっと湯浴みをし
大晦日の宴を楽しむ。

 

 

全体像を撮るのを忘れるほど
お腹が空いていた私^^;

 

次から次へと運ばれてくる料理に舌鼓。

 

部屋に運ばれてきた食後のぜんざいまでペロリ。

 

満腹状態からしばしの休憩後
2年参りへと出かける。

 

 

天河大辨財天社

厳島神社と竹生島と並び、日本三大弁財天のひとつ。

◎主祭神
市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)
芸能の神として芸事の上達のご利益があり
芸能界の方々もお忍びで多数参拝されているとのこと。

 

ちなみに年末、先程の宿には
アモーレ婚で話題の長友&平愛梨さん達も訪れたというから
こちらにご参拝されたのだろうな。

 

それにしてもこの手水・・・
勢いよすぎじゃない?

 

なかなか柄杓に水が入らないくらい^^;

 

レーザービームを彷彿させる勢いで
私も2017年はこの勢いで駆け抜けたい!と思った。

 

休みどころに案内され、お茶を飲みながら待つことしばし。

 

23:45から本殿にて除夜祭が行われた。
いよいよ2016年の仕上げの大祓だ。

 

そして新年を迎え、
引き続き玉串奉奠の儀が執り行われる。

 

凛とした、厳かな雰囲気に
自然と謙虚な気持ちになる。

 

脈々と受け継がれてきた伝統の儀に参列しながら
ここの場に居られることに
あらためて感謝の気持ちが湧き上ってきた。

 

すべての儀が終了し
一人ひとり参拝する。

 

拝殿にある鈴は【五十鈴】

 

天河神社に伝わる神器で
鳴らし方も通常の鳴らし方ではなく
ぐるぐると円を描くように回す。

 

これがなかなかに難しい。

 

一説によると
この不思議な音色に共鳴したUFOが来るらしく
目撃情報も多数だとか。

 

五十鈴を鳴らし、
神に感謝の気持ちを伝え、意宣った。

 

神様には
これを叶えてください、というお願いではなく

 

私はこうなります!
私はこれをやり遂げます・・・等々
宣言するのがよろし。

 

私も2017年の自分を意宣ってきました^^

 

その後、なんと!
参拝者全員にお雑煮が振る舞われた。

 

関西のお雑煮はこれが初めて。
味噌仕立てなのが新鮮!

 

真夜中ながら
美味しく、ありがたく頂戴した^^

 

2017年に入って
初めて口にするものが
神社でいただけた、ということは・・・

 

きっと2017年も

美味しいものに恵まれること、間違いなし!(笑)

 

そして
普段はめったに引かないおみくじだけれども大吉♡

 

幸先の良いスタートにこの1年が早くも楽しみになってきた♪

 

そうそう、天河神社には言い伝えがあり

「縁がない者は天河神社に辿り着くことができない」と残されているとか。

 

2016年から2017年という年越しを
こちらで迎えられたということは
何か変革のタイミングであるということ。

 

これから自分の世界をどのようにクリエイトしていくのか
2017年がキモになるような予感が沸々としてる。

 

 

 

 

 

2016-2017 年末年始の旅 vol.2〜元出雲編〜

 

元伊勢三社めぐりを終え
友人家族と合流し、
ここからは車で移動。

 

そして次に到着したのがこちら!

<出雲大神宮>

丹波国一宮
*一宮とは国で一番有力な神社のこと。

 

◎御祭神
大国主命(オオクニヌシノミコト)
后神である三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)

 

大国主命といえば
中つ国(日本の国土)の経営をし、後に皇孫に国譲りをしたことで有名。
国譲りの神とも言われている。

 
そして日本一の縁結びの神でもある。

 
縁結びと言っても恋愛や結婚だけでなく
人生を彩る様々な縁を結ぶという神様。

 
だいこくさまが福の神といわれる由縁だ。

 
人聞が立派に成長するように、社会が明るく楽しいものであるようにと、
お互いの発展のためのつながりが結ぼれることである。

出雲大神宮HPより

 

訪れたのが大晦日の夕方だったからか
参拝客は数名。

 
巫女さんたちが境内を掃き清めていることもあってか
とても清々しい氣をいただいた。

 

御神体山より絶えず湧き出ているという真名井の水は
「天下の名水」とも言われているらしく
味わってみると甘く美味しい。

 
到着したのが夕暮れ時で
ゆっくりと散策することができなかったのが残念だが
十分にむずびの力をいただいた、と思う。

 
ここももう一度
訪れたい場所の1つとなった。

 

 

 

ちなみに・・・
出雲大神宮は”いずもおおがみのみや”とも呼ぶそう。 

 

同じ”大神”の文字がある
翌日に奈良県の大神神社に訪れることになっていたのも
必然のことなのかもしれない。