怒りの正体

 

rage-1015611_1280

先日、ある人が言った言葉から
突如!
自分の中から怒りの感情がむくむくと湧き上がってきた。

 

・・・
怒りって湧き上がるものなんだ。

 

で、
ひとしきりその怒りっていう感情を味わった。
いや、味わわざるをえなかった。

 

頭に血が上り
目には涙がにじむ。

 

カラダが小刻みに震える。

 

 

なにせ、
久しぶりの強い情動であったため
自分でもどのように制御していいものか
わからなかった。

 

それでも
怒りのピークは6秒と言われるだけあって
すーっと引いていった。

 

その後は
自分の中で自己分析が起こる。

 

私の中の何が
そんなに怒りを湧き上がらせたのだろうか、と。

 

怒りは第2感情と言われていて
その前に本当に感じている第1感情がある。

 

こうあるべきでしょ
とか
こうして欲しい
という期待を裏切られた時に

 

寂しい、つらい、不安、悲しみ・・・
そんな第1感情が湧き上がってくる。

 

本来は第1にそれを味わうところであるが
あまりにもその痛みが強かった場合
怒り、という感情に変化する。

 

心理学を学んだ時にそのことを知った。
怒りって第2感情なんだ、って。

 

今回は
アンガーマネジメントを学んでいたおかげで
怒りの扱い方、というものを身を持って体感し、

 

そのおかげで
 

何が怒りの原因なのか、
何を大切にしたい、と思っていたのかがわかった。

 

そして自分自身がそれを
大切にしていなかったのだ、ということに
気がつかされた。

 

ある意味、
その言われた言葉によって怒りがわいたけれども

本当は
 

自分が自分に対して思っていることを
強く代弁してくれた

 

のかもしれない。

 

少し冷静になって考えると
その人に対して感謝の気持ちが湧いてきた。

 

 
そしてその数日後。

 
実はアンガーマネジメントワークの講座ができる
インストラクターの養成講座を開催する予定が入っていた。

 

このために怒りがわいたのか?!と思うくらい
タイムリーだったな・・・^^;
 

IMG_0754

3名の魔法の質問キッズインストラクター誕生☆
【イライラしないママになる魔法の質問ver.】
左からぐっちさん、しんちゃん、りえちゃん。

 

でも
あらためて思うことは
怒りって爆発的なエネルギー
カラダを駆け巡るのだ、ということ。

 

結果、
怒りの原因がわかった後は
ものすごい勢いで行動したもの笑

 

たまには怒りもいいもんだな。

 

いや、
やっぱりいつも笑顔で
毎日楽しくいたいな、うん。

 

 

もう、すぐにでもイライラを解消したい方に朗報!

 

【イライラしないママになる魔法の質問】講座を
写真左のぐっちさんこと
関口智行さんが早速7月に開講しますよ^^
詳細はコチラからどうぞ→☆☆☆

 

 

 

 

 

店主の想いがぎゅうぎゅうに詰まったお店

IMG_0699

 

ずっと行きたかったお店に
ようやく行くことができた。

 

1日3組。
完全予約制。

 

これだけだったら
どこにでもあるかもしれないけれど

 

facebookに
そのお料理が投稿されるのを見るにつけ
その作り手の愛情が伝わってきた。

 

絶対に行きたい場所!と
私のココロのWISH LIST に刻まれていたお店。

 

IMG_0694IMG_0695

 

まるで田舎のおばぁちゃんの家に来たかのような佇まい。

 

中に入った瞬間に
「あぁ、懐かしい」という郷愁にかられる。

 

IMG_0696IMG_0698

 

通されたちゃぶ台には
素敵なしつらえが施されており

 

メニューは可愛らしいイラストと共に手書き。
メッセージも添えられている。

 

座った時から
もうすでにお料理は始まっているんだな、と感じた。

 

しばらくして運ばれてきたお料理は
これぞ!私が求めていたもの。

 

季節の野菜をふんだんにつかい
時間という、何よりも貴重なエッセンスが
たっぷりと仕込まれている料理の数々。

 

品数もさることながら
1日ではこの味は出せないだろう、と
容易に想像できる奥深い味。

 

庭に咲いている花を添えて
目でも季節を味わえる店主のセンス。

IMG_0700 IMG_0705

 
ナゲットはカレー味のついたおから。
お料理全て、野菜でできている。

 

野菜本来の美味しさを引き出すシンプルな味付け。
食感や見た目がバラエティに富んでいて楽しい♪

 

そして、
愛してやまない酵素玄米も♪

IMG_0704

 

食後のデザートは
ゆすらごのジャムを添えた豆乳の杏仁豆腐。

 

ゆすらご
小さいころ、よく食べたな〜。甘酸っぱくて美味しいの♪

IMG_0706

 

ドリンクは
ツキノシズクという美しい名のブレンドハーブティをチョイス。

 

何やら、店主がそのパッケージを見ただけで
トキメイテしまったという品。

 

作り手が
お花や植物と会話しながら手摘みし、
最高のブレンドに仕上げたものだとか。

 

飲むと
カラダの中で
”パッ☆”と広がる感じがする。

 

お茶にもエネルギーがあるんだなって
初めて感じたかも☆

 

お茶一つとっても
店主の想いと作り手のこだわりのハーモニーを感じる。

 

すべてにおいて、
統一感があるんだな。

 

店主の孝子さんの想いがぎゅうぎゅうに詰まったお店。
細部にわたってこだわりが感じられる1つの作品だった。

 

梅雨の晴れ間。
開け放たれた窓から
心地よい風が吹き抜けている。

 
あぁ、
本当ならばお昼寝して帰りたい。

 

そう思えるほど
リラックスできたお店だった。

 

私のオススメのお店はコチラ
古民家カフェ 七五三

 

 

 

玉ねぎの皮を剥いていくように・・・【お客様の声】

onion-899095_1280

郁子さんは以前、
アクセスバーズ&コンサルティングセッションを受けていただいた方。

華道を嗜み、佐藤式リンパマッサージの先生でもあります。

 

漢字のカードマスターになり
早速、身近な人に
気づきと笑顔を届けていらっしゃいます♪

 

*****

髙橋郁子さん。
①魔法の質問カードマスター養成講座に参加しようと思ったきっかけは何ですか?
以前、美鈴さんにアクセスバーズの体験を受け、その時にセッションして頂いて
すごく興味をもったのがきっかけです。

 

②講座を受けてみて、どんな学びがありましたか?
自分はポジティブと思っていたのに、思考のクセが否定的であった事。
自分の本心がしつもんによって玉ねぎの皮を剥いていくように明らかになっていくことが
不思議でした。

 

③この講座をうけて一番よかったことは何ですか?
ちゃんとセッションが出来るようになれば、
自分が感じたようなワクワクを感じてもらえると思えることです。
私は美鈴さんのセッションをうけて、根拠のない自信に包まれました。(笑)
そんな風に私のセッションを受けた人にも喜びを感じてもらえるようになれれば嬉しいです。

 

④マスターとして、セッション時に意識することは何ですか?
自分の感情を入れない事。
選んで頂いた漢字は自分で読まない事。
9割聴けるようになること。
それによって相手が必要としているしつもんを出来るようになる事。
愛のある選択をするように、肯定で話せるように意識したいです。

 

⑤魔法の質問カードを一言で表現すると?
「謎」でしょうか?(笑)
無意識に選んだカードなのに、
今の自分に必要なメッセージが書いてあるなんて、不思議で仕方ないです(笑)

 

⑤講座についての感想、意見等、何でも^^
午前中は一人での講義だったのでひたすら自分と向き合う時間でしたが、
もし複数人で受けられたらその人たちの質問の答えが聴けたと思い、少し残念です。
やっぱり大人数で講義を受け、いろんな人のいろんな答えや感じ方を聴けた方が
自分にとっても多方面からのものの見方・感じ方の参考になると思いました。

 

⑥あなたから見て浅香美鈴はどんな人物だと思いますか?
師匠です(笑)
すべてを見透かされているような感覚を受けます。
美鈴さんのしつもんには
どんどん切り込まれ追いつめられる感覚です(笑)
でも、それで自分の中の無意識だったことを意識レベルに上げてもらえました。
本当にしつもんの達人です!

 

*****

郁子さん、ありがとうございました。
えっ?追いつめて・・・る?^^;

 

いやいや、
私にそんな圧があるとは・・・笑

ま、確かに癒し系ではないかも、ですww

人生の岐路に立っている方、
本気で人生を変えたい、という方
ウェルカムです♪

 

ココロを癒やし、ゆるみたい方は
カラダをゆるゆると緩ませる佐藤式リンパマッサージがご専門の
郁子さんにお任せするとしましょう^^
彼女のセッションを受けてみたい♪という方はこちらからお問い合わせをどうぞ☆

 

IMG_1040

 

 

魔法の質問カードマスター養成講座にご興味がある方は
MIND-QUESTのHPからお申し込みください♪

 

 

 

 

「◯◯になりたい」を叶えるためには?

angel-184406_1280

 

月日が経つのは本当に早い。
今日から6月だ。

 

からっ風で有名な群馬県。
少々の強風は慣れているはずだけれど
今日の風のとりわけ強かった。

 

まるで何かを・・・
吹き飛ばすかのように。

 

 

半年に1度
歯の定期検診とメンテナンスに行っている。

 

数年前、スタッフ研修をさせていただいた歯科医院。

 

先生方の腕はもちろんだが
相変わらず、スタッフの笑顔と対応がとてもいい。
遠くても通うファンが沢山いるのがうなずける。

 

歯科医院独特の匂いはまったくなく 

清潔で明るい待合室には
ゆったり座れるソファと
院長オススメの書籍がずらりと並んでいる。

 

ゆるされるなら
ここで本をゆっくり読みたいくらい
とっても居心地がいい。

 

壁には沢山の本が並んでいる。

 

ふと、その中の1冊に目がとまった。

 

福に憑かれた男
喜多川泰著

 

ここの医院長が
いつかのしつもん読書会に
持ってきた本だった。

 

少し前に話題になった本で
私もその存在は知っていたが、
読むまでには至らなかった。

 

物事にはすべてベストタイミングというものがあるが
どうやら今日は
その本を手にとることになっていたようだ。

 

 

自分の名前が呼ばれるまでの短い時間
たちまち私はその本に引き込まれた。

 

物語風で読みやすい、というのも一つの要因だけれども

 

今、同時に2冊を読んでいるものと
相通じるものがあったことに加え

 

何より、
このしつもんに
グッと惹きつけられたのだ。

 

「◯◯になりたい」と心から願う人には
どのような人との出会いや経験が必要だと思いますか?

 

福の神はその願いに応じて

 

その願いが叶うための
”経験を与えてくれる人”との出会いを用意してくれる(らしい)

 

◯◯に入れるものは自由だ。
*文中では「”優しい人”になりたい」だった。

 

だったらば
理想の自分を思い描いてみてはどうだろう。

 

そして、その理想の自分になるために
「どのような人との出会いや経験が必要か?」と考えてみる。

 

もし、今
辛い経験や、試練を迎えているとするならば
実は自分に憑いている福の神の仕業かもしれない。

 

私たちは
どうして今、それをしなければならないのか分からず
行動を起こすことが沢山ある。

 

それももしかしたら・・・。

 

実際のところ
真偽のほどは定かではない。

 

でも、
そう考えたら・・・
なんだか愉快じゃないか。

 

偶然という名の必然。
試練という名の試験。

 

私たちが幸せになるために
全て福の神が仕向けた作戦だったとしたら?

 

 

診察とメンテナンスが終わり、
その足で本屋に向かった。

 

もちろん、
福に憑かれた男を買うために。

 

月に2度、
朝に開催しているしつもん読書会の中に
こんなしつもんがある。

 

なぜ、この本がここにあると思いますか?

 

その問いの答えは
本の中に書いてあった。

 

 

人間は一瞬で驚くほど成長する。

 

 

きっとこの言葉を
私に届けたかったのだろう。

 

あとは私が
◯◯の中に入るものを
明確にイメージするだけ、だ。

 

ところで。

 

福の神は
私の中にある神、とも言える。

 

いつだって人生は自分次第、なのだから。