いのちの源 〜水輪vol.3〜

 

IMG_0571

 

 

朝7時。

 

自然農園ナチュラルファーム散策をした。
スタッフの一人がこの農園を案内してくれた。

IMG_0554
見渡すかぎりの広い農園はこの敷地内にとどまらず
水田もあり、今がちょうど田植え真っ盛りだそうだ。

 

この農園はもともと山に残された遊林農地で
化学肥料や動物の堆肥も一切使わず
自然の営みによって育まれた栄養たっぷりの土が
そこにはある。

 

飯綱高原の朝と夜の寒暖の差や
戸隠連峰から運ばれてくるミネラル豊富な水も
ここの野菜達を甘く美味しく育てる要素となっている。

 

広大な敷地を見渡すと
野菜とともに、それ以外の雑草もかなり多い。

 

場所によっては野菜は一切なく、
雑草畑か?と思えるほどのびのびと生えている。

 

IMG_0555

彼いわく、

 

野菜を収穫しやすくするために
今は農薬を使って雑草を排除している農家さんは多いです。

 

そのことによって土が痩せ
できる野菜も小さく、見た目も悪いから
売れるように化学肥料や動物の堆肥を散布するようになります。

 

さらに雑草も農薬の耐性ができてくるから
それに対応したもっと強い農薬が必要となり
ますます土地はやせていきます。

 

そうなると、野菜自体も
そういう土地でも育つように
品種改良、遺伝子組み換えが行われていくわけです。

 

遺伝子組み換えによって作られた種は
次の世代へと受け継がれない。
だから翌年、また新たな種が必要となります。

 

一方で
私たちは人間の手で強制するようなことをしなくとも
自然の循環を整えてやればいい、ということを知っています。

 

自然の営みに逆らわず
最小限の雑草を刈り取ること以外は何もしないのです。

 

雑草は嫌なもの、と捉えられがちですが
実は雑草も大事な役割があって
 

例えば野菜だけの畑に
アブラムシなどの害虫がついたとすると
全部の野菜にアブラムシがついてしまう可能性が高いのです。

 

けれども
雑草があれば、その雑草にアブラムシがついて
全滅するということはなくなります。
自然と野菜が保護されるカタチになるんですね。

 

IMG_0544IMG_0542

 

例えばたんぽぽの根は
意外としぶとくて
抜くのも結構大変なのですが

 

それが沢山生えている土地ではあえて野菜を作らず
ハーブなどの自生力の強いものを植えるのですよ。
何もせずとも元気に育つんですよね。

 

そうやって
なるべく、その場所その場所にあったものを
植えるようにしています。

 

もちろん、雑草をぬくことはありますよ。
なにせ、こんなに生えてますから(笑)

 

その場合は抜いた雑草を捨てずに
畑に積み上げておいて
2〜3年かけて堆肥をつくっています。

 

IMG_0550IMG_0548
↑ 積み上げられた雑草の山
表面の雑草を持ち上げると、中では発酵が進んでいて温かい。

 

実は
この堆肥すら畑に蒔くことはせず、
ポットに入れて色々な苗作りに活用しています。

 

また、在来種の種を採る研究もしているのですよ。
最近はなかなか手に入らないから
自分達で作るようになったんですね。

 

ここの大地で育った野菜から採れた種だから
これ自体にエネルギーがあり、
翌年も元気な野菜がとれる。
自然から教わることは本当に多いです。

 

IMG_0547IMG_0551IMG_0546IMG_0552

 

自然の営みに
私たち人間ができるかぎり手を加えないことで
循環が生まれます。

 

そこには農薬も化学肥料も必要がないのです。

 

土地づくり、野菜作りに対しても
私たちは本物の追求をしています。

 

そう説明している彼の瞳の輝きに
自分たちの仕事に誇りと自信が伺えた。

 

 

手塩にかける、とは
こういうことを言うのだろうなって思えた。

 

そういえば、
皇居の勤労奉仕をしている時も
皇居の自然の循環についてお話を聴いた。

 

土も雑草もそこにいる虫達も鳥も食物連鎖によって循環していて
自然循環が成り立っている場所なのだ、と。

 

自然の営みを人間が壊してはならないとの意向で
草むしりをする場所や種類も制限されるほどだった。

 

昭和天皇・香淳皇后の御所だった吹上御苑は森の中にあった。
日本の中心は
本当に豊かな自然に囲まれている場所だった。

 

 

 
そしてそして・・・お待ちかねの食事の時間♡

 

彼らの誇る野菜を調理するスタッフたちがまた素晴らしい。
 

旬の朝採れ野菜の味を
最大限に引き出す調理方法を探求し
ロングステイが多いリトリート客のために
毎食違うメニューを出そうとする創造力。
なんとそのレシピは6,000種を超えるとか。

 

生野菜のサラダは
見るからに生きてるエネルギーを感じたし
口に入れた瞬間、いのちを頂いているのだなぁと実感する。

 

IMG_0535IMG_0538IMG_0564IMG_0565

 
本物の野菜は
こんなにも味が濃くて、香りも豊かなのかと
心まで満たされる。

 

まさに太陽と大地のエネルギーを食べている。

 

そして
野菜作りのスタッフと調理のスタッフのをも食べている。

 

ここの料理を食べると元気が出る、というファンは多く

 

食事をご一緒したご婦人も
年に数回、10日程度のロングステイ中だった。

 

IMG_0539IMG_0541IMG_0536IMG_0566IMG_0571
↑ 私が大好きな長岡式酵素玄米も毎食出る。

 

カロリーを食べている時は
何か物足りない気がしてどうしても過食になってしまうのだが
エネルギーを食べているから
野菜だけでも十二分に満たされる。

 

地産地消と言うが
旬の採りたて野菜をその場で食せるってすごく贅沢だ。

 

大地と水と太陽とで育まれたエネルギーが
カラダの隅々まで満ちていく。

 
あぁ、
幸せだな。

 

 

ただ在る、それだけで・・・〜水輪vol.2〜

IMG_0527

 

その名を聞いたのは
アクセスバーズの師匠でもある島くんから。
 

彼は人・物・場のエネルギーを調整し
あらゆるセッションをしているエネルギーワーカー。
 

その彼が大絶賛の場所がコチラ。
 

いのちの森 水輪
〜心と体といのちのリトリートセンター〜
 

聞いた時から
行ってみたい!と思った。
 

友人でヒーラーのまさよちゃん
リトリートをやりたい、と話してきた時
行ったこともないのに水輪を勧めた。
 

そして私自身も
その場のエネルギーを体感したくて
彼女の施設下見へと同行した。
 

 

まず感じたのは
緑豊かな場所だ、ということ。
 

新緑の季節だということも相まって
生き生きとしたグリーンが目に鮮やかだった。
 

IMG_0578
 

この場所に来るだけでも
フィトンチッドが充満していて
リラックス効果抜群。
 

それにもまして
施設が全て桧や杉の総天然木でできているというから驚きだ。
 

館内に入ると、ほんのり桧のいい香りがする。
 

壁も漆喰で、人間のカラダに優しい素材ばかり。
建築医学から設計された施設は館内どこの窓からみても
緑豊かな木々に囲まれている。
 

IMG_0531
 

施設は全部で10棟あろうか。
 

全ての施設を見学させていただいたが
天然の美濃和紙の照明が
部屋をあたたかい光で満たしている。

 

IMG_0518
 

壁や風呂にいたるまで
手作りの苔玉がお出迎え。
 

IMG_0534
 

調度品は全てにおいて品がよく
オーナーのセンスの良さが伺える。
 

IMG_0532

 

コトバにすると平べったくなるのだが
一言で言えば、
とっても感じがいいのだ。
 

施設の一つ一つが
息づいているのがわかる。
 

そして、
私たち来客を
喜んで迎えてくれている、という感じ。
 

スタッフのたゆまぬ努力と愛情によって
よく手入れされている証拠だろうと思った。
 

 

水輪は
塩沢早穂理ちゃんという人物なくして
この施設や満ちているエネルギーは成り立たない、とスタッフは言う。
 

実は早穂理ちゃん、一人では何もできない。
 

分娩障害により重度の脳障害を持って生まれ、
10歳まで生きられるかどうか、と診断された。
両親の深い愛情と彼女を慕うスタッフに支えられ
今年の春、41回目の誕生日を迎えている。
 

何もできなくても。
ただそこにいるだけで
みんなを癒やし、笑顔にし、勇気づける早穂理ちゃん。
 

まちがいなく彼女は
水輪の中心であり、太陽なのだ。

 
 

本来、人はそういう存在なのだと思う。
ただ在る、だけで
本当は何もいらないんだろうな。
 

さおりの日誌→☆☆☆
 
 

 

人と比べる必要はない。
 

頭でわかっていても
ココロのそこからそう思えているか。
 

誰かに承認されたくて
自分をその誰かの軸に合わせていないか。
 

 

よりどころがない
自分の行く末がわからない
なんのために生まれてきたのか
生きている意味は何なのか・・・
 

そうやって
心傷ついて
誰もわかってくれない、と
自分の内側に閉じこもった人達が少なくない現代。
 

その人達の中で
縁あってこの水輪に辿り着き、
自然の育みの中で本来の自分の力を取り戻している人達が何人もいるという。
 

そして今現在のスタッフは
もともとは色々な経緯を経て、
水輪にリトリートに来たメンバーなのだ、と聞いた。
 

 *水輪は“今、ここ”での生活体験を主とする青少年自律支援活動をしている。
 

彼らは自分の心を、人生を取り戻すべく
 

”今、ここ”の一瞬一瞬を集中して
自分の役割を全うし、
誰かの役にたつことで
人生の喜びを味わっている。
 

本当に一瞬一瞬、
自分のいのちの煌めきを放ちながら
自分の持ち場を全うしている。
 

水輪メンバーが大切にしていることはただ一つ。
 

本物の追求
 
 

オーナーが言ったそうだ。
 

本物を目指そう、と。
 

そして
そのオーナーの意図を
実直に体現しているスタッフ一人ひとりの在り方をみた時
 

清々しさ・美しさ、本物のホスピタリティを感じた。

 

それはきっと
 

ここを訪れた人全てが
そう思うのじゃないかな。

 

どう在るか。
Beの大切さを
彼らから学んだ2日間だった。

 

 

 

 

聖なる場所へ 〜水輪vol.1〜

IMG_0559

 

 

 

宿り木は
聖なる土地にのみ生息するという。

 

IMG_0528

 

この宿り木が沢山ある場所。
それがいのちの森【水輪】

 

絶対にオススメの場所!と
教えていただいたのがココ。

いつか行ってみたいな〜と思っていたら
思いの外、早くに実現。
(引き寄せのスピード、かなり加速してます♪)

 

ここには
世界でたった12個しかないと言われる
平和と祈りのサークルがある。

 

IMG_0572

 

 

フラワーオブライフの著者であるドランヴァロ・メルキゼデク博士が
地球を12分割し、世界の12箇所にこのストーンサークルをつくる旅にでていて
日本の戸隠にこのサークルを創る場所があるはず、と
さんざん探した結果、行き着いたのがこの水輪だという。

 

先に書いた宿り木が
沢山自生していたことも決め手の一つだったとか。

 

この場所は
東西南北天地のバランスが完璧だそう。

 

祈り方にも作法があって
 

東の交点から右足で入り、
東、南、西、北の神様にご挨拶をしてから
真ん中の石におでこをつけて祈る。
 

その際、
願い事をココロにうかべると叶えてくれる、というので
私もさっそく願い事を。
 

このサークルから半径200mは結界が張られていて護られていると告げられたのだ、と
オーナーの塩沢さんにお話をうかがった。

 

今の水輪に成長するまで
数々のドラマやミラクルがおこっているのも
頷ける。

 

 

もう一つのサークルは
イタリアのダマヌール
日本初の石の螺旋を作ってくれた、という。

 

IMG_0559

 

なんでも
シンクロニックラインが2本
この地に通っているようで

*シンクロニックラインとは
宇宙のすべての星をつなぐエネルギーの河
中国では龍の背中と言われている。

 
イタリアダマヌールにある人類の地下神殿に
繋がる螺旋だという。

 

IMG_0556

 

そのエネルギーにアクセスするためのキー【ペンタクル】があり、
それを持ってらせんを歩く。
それは男性用・女性用と1つずつある。
*ペンタクルはらせん用に活性化されたアトランティスの力の盾

 

らせんはそのペンタクルを持った1人だけが歩ける。

 

らせんを歩くとこで、そのエネルギーと触れ、
オーラをより良い状態にし、感覚の伝達回路を浄化、潜在意識を開花するという。

 

だからゆっくりと
五感を研ぎ澄ませて歩いた。

 

そこのエネルギーをどう感じるかは
人それぞれだと思うが

 

私の場合は
中心に近づくにつれ
ジンジンとした振動が強くなり
真ん中にある木に到着した時は
かなり頭がクリアーな状態になった。

 

そして中央の木は
そのエネルギーと繋がっているというので
1分程感覚を研ぎ澄ませる。
 

その時、イメージも降ってきた。

 

ダマヌールの石の螺旋は
聞きたいこと・答えが欲しいことを問いかけると
1ヶ月くらいにはその答えを手にすることができる、ということなので
楽しみなのである^^

 

水輪の素晴らしさは
このストーンサークルとダマヌールの石の螺旋だけではない。

 

広大な土地にある農園にて
完全無農薬、循環型農法で作られた
エネルギー満タン・栄養たっぷりの元気なお野菜たち。

IMG_0547 IMG_0544

*必要最低限の手入れをするため、雑草も野菜とともに共生している。

 

これをふんだんにつかったお料理の数々が堪能できる。

IMG_0564IMG_0535IMG_0566IMG_0571

個人的には
酵素玄米が大好きなので、それだけでもゴキゲン♡

 

お客様の要望にこたえていくうちに
なんと今ではレシピが6,000以上あるとのことで
何度も行きたくなる理由の一つとなっているようだ。

 

 

そして
 

緑ゆたかな木々の中に建てられた施設は
鳥のさえずりが絶えず聞こえる。

 

建築医学の立場から設計された
漆喰の壁や杉と檜を中心に使った総天然木の施設は
入った瞬間から木の香りが漂ってくる。

 

本当にリラックスできて
エネルギーを充電するにはもってこいの場所だった。

IMG_0509IMG_0527

IMG_0519IMG_0521

 

そして内観するには最高の場所。
 

なので
自分発見プログラムの一環で
初の宿泊セミナーを企画します。
 

日程は9月の末を予定。
詳細は後ほど♪

 

ピン!と来た方、ぜひご一緒に^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクエスト開催します☆ キッズインストラクター養成講座

man-932840_1920
 

 
【イライラしないママになる魔法の質問】
 

あなたがイライラするってどんな時ですか?
 

 
子どもや部下が言うことをきかない時?
自分の思い通りにならない時?
自分以外の誰かに何かを阻害された時?
それとも・・・わけもなく?
 

 
私たちは感情に振り回される生き物。
だからこそ、うまく付き合いたいものですよね^^
 

 
今回の【イライラしないママになる魔法の質問】は
魔法の質問版アンガーマネジメントです。
*アンガーマネジメントとは、
1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)を
マネジメント(上手に付き合う)ための心理教育です。

 

 テーマに”ママ”とありますが
もちろん、パパにも当てはまります(笑)

 

 そして、パパだけでなく
経営者にも上司にも^^
 

 
なぜならば、どのシーンにおいても
やはり人間関係ってすごく大切です。
 

 
一方で
一番アタマを悩ます部分でもありますよね。
 

 この魔法の質問キッズインストラクター養成講座で
身に着けていただく内容・マインドは
 

 様々な人間関係をよくするためのヒントが満載で
本当に役に立つ!とご好評をいただいております。
 

 私自身も色々な場所で講演をさせていただき
PTAや学校のみならず企業研修でも使っています。
 

 
目の前の大切な人の「イライラした感情」を
手放すお手伝いをしていきませんか?
 

 
<こんな方におススメです>
 

 
☆ イライラを手放したい!
☆ 自分で感情のコントロールが出来る力を育てたい
☆ ついつい怒ってしまう自分の関わり方を見直したい
☆ 家庭や職場の雰囲気を良くしたい

 

 
<魔法の質問って?>
答えるだけで魔法にかかったように変化をする
質問のことです。
 

 
<魔法の質問キッズインストラクターって?>
 

子どもも大人も 1人でも多くの人が、
自分らしく生きていく世の中になったらいいな。
 

子どもがキラキラしていることは大切ですが、
それよりも前に、大人がキラキラしていることが大切。
 

しつもんによって、自分らしさとは何かを
無理なく、自然と知る。
そして、その一歩を踏み出すきっかけを
講座を通じてサポートする存在です。
 

 
講座:① 子どものやる気を引き出す(大人向け)/なりたい自分になる魔法の質問(子ども向け)
   ② イライラしないママになる魔法の質問(大人向け)
※ 今回は、②イライラしないママになる魔法の質問
が出来るようになるキッズインストラクター養成講座です。
 

 
<今回の養成講座の講座の内容は?>
☆ イライラを手放すしつもん&ワーク
☆ シャンパンタワーの法則
☆ ほしい感情をみつけるしつもん
☆ 学んだことをより明確にするしつもん
 

 
<受講すると?>
☆「考える力」が身につき、自分で考え行動できる
☆ 感情のコントロールが出来るようになります
☆ コミュニケーションに大切な
「伝える力」と「聴く力」が身につきます
 

 
<日程は?>
2016年6月11日(土)12日(日)
両日とも10:00〜18:00
 

 
<場所は?>
ライフアップスクエアアイズ
群馬県前橋市南町3-35-3
前橋駅から徒歩3分
 

 
<受講費は?>
一般(下記のどれでもない) 34,800円(認定料含)
魔法の質問キッズインストラクターまたはサポーター 15,000円
魔法の質問認定講師  15,000円(認定料含)
魔法の質問認定講師かつキッズインストラクター 10,000円
 

 
<お申込みは?>
こちらのフォームからお願いします。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=313101
 

 
<締め切りは?>
2016年6月2日(木)
 

 

<体験会のお申込みは?>
*********<体験会のご案内>**********************
日時:2016年6月11日(土)10:00~12:00
受講費:1,000円

 

この講座を受講してみたい方はぜひ。
 

体験会のお申し込みはコチラのフォームから☆
*セミナー・研修の中で
”イライラしないママになる魔法の質問”を選択してください。

 

 
久しぶりの養成講座開催です。
次回開催予定は未定なので、
ピン!ときたかたはこの機会をお見逃しなく^^

 

 

 

 

 

オリエンタルという響き 【告知】ランチ&コラボ講座

prawns-259776_1920

 

オリエンタル という響きに

なんとなく神秘的な印象を感じるのは私だけだろうか。

 

暑くなってくると
香辛料の効いた料理が食べたくなる。

 

適度なスパイスの効いた味が
素材の味を際だたせるように。

 

ランチのお話会の中でも
その時々に合ったスパイスの効いた話を少々。

 

偶然に集まったメンバーは個性豊かで
一見、なんの繋がりもないのだけれど

 

同じものを食べ、
時間を共有し、
会話を共にしていくことで

 

いつの間にか初対面の緊張もほぐれ
調和が生まれていく。

 

個性と個性が共鳴しあい、アクセントとなって

 

いつしか、
この出逢いは必然だったねとその場にいる全員が感じるようになる。

 

旬の食材をたっぷり使った彩り豊かなお料理を堪能した後は
心の中をじっくりと掘り下げるグループセッションを。

 

しつもんをすることで
引き出される自分の答えは

 

思ってもみないものかもしれないし
あぁ、やっぱりそうだったのね、と
納得至極の答えかもしれない。

 

その答えは
自分のものであり、
目の前の人のものであり、
そしてその場に集ったメンバー全員の答えでもあるから不思議。

 

すっかり自分のココロを解き放した後に続くのは
見て美しい、触れて楽しい宝石セッション。

 

その時にピッタリなエネルギーを所有するルース(裸石)を左手に乗せ
その体感を味わうと

 

時に笑いが止まらなくなり
時に涙が止まらなくなり
時にカラダがアツくなり
時にスコーンと気持ちよくなる。

 

人によって様々な体感は
体験した人でしか味わえない感覚。

 

ぜひ一度
私たちのコラボセッションにお出でいただきたく♡
今回の企画はコチラ↓

 

【募集4名!】
6月14日(火)12:00〜17:00

MISUZUとHITOMIのランチ会&コラボ講座
申込はコチラ⇒☆☆☆

 

 

今回の舞台はサイアミーズフィン

☆築地直送の新鮮な魚介類を
アジアの香辛料と中華の技法で提供してくれるお店です♡

 

 

 

 

 

しばしのタイムスリップを味わう

IMG_0200

 

5月5日の子どもの日。

立夏でもあったからか、まるで初夏を思わせるような陽気だった。

 

風が気持ち良い。
風薫る五月の到来だ。

 

久しぶりに父方の祖父母のお墓参りへ。

 

子どもの頃は
毎年夏と冬に遊びに来ていた祖父母の家。

本当に田舎で自然豊かな場所だった。

 

IMG_0173
家のすぐ横には山の上流から流れる小さな川があって
そこで顔を洗ったり歯を磨いたり。

 

IMG_0183

 

夏でもずっと手をつけておくことができぬほど
冷たい川の水は
スイカやきゅうり、トマトなんかを冷やしておくのにピッタリな場所だった。

 

家から少し下ったところには
川幅が大きくなっており

 

冬はその川を堰き止めて
自然凍結を待ち、
それは天然のスケート場になった。

 

従兄弟のスケート靴を借りて
おっかなびっくり氷の上に立ったあの日。

 

何度も転びながら
それでも徐々に滑れるようになる楽しさを体験した。

 

そうして
いつの間にか
私もスケートができるようになった。

 

 

傾斜地であることと
寒暖の差が育む蕎麦は
その土地の名産だった。

 

祖父母の家に到着するなり
母親が蕎麦を打つ光景は
今でも鮮やかに目に浮かぶ。

 

大体、長期休みの時に行くから
誰かしら、父方の兄弟家族が来ていて

 

蕎麦をつくるそばから
かまどで茹でる。

 

挽きたて・打ちたて・茹でたての蕎麦を毎回食べられたのだから
なんとも贅沢な話だ。

 

残念ながら
子ども時代は蕎麦が嫌いだったから、
その恩恵にはあずかれなかったのだが・・・。

 

蕎麦が美味しいと思えた時
『あぁ、大人になったなぁ』ってしみじみ思ったっけw

 

IMG_0178

 

13133230_1385169061509158_9183057666282792841_n
↑ ちぃじがき蕎麦を残したいと
有志のご婦人たちが土日・祝日のみ店をあける”那須庵”。
そば打ちも体験できる。

この蕎麦の味をききつけてきた客が
この日もあとからあとから来店していた。

 

 

 

川に足を浸しながらふと、思い出す子どもの頃。

 

IMG_0180

 

昔から5月は
沢山の鯉のぼりが山の中を泳いでいた。

 

今も昔も変わらず。

 

久しぶりの田舎は
五感を大いに刺激し
昔の記憶にしばしのタイムトラベルを与えてくれた。
 

たまにはこんな休日もいい。
 
 
 

募集中の講座

魔法の質問【漢字】カードマスター養成講座
5月28日(土)10:05〜17:00

魔法の質問【イラスト】カードマスタ−養成講座
5月29日(日)10:05〜17:00

お申し込みはコチラから⇒☆☆☆

 

魔法の質問カードの魅力って?

IMG_4707

 

GWの前半は講座三昧だった。

 

魔法の質問【イラスト】カードマスターが誕生。
IMG_0147

このイラストカードは
見ているだけでもほっこり癒される♡

 

UNICEFが発行するポストカードのイラスト等でも活躍されている
牛嶋浩美さんのイラスト。

 

なんというか・・・
自分の中の枠が外れて
自由に表現したくなるような感じ。

IMG_2191

 

ほっこりするカードだけれど
癒やし効果だけじゃなく

 

やっぱり自分に必要な気づきを与えてくれる。

 

今回はデモセッションの中で

 

今抱えている問題 【現実の事象】
最初のヒアリングで掘り下げていって

 

もう少し奥に眠っている
本当に自分が得たい状態【どうなったら最高なのか】を導き出し

 

さらにその奥にある
本当の問題【みるべきところ】に辿り着いた。

 

じゃぁ、どうしたらいいのか、という
解決案まで。

 

この間、20分かかっていないんじゃないかな。
とにかく解決に向かうスピードが早いのもカードセッションの魅力。

 

カード、恐るべし!

 

いやいや、
実はカードがスゴイのじゃなく

 

カードを目の前にしたクライアントさんが
真摯に自分の心に向き合うからこそ
得られる結果。

 

だから
みんな自分の中に答えは持っていて

 

それを引き出すきっかけとなるのがカードであり
そのお手伝いをするのが
カードマスターのお役目なのです。

 

 

1日置いて
漢字カードマスター養成講座を。

 

IMG_0163

 

一番最初に生まれたのは
こちらの【漢字カード】

IMG_1041

 

44枚の源泉された漢字が
1枚につき一文字、書かれているだけのシンプルなカード。

 

だけれどもその威力・切れ味はハンパない(笑)

 

例えるならば日本刀のような・・・。

 

イラストカードが拡げるエネルギー
漢字カードはギュッと凝縮するエネルギー

 

私自身はこんなイメージを持っている。

 

その人の今の状態・今の心理を
的確に表現しちゃうような漢字が出るから不思議。

 

ドンピシャなカードが出るのは
その人の潜在意識が引かせているのだ、と思いますが。
だから面白いのよね〜♪

 

1枚引きでも
3枚引きでも
グループでセッションしたとしても。

 

それぞれにピッタリなメッセージを携えて
そのカードは自分のもとへやってくる、という感覚。

 

今回は
コーチやカウンセラーの方が受講なさって

 

あまりの的確さと
セッションのスピードと
答えは相手からどんどん湧き上がってくるものだ、ということに
驚愕していた。

 

早速、ご自身のセッションに活用されるとのこと。

 

そして何よりも
マインドの部分で
マスターとしての大切なスタンスを学んだことにより

 

今までのセッションとは
格段に相手に寄り添うことができる、ということを
実感していただいたようだ。

 

そう、
マスターのマインドがセッションにものすごく影響を及ぼすのです。

 

いつも言う、

 

何をするか、よりも
誰がするか、が大事。

 

さらには
誰が、どんな状態でするか

は、もっと大事!ってことを

 

とことん、学ぶのが午前中のマインドPart。

 

マインドのLessonでは
・ニュートラルであること
・自分の在り方と整え方
・本当に聴く、とはどういうことか
・なぜ、セッションのたびに疲れてしまっていたのか
・なぜ期待を持つことはNGなのか
・信じる、ということのパワーとは
・短いけれど抜群に効果のある質問とは
・エネルギーを奪う人、与える人の違い・・・etc.

 

こんなことを学びます。
かなり濃密です(笑)

 

このマインド部分を知っているだけで
きっとみんな幸せになるって私は信じてるし

 

世の中の人がみんなこれを実践したら
きっと愛と調和で満たされた平和な世界になるのだろうなぁって想像してる。

 

だから
この講座だけは
お一人からでも受講可能、にしているのです^^

 

 

 

 次回開催予定

魔法の質問【漢字】カードマスター養成講座
5月28日(土)10:05〜17:00

魔法の質問【イラスト】カードマスタ−養成講座
5月29日(日)10:05〜17:00

ピン!と来た方はお申し込みをどうぞ⇒☆☆☆