Twincle Project 始動します!

 

 

昨年の3月、とあることから
思考は現実化するのだと
実感させられたことがあった。

 

だとしたら、

自分が常に何にフォーカスしているのか。
どんな思考回路を持っているのか。

 

それによって
現実化するものが変わってくるな、って思った。

 

それでまずはフォーカスするものを意識してみよう!って考えて
あるコミュニティを創った。

 

30日間、何気ない1日を何気なく過ごすのではなく
フォーカスするものを決めて過ごしてみる。

 

その結果をFacebookグループページに
毎日投稿していく、という試みだった。

 

その結果、
驚くべき変化が起こったのだった。

 

その変化はこちらを参照に↓
30日間の実験チャレンジを終えて

 

 

その後も希望者は
100日間、次いで365日続けた。

 

一人で続けるのは難しいが
仲間と一緒だったら
飽きっぽい私でも続けられる、というのが実証できた。

 

そのコミュニティでは
メンバー一人ひとりにかなりの幸変化(好変化)が起こったのだが
さらに良かったのは
メンバー同士の繋がりが今もなお、続いていることにある。

 

顔も名前も知らなかった者同士が

30日間、毎日投稿する内容を読んでいくうちに
なんだか、昔から知っていたかのように
親近感を持つのだった。

 

さらにどこかのイベントで
たまたま会った時に

 

『あのワークに参加していた方ですよね?』

 

この一言で一気に距離が縮まり
リアルな繋がりが始まっていく。

 

そんなことがとても沢山あった。

 

*先日参加してきた皇居勤労奉仕も
この時ご縁したメンバーの多数が参加している。

 

 

 

今年もまた
そんなコミュニティを創りたいな〜と思っていたところ
一緒にやってくれる仲間ができた。

 

そのメンバー3名で
今回、【Twincle Project】を立ち上げることにした。

 

 

Twincle とは

 

Twinkle ぴかぴか光る 軽やかに動く
Cycle  円・輪  循環する
という意味を掛け合わせた造語。

 

一人一人が満たされた時
本来の輝きを解き放ってキラッと輝く。

 

その輝きに惹かれ、刺激を受けた周りの人たちもキラキラと輝き出す。

 

最初はたった一人の輝きから始まるけれど
そこが源となって輪が広がり、循環しはじめ
やがて大きな希望の星となっていくことを目指すプロジェクト。

 

その源になりたいという方々の
きっかけになると嬉しいな、という想いで
コミュニティ発足します!

 

 

具体的には

 

前回と同じくFacebookグループにて
毎日3つ、投稿するというスタイルで

 

7月1日(日)
天赦日&一粒万倍日という
物事を始めるのに最良な日にスタートします。

 

<やり方>

①朝起きたら
『今日の私もキラッと輝き
 歓びの1日を味わいます。』とアファメーションする。

②毎日3つ、以下を参考に日々の祝福を見つけ、コメント欄に投稿する。

・キラッと輝いたこと
・感謝したこと
・自分褒めたこと
・こんな私ステキ♪
・与えることができたこと
・希望をもてたこと・・・etc.

30日間、毎日違う内容を見つける。
*探偵になったつもりで”祝福”を探そう。

④他者の投稿も読んでみて
愛をもって「イイね!」をする。
時にはコメントを♡

⑤ゲーム感覚で楽しむ。

 

 

やってみると
意外な自分に気付けたり
平凡だった日常が
とっても楽しいものになりますよ^^

 

そして、
幸せっていうのは
環境や持っているもの、条件などではないことに気づきます。

 

いつだって人生は自分次第♡

 

その第一歩として

日々、
自分を見つめる時間をとりませんか?

 

 

今日から募集します♪

 

・ピン!ときた方
・よくわからないけど楽しそう♪って感じた方
・平凡な日常をHAPPYにしたい方
・自分を見つめ直したい方
・新しい自分を発見したい方
・自ら輝きたい方
・素敵な仲間が欲しい方
・コミュニティを創りたいと考えている方
・明るい世の中をつくる源になりたい方・・・他

 

そもそもこのブログを読んだ方は
ご縁があります^^

 

30日間、プレミアムな時間をご一緒しませんか?

 

参加希望の方は
こちら↓に参加リクエストを☆

 

【Twincle Project】

 

なお、30日後は
報告会をかねてランチ会を企画しまーす^^

 

 

 

 

 

感慨無量の4日間。

 

2年前の元旦。
この1年でやりたいことって叶えたいことをぼんやりと考えていた時に
日本のトップ、天皇皇后両陛下にお会いしたい!という気持ちが沸き上がった。

 

そしてすぐに一般の人でもご会釈賜ることができるという貴重な機会に恵まれた。

 

それが皇居勤労奉仕だ。

 

当時、私の周りではそんな機会があることを誰も知らなかった。
そもそも皇居に行ったことがある人が少なかった。

 

私もその一人で
どんなことが待ち受けているのか、
若干の緊張と好奇心とワクワク感が湧き上がっていたことを思い出す。

 

そして、実際に体験してみて
日本人なら誰もが一度は行ったほうがいい、と感じた。

 

そのくらい素晴らしい体験だったし
両陛下の存在がとてもありがたく、感謝の念が湧き上がった。

 

その時の印象は
日本のお父さん、お母さんなんだ!
我が子である国民を本当に愛してくださっているのだなぁとしみじみ思った。

 

この感動を多くの人に分かち合いたい、と
会う人会う人にこの話をしてみると

多くの人が参加してみたい!と目を輝かせており
いつかこの友人たちと一緒に行きたい!と考えていた。

それが今回、叶ったのだ。

 

 

 

6月5日(火)からの4日間、
副団長として皇居勤労奉仕に参加してきた。

群馬県からの団体はとても珍しいらしく、驚かれたのが驚きだった。
(団長の所在地が団体としての県となるので群馬県人が参加していない、ということではない。)

 

勤労奉仕は全4日間で
広大な敷地の皇居は3日間にわけて、
赤坂御用地は1日で清掃等の奉仕作業をする。

 

1日目>西エリア
御所や吹上御所など、両陛下のプライベート空間でもある。
宮中三殿を筆頭に
御所や天皇が毎年お田植えする水田や
徳川三代将軍家光が愛でたという500年以上大切にされてきた盆栽などを見せてくださった。

 

このエリアは皇居の中でも特別な空気感が漂い、
特に宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿の総称)のエネルギーは格別。
通常、二礼二拍手一礼をするがここでは一礼のみ。

その外で草むしりや落ち葉集めなどをして1日目終了。

 

2日目>赤坂御用地
春と秋に園遊会が開かれ、テレビのニュースでよく見る日本庭園がある場所。
回遊式庭園を傘をさしながらゆっくりと歩くと
まるで雅楽がきこえてくるような、雅な気分に。

 

この日は皇太子殿下にご会釈を賜りました。

 

来年の5月1日には新たな天皇に即位される皇太子の佇まいは
前回に感じたそれとはかなり違い

日本のトップリーダーとしての
どっしりした雰囲気。

その眼差しはすでに天皇陛下のものと同じく慈愛に満ち溢れ、
私達をふわっと包み込むような
優しく強いオーラを身にまとっておられました。

*テレビをつけたらちょうど皇太子・皇太子妃殿下の結婚25周年というニュースが!
なんとタイムリーな。

この日は雨が降っており
午後は土砂降りが予想されるため、昼食をとって終了となった。

 

3日目>宮殿エリア
一般参賀で1月2日に皇室ご一家が勢揃いし手をふられることで有名な長和殿。
その内側にある皇居宮殿の中心となる正殿や豊明殿等がある。

 

長和殿の外側の広いエリアの掃き清掃と
中庭の落ち葉集めの奉仕作業を終え、
いよいよ待ちに待った両陛下のご会釈を賜ることに!

 

セキュリティチェックを受け
職員の方の説明を受け、心なしかみんなの緊張が伝わってくる。

 

それもお車で両陛下が到着し、
部屋に入ってこられた瞬間から
空気感がガラッと変わった。

あちこちからすすり泣く声も。

 

一団体ごとに両陛下がお立ちになり
団長の奏上に対し、ご下問される。

一言一言を本当に優しく聴いてくださるそのお姿に感動。

 

天皇陛下がただそこにおられるだけで
燃えるようにカラダの内側から熱くなり

まるで太陽のように私達を照らす光そのものだった。

 

そして寄り添う皇后陛下美智子さまの
「ありがとう」の言葉。

 

すべてのものを引っ張ってきて
私達存在そのものに対して発せられた5文字はまさに言霊。
ありがとう、の本当の意味が腑に落ちる感じがした。

 

全団体の奏上とご下問が終わると
部屋の中央に立たれ、
その場にいる団員全体による万歳三唱を静かにお受けになられた。

両陛下が退出するまでのわずか15分ほどの短い時間。

この時間と空間に身を置いたことで
受け取ったものは本当に多かった。

 

無限大の可能性と自由、慈しみと大いなる愛、赦し・・・

 

言葉にするとそれはすでに違うような気がして
しばらくはその余韻に浸り、味わった。

 

表現できないのがもどかしいのだけれども
こればかりはこのブログを読んでくださってるあなたに

あのお二人の放っているエネルギーと絆の深さ。
寄り添いあい、支え合う関係性を
機会があったなら
実際に肌感覚で感じて欲しいと思う。

 

日本人でよかった、と感じる瞬間がそこにはある。

 

 

4日目>東御苑

ここは松の廊下や大奥、天守台があったエリアで
広大な芝生と日本庭園、各県を象徴する木が植えられている。
普段は一般の方も入れるのだが、月・金曜日は入場ができないため静かだった。
宮内庁病院や騎馬隊が使う馬の厩舎もあり、今回はそこでの奉仕作業。

 

 

すべての日程を終え
帰りに「皇室」というパンフレットと和三盆を代理の方から下賜されました。
パンフには皇居勤労奉仕のスタンプを押し、全てが終了。

 

あっという間の4日間。

肝心の奉仕活動については
草むしりや落ち葉、広場の清掃等の軽いものであり
それよりもむしろ皇居内を歩き(毎日10km以上)皇居体験学習をさせていただいた感じ。

 

どの体験場所も
一般参観や勲章や褒章等で参観できる場所ではなく
奉仕活動をしている方にのみ見せてくださるという場所が盛り沢山で

奉仕をしているとは名ばかり。

 

宮内庁の方に各場所を見学し、
皇居の歴史や在り方、
普通では見ることのできない貴重なものを拝見させていただけた、
本当にありがたい時間だった。

 

来年4月末に今上天皇が譲位され
皇太子殿下の即位が決まっている変化・変革のこの時期。

縁あって集えた素晴らしい仲間たちと
同じ場所・同じ時間を共有できたことは
本当に嬉しい。

 

 


↑ 団長のヒロコさんと。

 

皇居内は撮影禁止なので
写真は一枚も撮れなかったが
その分、しっかりと心に焼き付けてきた。

 

ここに至るまでのすべてのことに感謝したい。

 

 

 

 

 

無意識レベルで受け取るもの

 

お茶会をしよう!
いつもの如く、突然思い立った。

 

で、今回は
どんなお茶会になるのか告知せず
ただ、【変容のお茶会】という名前だけでイベントをたてた。

 

ある意味、実験だった。

 

いつもならば
しっかり内容を考え、伝えるべく言語化するのだけれど

 

思考レベルではなく、
エネルギーで伝えたらどうなるんだろう?
そしてそれを受信する人はどんな人だろう?

 

そんな実験だった。

 

もし、いなかったとしても
私は一人でお茶しながら
その日をじっくり感じることをしていただろうけれども。

 

結果、4名の方にご参加いただいた。

 

 

お茶会の日は16日(水)に設定。

 

5月15日はおうし座で新月を迎え
翌16日は革命の星、天王星がおうし座入り。

何か大きなエネルギーの転換が起こるという日。

 

前回、天王星が移動したのは7年前の2011年で
私はその3月に公務員である高校教師を退職した。

 

その年に多くの人に出逢ったのだけれど
私と同じく、早期退職した人がすごく多かったのを記憶している。

 

また
忘れもしない東日本大震災が起こった年でもある。

 

今までの安定神話が覆り、
価値観がひっくり返り

絆や繋がり、というものが
再び注目されるきっかけとなった。

 

その頃は
天体の影響とかまったく知らなかったけれど

変革の星が移動したその年に
外側でも内側でも大きな変化があったのは間違いない。

 

 

この7年間は
自分探し、という言葉が世の中にかなり出回っていたけれど

 

「本当の私って?」と意識が内側に向き始めたのもこの頃ではないかな。

 

目にみえないものがブームになり

スピリチュアルとかパワースポットとか
エネルギーワーク、引き寄せ・・・等々が

日常会話に出てくるようになったのも
記憶に新しい。

 

一方で

学問の分野でも量子力学や脳科学からのアプローチ、
IT企業でマインドフルネスが取り入れられたりと

言ってみれば
それまでの固定観念を払拭し

見えるものだけが全てではない、
見えないものに真実がある、ということが
多くの方に共通認識されたのもこの7年間だったように感じる。

 

この7年間で
実態のないものを探求してきたけれど

 

これからの7年間は
それを現実化、現象化する時間になりそうだ。

 

よりリアルに。

 

意識無意識の世界から
3次元に引っ張ってきて
実際に体験・経験する時代。

 

そのために
より自分の直感を磨き
感性を豊かに使うことが大事になってくる。

 

お茶会ではそんな話とともに
直感を使い、五感を使うちょっとしたワークをしながら
それぞれに必要な香りとメッセージをお伝えした。

 

思考レベルで集まったメンバーではないので
それぞれが必要なメッセージを
言語・非言語で受け取ったように思う。

 

もちろん、私自身も。

 

今回、繋がったご縁が
更に深まりますように。

 

また、近々
お茶会をしよう。

 

ぴん!と来たあなたも
ぜひご一緒に^^

 

 

 

 

 

募集するよー^^

 

5ヶ月ぶりにしつもん読書会を開催した。

 

今回は質問の師匠、
マツダミヒロ氏の新刊【質問は人生を変える】を使っての読書会。

著者サイン入りの書籍付き。
初版のみシャンパンタワーのポストカード付き。

*どのポストカードがいくのかは本を開いてのお楽しみ♪

実はこの本、

印税はすべてしつもん財団に寄付され
子どもたちの未来をつくる質問の授業のために使われるというから
本を買うことで間接的に社会貢献ができる、という代物。

 

ミヒロ氏は
循環が大事、っていつも言っているけれど
その姿を実践で見せてくれるところが素敵だな^^

 

私自身は2007年にコーチングの学びをしている時に
魔法の質問のメルマガの存在を知って購読し始め、
2010年に魔法の質問認定講師になり

以来、色々なシーンで”しつもん”というものを活用し、
私自身も人生を変えてきた。

 

今はしつもんを使ってクライアントさんの
深い部分のお話をじっくりと聴かせていただいてる。

 

この本は
ミヒロ氏が集大成、というだけあって
質問の効果効能、使い方、マインド、その奥深さが
ぎゅぎゅっと凝縮されている。

 

なので、読書会の前に
ミニ質問講座をして、基本をお届けし
ルールを確認。

 

いつもなら、お一人お一人に質問をつくっていただくのだけれど

今回はこの本に書かれている46個の質問から
ピン!ときた1問を見つけ
みんなでそれを答えあうという時間を設けた。

 

これがまた、とっても楽しい♪

質問は無意識を意識化するので

自分がどんな風に思っていたのか、
どんな考えを持っているのかを明確にする。

 

短い時間の中で
集中してその答えをサーチすると
自分でも意外なことが見えてきたりする。

 

またその答えをシェアすると

 

誰かの枠をこわして
その世界を広げていくという現象もあったり

 

自分自身でも
あぁ、そういうことだったんだ、と
頭ではわかっていたことが
ストン!とハラオチするシーンもあったり。

 

毎度のことながら
自分の答えを自分で口にすることが
相手の答えに真剣に耳を傾けることが

 

どんなに豊かな時間なのか、実感する。

 

終わった時、感想をいただいたのだけれど
印象的な言葉がコチラ↓

 

「質問って自分を認めていく作業なんだなぁ。」

 

うんうん、その通りだなぁって思った。

 

本来は自分がいちばんの理解者でありたいんだけど
なかなか内側に目を向けることができなかったりするから
自分のことがわからなくなって迷い人になる。

 

そんな時こそ
自分に問いかけたい。

 

シンプルで、本質的な質問を。

 

 

今回、ふと思いついたことがあって。

 

本の中には
シンプルで本質的な質問が46個も散りばめられているのだけれど

 

本を読む、という行為では
なかなか質問に答えようという気にならなかったりする。
(先を読みたい!という心理が働くしね)

 

だから、
希望者を募って
毎日1問、この本の質問に答え合うというコミュニティを作ろうかな、と。

 

名付けて

 

本当に【質問は人生を変える】のか?実践CLUB

 

本を持っていない方はぜひご購入いただいて(笑)
(社会貢献にもなるしね)

あ、今手元になくても大丈夫です^^

 

この本に書いてある質問を
私がFBの秘密のグループにて
1日1問、投稿していくので

そのコメント欄に答えあっていく、というもの。

 

1問につき、じっくり考え自分を深めることができるし
アウトプットすることでさらに学びになるし
他の人の答えも見ることができる。

さらには
自分の答えが誰かの気づきになったりするから循環するよね^^

 

募集は24時間のみ。

 

今日は牡牛座新月だから
20:49から募集開始しまーす。

 

希望者はFBの秘密のグループページにリクエストを☆

↑ 締め切りました^^
ご応募、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

あなたが誰であるのか、知っている人と繋がろう。

 

CONNECT WITH THOSE WHO REMIND YOU WHO YOU ARE.

 

インスタグラムでフォローしてくれた方が
投稿していた言葉。

 

そうなんだよね。

 

人は自分のことは
案外よくわかってない。

 

だからこそ
知りたいし、
一生かけて発見し続けたい。

 

 

最近、クライアントさんとのセッションで
こんな風に言われた。

 

最近、自分に問いかけることが増えてきました。

私、どうしたいの?
それって本当?

どこからともなくそんな声がきこえてきた時

『あぁ、美鈴が降りてきたって思うんです(笑)』

 

つまり

 

いつものパターンで決めてないか
過去からの延長で決めていないか
損得勘定で決めていないか
世間一般の常識で決めていないか・・・etc.

 

こんな風に

ちょっと違和感があった時に
そのクライアントさんはスルーしないで確認しているんですよね。

 

自分の中に答えはある。

 

けれども

その答えを引っ張り出すことができなければ

 

あるっていうだけであって
認識することができない。

 

認識できない=存在しないってことだから

 

結局、自分の中に答えがあることすら知らず
外側に答えを求めるようになる。

 

この繰り返し。

 

それから
自分のパターンってのは
自分じゃ気づかない。

 

それが普通だから
疑うことも確認することもしないんだな。

 

時には立ち止まって
自分の考えを疑ってみるのも必要。

 

あなたが誰であるのか知っている人と繋がる。

 

一番はあなた自身と繋がること。

 

それが難しい、っていう人には
繋がりやすい場にいくことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

即行できる時。

 

 

朝、5時。
いつもなら布団の中でぬくぬくだが
今日は飛び起きた。

この季節は薔薇が美しい。

 

昨日、久しぶりに家の近くを歩いてみたら
何件ものお家に薔薇が咲いていたのを見て

毎年行っている薔薇園に明日行く!と決めたのだった。

 

こういう時、
私の行動は早く迷いがない。

 

思考であれこれ考える隙もなく
決めてしまうからだ。

 

ただ単に

「行きたい!」

これだけ。

 

そこには損得勘定がない。
いい、悪いのジャッジもない。

だから、行動はすぐにできる。

 

一方で
感情的に盛り上がっても
行動にうつせないことがある。

 

身に覚えがないだろうか?

 

あの時はあんなに盛り上がったのに。
昨日はあれほど決意したのに。

行動できない自分がいる。

 

 

思考は嘘をつくが
感情は嘘をつかない、という言葉を聞いたことがある。

 

私もそう思ってた。
殆どの場合、それは正しい。

 

だけど、ときには感情も嘘をつく。

それは
何かパターン化されている時だ。

 

 

無意識領域に
何かの思い込みがあって
その思い込みからくる思考パターンや言動パターン
無条件に湧き上がってくる感情パターンというものがある。

 

 

例えば私の場合

 

箱根駅伝とか見ると
自然と涙が出てくる。

 

目の前で泣いている人がいると
悲しくもないのに涙が滲むことがある。

 

ひぐらしの鳴く声をきくとせつなくなったり

夜にドライブしていると
特別な場所に行くわけでもないのに
なんだかワクワクする。

 

動物の赤ちゃんの動画を見て
ニンマリしながら「可愛い〜」って声に出してるし

毛虫を見ると「ぎゃーっ!」と鳥肌がたつ。

 

なんとも不思議ではないか。

 

みんながみんな、同じような感情がわきあがるのであれば
もはやDNAにプリントされているのだと思うけれど

 

箱根駅伝を見て泣かない人も多いし
夜のドライブは嫌い、って言う人もいる。

ひぐらしをきいても何の感慨もわかないという人もあれば
動物の赤ちゃんをみても毛虫をみても
なんの反応もしない人もいる。

 

多くは自分の外側の刺激によって
自分の内側から同じパターンの感情が湧き上がる。

 

瞬時に。

 

条件反射で湧き上がっちゃうものだから
今まで疑うこともしなかったのだけれども。

 

感情がわきあがった時、
その感情に素直に味わうことも大事。

 

人間だからこそ
味わえるのが感情だし
それを味わうために色々な体験をしているのだとも言える。

 

でも時には
その感情を湧き上がらせた大元を見てみよう。
面白いことがわかってくる。

 

自分の中にある思い込みや前提が
見えてくるから。

 

私は昨年から
自分の中にある思い込みや前提というものに向き合ってきた。

 

色々な角度から
色々な手法をつかって。

 

だからこそ
今、言えることがあるとすれば

すべては思い込みでできている、ということ。

 

顕在意識レベルだろうが
潜在意識レベルだろうが
すべては思い込み。

 

その思い込みを知って
自由自在に自分の武器として使えたら
それ、最強。

 

今まで、強みとして思っていたことも
弱みとして思っていたことも
みんな使えるようになる。

 

それ、楽しくない?

 

そんなわけで
本来の自分というものに
向き合いたい人のサポート、始めようかな^^

 

まずはお茶会から。

 

【変容のお茶会】
5月16日(水)15:00〜18:00
場所:茶香坊
参加費:3,240円(飲食は実費)
申込みはコチラから

 

 

 

あの手この手で・・・

 

 

最近、ずっと考えてたことがある。

 

どうやら潜在意識は
私に絶望していたらしいってこと。

 

でも、本質のわたし
言ってみれば”魂”はそんなことは微塵も思っていなくて。

 

ずっとずっと現象を通してMINDの私に
語りかけていたみたいだ。

 

 

潜在意識の中には
色々な刷り込みや思い込み、それこそ前世からのカルマみたいなものが
奥深くにインプットされてしまっていて

 

だからこそ、顕在意識では
その真逆を表現しようとしている。

 

顕在意識と魂は
一周まわって結局のところ同じことを思っているのだけれど

 

顕在意識には潜在意識による”前提”があり
魂にはその条件付けはまったくない、というところに大きな違いがある。

 

100%の純度で
魂は全肯定、全信頼、無条件の愛があるんだけど

 

顕在意識レベルだと
潜在意識に潜んでいる”恐れ”を払拭したいがために
真逆の方向に出力されている。

 

例えば
潜在意識に「私には価値がない」というアイデンティティが入っていたとすると

そこに入り込まないように
それを考えなくてもすむように

顕在意識レベルでは
一生懸命自分に価値付けをしようと試みる。

 

あの手この手で
自分には価値があるんだ、ということを

自分にも他人にも認めてもらえるように行動する。

 

これが実に巧妙な感じで
なかなか発見できず、気づくこともない。

 

ありのままでOK!っていうのは
頭ではわかっちゃいるけれど

でも潜在意識レベルで”私には価値がない”っていう前提があると
どうしたって自分にダメ出しをしてしまう。

 

価値がない自分を認めたくないから
(認めたら、存在できなくなると思い込んでるから)

 

色々な資格をとってみたり
自分をさておき、人への貢献を全面にだしたり
他人の望む人物を演じたり

 

逆にわがままを言ったり
駄々をこねたり
悲劇のヒロイン演じたり。

 

そんな私でもOKでしょ?みんな手を差し伸べてくれるでしょ?
っていうことを
あの手この手で確認したり。

 

まぁー面倒くさい(笑)

 

最初から全肯定で全信頼でいけばいいのに
わざわざ前提作って

 

あーでもない、こーでもないって
ドラマを演じるんだから(笑)

 

でも、
だからこそ、

 

人間ってのは面白い。

 

その前提があるからこそ
ドラマが生まれるわけで

 

その前提をなんとかしよう!ってことで
モチベーションがあがったり
さまざまな努力をして

 

苦難を乗り越えたり
幸福を味わったり
悲しみに打ちひしがれたり
楽しみに身を委ねたりするんだ。

 

あぁ、なんて愉快なんだ。

 

このことが腑に落ちるまで
どのくらいの時間が経ったのだろう。

ある意味、スタートラインに立てたのかもしれない。

 

絶望から始めよう。

 

私がある、ということから始めるのではなく
私と私の宇宙がない、というところから。

 

全ての可能性を含んだゼロから
ある濃度密度を持ってわたしを創り上げよう。

 

価値がない、と思い込んでいる私は
本当のわたしではなく

 

価値がある、と思い込んでいる私も
本当のわたしでない。

 

そもそも私、というものがないとしたならば。

 

ゼロから始めるとしたら
どのように創り上げていくのか。

 

いかようにも。
思いのままに。

 

本質の自分と繋がることから始めよう。

 

思考レベルではなく、
魂レベルから。

 

 

本質の自分と向き合う時間、
ご一緒しませんか?

【本当の自分と出逢う旅@水輪】

 

 

 

 

 

 

お待たせしました!募集開始です。

 

水輪リトリート2018

然を感じる・私を感じる
〜本当の自分と出逢う旅〜

 

ピン!ときたら
きっとあなたは聖地水輪によばれている人です。

 

詳細はコチラ

 

 

【関連記事】

聖なる場所へ〜水輪Vol.1〜

ただある、それだけで〜水輪vol.2〜

いのちの源〜水輪vol.3〜

なぜここを選んだのか  水輪プログラムその1

大地の恵をたっぷりと  水輪プログラムその2

感性を研ぎ澄ます  水輪プログラムその3

戸隠奥社へ  水輪プログラムその4

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにやるよー♪しつもん読書会(書籍付き)

 

 

ひっさしぶりにやります!

【しつもん読書会】

 

昨年12月まで
朝7時からやっていたしつもん読書会。

 

実は終わった後も

「あのしつもん読書会、もうやらないのですか?」

そんなお声をいただいておりました。
ありがたいことです〜^^

 

で、あれから5ヶ月。
そろそろしつもん読書会をやろうかなーと思っていたら
私もしつもんの師匠、マツダミヒロ氏が新刊を発売するというではありませんか!

 

しつもん読書会のメソッドを作ったのもミヒロ氏。

 

これがまた、すごーく深く気づきの多い時間になるのですよ☆

 

飽きっぽい私が
3年と4ヶ月も(しかも早朝7時から!)
読書会を続けられたのも

この気付きと学びがあったからです^^

 

で、一足先に読んでみたら

 

そうそう!これこれ!!
これがあったから私は質問の魅力にハマったのよね〜

 

・・・という内容が書いてあり
久しぶりに初心に返った感じです。

 

 

いつもの読書会はテーマを決めて
そのテーマに沿って参加者の方々に本をご持参いただくスタイルでしたが

 

今回はミヒロ氏の新刊でやります。
(しかもサイン入り^^)

 

さらに!
【シャンパンタワーの法則】という
とっても大事な法則があるのですが

 

そのシャンパンタワーが可愛いイラストになったハガキが
本の中に入っております。

↑ この3つのうち、どれが入っているかはお楽しみ♪

 

さらにさらに!

質問家でもある私が
しつもんのミニレクチャーをしちゃいます^^

 

今回は限定10名の方に。

ピン!ときたらご参加くださいませ☆

 

【書籍付き!しつもん読書会】
5月15日(火)&5月26日(土)
両日とも10:00〜12:30
場所:ライフアップスクエアアイズ
参加費:2,500縁(書籍付き)
お申込みはFBイベントページからどうぞ^^

 

そうそう、
ちょっとだけ覗き見したい方は
こちらのフォームから申し込むと
本の一部を読むことができますよー。

お試しあれ。

 

 

 

 

 

一人カースト、やっちゃってました!

 

 

LIFESHIFTセミナーvol.1を開催しました。

 

脳の仕組み・クセをお伝えしながら
自動反射的に湧き上がる感情や思考、行動が
どのようになりたっているのかを徹底解剖!

 

それが本当に気づきの連続で!

 

クライアントさんのある一言がとっても印象的でした。

 

『あぁ、私ったら”一人カースト”を勝手にやってたんだわ。』

 

一人カースト!(笑)

でも・・・よくあるパターンですよね。

 

あの人は凄い人!
あの人の言うことは絶対。
あの人だからできるのよね。

と、憧れや尊敬だけでなく
特別視してしまう。

 

それと同時に湧き上がるのは

 

私とは別次元の人。
私には無理。
私とは違う・・・etc.

 

心当たり、ありませんか?

 

でもね。
あなたが憧れ、特別視している人と
あなた自身を比べる必要はないんです。

 

そもそも上とか下とかない世界です。

 

人と比較してしまうのは
脳の仕組みやクセによるもの。

自分のパターンに気づくと
それを手放すことができます。

 

残念ながら
長年培ってきたパターンって
自分ではなかなか気づけないものなのですよね。

 

でも
自分ではなく、他人を見ると気づくことができる。

 

これが
【人は鏡】と言われる所以です^^

 

ポイントは
自分ごとにできるかどうか。

 

人のことは色々とわかりますよね。

 

それは
自分にその要素があるから気づくことができるのです。

 

他人事だ、と思っていたら勿体無いのです。

 

 

気づきと進化のプログラムはコチラ↓

【LIFESHIFTプログラム vol.1】
5月 6日(日)10:00〜12:00
場所:ライフアップスクエアアイズroom2
受講料:5,400円
定員:5名